シューズ - トールサイズナビ

30cm超でも楽々!!スニーカーを手軽にオーダーメイドする方法

コンバースのスニーカー


私は趣味というよりも、生活習慣として頻繁に長距離を歩きます。

昔は何の拘りも無く、多少履き易い程度のカジュアルな革靴を愛用していましたが

歩行距離が伸びるにつれ、靴擦れや疲労から来る足への負担が大きくなったため

ウォーキング用はもちろん、マラソン用からトレッキング用

果てはアウトドア用サンダルまで、快適に歩けそうな靴は大抵試してきました。

結果として軽量で機能的に優れたランニングシューズや

ゴアテックス製のトレッキングシューズを

TPOで使い分ける方法に落ち着いたのですが

靴選びをする上で、常に二つの不満が付き纏いました。

記事タイトルからもお察しの通り

その一つはもちろん靴のサイズについてです

実売店・通販を問わず、販売店の殆どでサイズ上限が28〜29cmになっていて

足の大きい方にとっての選択肢が非常に少ないのです。

しかも、スポーツ用のスニーカーは通常の革靴にあるような

つま先部分の「捨て寸」が無い物が多く

いつも履いている靴よりも1〜2サイズ大き目を選ばないといけない場合もあり

サイズ選びはよりシビアになります。

もう一つの不満は靴のベーシックカラーや配色についてです

これについては、それぞれに好みがあるので異論もあると思いますが

スポーツ用途の靴は総じて配色がビビットで見た目がとても派手です。

本格的なスポーツイベントで本来の使い方をする場合や

スポーツウェアとの組み合わせでは良く映えますし

視認性を高める機能も兼ねているのですが

私のように生活の一部として使用するとなると

普段着やカジュアルな服装には合わせ辛く

足元が極端に子供っぽく見えてしまいます。

また、スポーツメーカーの殆どで男女別で配色が異なり

ようやく見つけた好みの配色が

サイズの小さな女性用だったという残念なケースもよくありました。

さて、前置きが長くなりましたが

実は「サイズ」と「配色」この二つの不満が一気に解消できる方法があります。

自分専用の靴を手軽にオーダーメイド出来る!!

というと多少大袈裟ですが、世界的なスポーツメーカーである

ナイキやアディダスが提供するカスタムメイドサービスを利用することで

思いのほか安価かつ簡単に100%自分好みのシューズを実現できるのです。

今回は一度利用したらやめられなくなること請け合いの

スポーツシューズ・スニーカーのカスタムメイドサービス

NIKEiD(ナイキアイディー)

miadidas(マイアディダス)

この二つについて採り上げてみたいと思います。



スポーツシューズやスニーカーをオーダー/カスタムメイドする利点


実際のサービスを利用する前にオーダーメイドや

カスタムメイドの利点についてまとめてみます。


【1】大きいサイズのスポーツシューズやスニーカーが選べる

【2】自分に合った足囲(ワイズ/ウィズ)を選べる

【3】自分好みの配色や落ち着いた見た目に出来る

【4】他のブランドのシューズの再現や真似が出来る

【5】女性用の配色を男性用で再現出来る、またはその逆も



【1】と【2】はサイズ関連、【3】〜【5】は配色を変えられるという部分が

上手く活かされた利点ですね

私自身、ランニグシューズをカジュアル仕様にするために利用したことがありますが

思っていた以上に嵌りますし、該当するサイト上で配色をいじって

デザインを考えるだけでも楽しめます。



ナイキが提供するNIKEiD(ナイキアイディー)について


ナイキロゴマーク
参照元:NIKE


NIKEiD(ナイキアイディー)ではメンズ・レディース・キッズを含めて

総数250種類以上のスポーツシューズをカスタマイズ出来ます

うろ覚えですが、スポーツシューズの素材や配色をカスタムメイド出来るサービスは

ナイキが最初だったように思います、流石に先駆者だけにアイテム数は膨大ですね。


ナイキフリー5.0


上画像はカスタマイズ画面ですが、簡単に配色が変更できますし

ゲーム感覚で楽しめるので適当に弄っているだけでも時間を忘れてしまいます。

画面上でカスタマイズしているのは、私が現在愛用しているナイキフリー5.0というシューズで

非常に軽量で機能性には満足しているのですが

個人的にサイドにデカデカとプリントされたリフレクティブ機能付きのナイキロゴと

子供っぽく見える白いアウトソール(標準モデルの場合)が好みではありませんでした。

ですが、カスタマイズする事でロゴマークをアッパーと同色にする事で目立たなくし

アウトソールは汚れが目立たない暗い色に変更することで不満点が解消でき

見た目がシンプルで落ち着いた印象に変ったので普段着にも合わせ易くなりました。


ナイキフリー5.0iD


上画像の様なカスタマイズは極端な例ですが

その気になればここまでスポーツシューズ的な個性を殺し

地味地味で没個性なデザインにしてしまうことも可能です。

さて、サイズのカスタマイズについてですが

標準でメンズが最大33cm、レディースが最大29cmまでのサイズが選べ

バスケットやアメフトなど一部の競技用では最大36cmまで選べます。

また足囲(ワイズ/ウィズ)は微妙なフィット感が要求される

マラソンやランニングシューズなどで

レギュラーフィットとワイドフィットの2種類から選べるようになっています

ナイキのシューズは他の海外メーカーよりも足幅が若干広いとはいえ

日本人は幅広な方が多いのでワイドフィットが選べるのは非常に有難いですね。

最後に価格ですが、NIKEiD対応モデルは店頭売りの標準モデルよりも20%ほど割高で

ナイキフリー5.0を例にすると標準モデルが¥11800税込でNIKEiDモデルが¥14900税込です

標準モデルはセールの対象にもなりますがカスタムメイドは割引が一切行われないので

人によっては躊躇したくなる価格かも知れませんね

私としては自分好みので100%満足出来るシューズを作れるなら

革靴と比べて安価なスニーカーといえども十分許容範囲に感じます。






アディダスが提供するmiadidas(マイアディダス)について


アディダスロゴマーク
参照元:adidas


カスタムメイドサービスとしてはNIKEiDよりも後発になりますが

miadidas(マイアディダス)では50種類程度のジューズをカスタマイズ可能です

カジュアル用途から競技用までラインナップされていて

NIKEiDよりもカジュアル用途のスニーカーに強い印象があります。

またマイアディダスではスポーツウェアのカスタマイズも行っていて

自分好みの配色でジャージを注文する事も出来ます

ひょっとしてトールサイズジャージも注文可能なのでは?と期待したのですが

パンツ部分のサイズはJASPO規格の範囲内からしか指定できず

残念ながら股下の長さにについてはカスタマイズできない仕様です。


スタンスミス


上画像がmiadidas(マイアディダス)のカスタマイズ画面で

NIKEiDよりも更にシンプルでカスタマイズし易くなっています。

この画像を見てスニーカーが好きな方ならピーンと来ると思いますが

マイアディダスではアディダスで一番人気のスニーカー

STAN SMITH(スタンスミス)がカスタマイズ出来てしまうのです

スタンスミスはドレスからカジュアルまで非常に幅広く活用できる

合わせ易いレザースニーカーで履き心地にも優れているのですが

見て分かるようにベーシックカラーが白なので非常に汚れやすく

扱いに気を使う欠点があります。


マイアディダススタンスミス


白くなければスタンスミスじゃない!!とお叱りを受けそうですが

上画像の様に汚れやすいアウトソールを暗い配色に

ベーシックカラーを白よりも汚れが目立ち辛いクリーム調にするなどの

カスタマイズも出来てしまいます。

サイズについてですが、競技によってまちまちで

最大サイズはメンズ・レディース共に29.5〜37.5cm位です

大半のスニーカーは32cmが最大サイズでマイアディダスもNIKEiDと同様に

バスケットやアメフト用のジューズは最大サイズが他よりも大きいくなっています。

残念な事にマイアディダスでは足囲(ワイズ/ウィズ)は選択できないようで

サイズ選びが重要なマラソン・ランニング用途では若干不利でしょうか

足が幅広の方はサイズ選びの際にワンサイズ上を選んだほうが良いでしょう。

価格に関してですが、こちらはNIKEiDとは異なり

カスタマイズ箇所が増えるごとに追加料金が加わっていくシステムです

ですが、配色の変更程度では価格は変化しないので

カスタマイズしても標準モデルと比べて価格差が少ないのが嬉しい点でしょうか

スタンスミスを配色だけカスタマイズしても標準モデルと大差の無い価格で注文出来ます

もちろんカスタムメイドでの注文なのでセール対象にはなりませんが。






まとめ


NIKEiD(ナイキアイディー)とmiadidas(マイアディダス)

二つのオーダー/カスタムメイドサービスを紹介しましたが

スポーツ用途メインで機能性を重視しつつ自分好みにカスタマイズしたいのなら

足幅を選べるNIKEiD(ナイキアイディー)がイイ感じですね

カジュアル用途メインで自分だけのスタンスミスが欲しいなら

間違いなくmiadidas(マイアディダス)でしょう。

どちらを選んでも30cm超のサイズに対応しているので

標準モデルでサイズが合わない方も安心だと思います

余談ですが、ナイキとアディダスのスポーツ用シューズは多少サイズ感が似ていて

私の場合どちらのシューズも1〜1.5cmアップで調度良く履ける感じです

足の形には個人差がありますし用途も様々ですがサイズ選びの参考になれば幸いです。






いつも応援クリック、ありがとうございます!!
トールサイズランキング人気ブログランキングblogramランキング参加中!


大きめサイズ充実の快適靴『スケッチャーズ GOwalk』の感想

スケッチャーズロゴマーク
参照元:Skechers


意図せず、靴についての話題が続いてしまいますが

私が愛用しているメレル社のジャングルモックは

ピッグレザー製ということもあり、真夏に履くと少し蒸れます。

散歩やウォーキングを頻繁にするので

夏専用で代用になりそうな靴を探すことにしたのですが

ファッション性重視のデッキシューズやエスパドリーユでは

ソールが薄く長距離の歩行には適していませんし

涼しさ重視でサンダルを選んでもフィット感や靴擦れの不安が残ります

夏でも蒸れずに快適、長い距離を歩ける、紐なしで脱ぎ履きし易い

これらの条件を満たす靴を探して

あれこれ悩んだ末に私が選んだのが

Skechers(スケッチャーズ)の『GOwalk』シリーズでした。

店頭やネットショップでも良く見掛けることがあり

以前から気になっていたのも確かですが

決め手になったのは、高い通気性と競技用シューズ並みの軽さです。



Skechers(スケッチャーズ)とは?


スケッチャーズは米国で1992年に設立されたシューズメーカーで

現在ではナイキに次ぐ米国シェアナンバー2の会社です。

軽量性や柔らかな履き心地に定評があり、国内外を問わず

足にトラブルを抱え易い女性の支持が厚く

歩きの快適さに特化した「GOwalk(ゴーウォーク)」シリーズは

価格の手頃さも手伝って、スケッチャーズの人気商品になっています。

ここ数年で急成長し、日本での知名度も高くなったシューズメーカーなのですが

少し前にシェイプアップ効果を謳った「シェイプアップス」などのシューズが

虚偽広告ではないかと、米国で裁判沙汰になったこともある

何かと話題の絶えないメーカーです。



スケッチャーズ GOwalkの感想


スケッチャーズGOwalk2.jpg


2015年7月現在、国内で販売されているGOwalkシリーズで主流なのは

シリーズ2作目にあたるGOwalk2で今回は私もこれを選びました。

メレル社のジャングルモックには28.5cmがなくサイズ選びに苦慮したのですが

スケッチャーズはサイズ展開が豊富で、同サイズを問題なく入手する事ができました

国内で取り扱いのあるスケッチャーズのサイズは

レディースが22〜26cm、メンズが25〜31cmと充実していますし

レディースとメンズでは形状に大きな違いは無いので

レディースでサイズが合わない場合はメンズから選ぶ事になります。

海外製の靴なので例によって足幅(ワイズ)が少し狭く2Eです

私の場合、足のサイズは実寸で27.5cmで

1cm大きめの28.5cmを選びましたが

GOwalkシリーズはアッパーが四方向に伸縮するストレッチメッシュ仕様なので

素足で履くなら、0.5cm大きいくらいで十分かもしれません。

正直、スポーツ寄りなデザインと汚れが目立つ白いソールは

好みではなかったのですが

手で持ったとき、その軽さに驚きました

メーカーの公称値では、サイズ24cmで114g、サイズ27cmで185gだそうですから

マラソンなどの競技用シューズ並みの軽さです。

実際に履いてみると、その軽さとストレッチメッシュのフィット感のせいか

靴というよりも靴下の延長のような柔らかな感覚があり

高級絨毯の上を素足で歩いているようなクッション性の高さも癖になりそうです。

ジャングルモックとはまた一味違った履き心地の良さがあり

GOwalk2でこれなら、最新版のGOwalk3

一体どんな履き心地なんだろうと期待が膨らみます

スケッチャーズGOwalk3.jpg


GOwalk2と並行販売され、取扱店も増えてきていますが

価格はまだ高止まりしている感じです

実際に履いみなければGOwalk2との細かな違いがわからないと思いますが

インソール(中敷)が高反発素材になっていたり、更に軽量化されていたりなど

GOwalk3はより歩きに易さに特化した仕上がりになっている様ですね。



スケッチャーズ GOwalkでウォーキングしてみる


履き心地は文句無しに素晴らしいのですが

この手の靴は長距離歩き続けるウォーキングには向いていない場合が多く

レジャーや旅先での散策の様に、歩いたり休んだりを繰り返し

一日中履き続ける用途に向いています。

どの程度まで快適に歩けるのか、念のため靴擦れ防止のランニングソックスを履き

軽い散歩のつもりで外出してみましたが

普通なら足に合わない靴で違和感の出る6km地点でも、何ら問題はなく

10kmを過ぎても足取りは軽やかなままでした。

初夏とは言え気温は30度近く、蒸れて足に肉刺(マメ)が出来易いコンディションでしたが

最終的に20km以上歩いても快適に過ごせ、足にダメージもありませんでした。

ただ、紐無しな上に全体的に柔らい素材なので

足に力の入る急な坂道では、靴全体がずれる様な感覚があり

靴がすっぽ抜けそうになる事があります

この靴をアウトドアやトレッキングに使用する方はいないと思いますが

平地やタウンユースで使うのがおすすめでしょうか。

個人的な感想として、快適なウォーキングシューズというよりも

最強のお散歩シューズといった印象です

ウォーキング用途でしっかりとしたフォームで歩く方は

同じスケッチャーズでも、紐ありタイプのGOwalkが良いかも知れません。






いつも応援クリック、ありがとうございます!!
トールサイズランキング人気ブログランキングblogramランキング参加中!


デカ足でも諦めない!!靴のサイズを1cm大きくする簡単な方法

色々なサイズの靴


普段トールサイズの洋服を着ている方にとって

もう一つの悩みと言えるのが「靴のサイズ」についてです。

体型が大きくなると、体を支える為に足のサイズも大きくなり

当然、靴のサイズも普通より大きな物を選ばなくてはいけません。

大きいサイズの靴がなかなか見つからないという悩みは

女性に多くみられるようですが、男性用でも靴のサイズが28cmを超えると

途端に流通量が少なくなり、同じ製品でも価格が割高になります。

無理をして、サイズの合わない靴を履き続けると

足に深刻なダメージを受けますし

選択肢の少なさや割高な価格から、少しでも開放されたいところです

そこで今回は、靴のサイズを少しだけ大きくする方法を

ちょっとだけ紹介したいと思います。



海外メーカーの靴はサイズが小さい


メレルジャングルモック


私は普段履き用にメレル社のジャングルモックを愛用しています

全世界で1200万足を販売するほどの人気商品なので

ご存知の方も多いと思いますが、紐無しのシンプルな作りながら

クッション性が良く、とても歩き易い靴です。

海外メーカーの製品なので、日本人の足型とは微妙に合わず

大半の方はワンサイズからツーサイズ大き目を選択します

私の場合、足のサイズが実寸で27.5cm

革靴ならサイズはいつも28cmを選び

小さい作りのジャングルモックでは、余裕を持たせて1cm大きいサイズが理想です。

ジャングルモックは28.5cmがジャストサイズという事になるのですが

悲しいかな、メレルはサイズ28cmを超えると1cm刻みでしかサイズが存在しません

小さいよりはマシだと、泣く泣く29cmを選びますが

大きすぎて歩き辛い上に、メレル製で28cmを超えるサイズは

取扱店が少なく、価格もほぼ定価になってしまいます。

履き心地や歩き易さを改善したいのも勿論ですが

ジャングルモックは頻繁にセールで安売りされるので

流通量の多いサイズ28cmをなんとかして自分の足にフィットさせたいところです

ジャングルモックに限らず、海外製の靴は小さめに作られているので

今回紹介する方法が役に立つかも知れません。



シューズストレッチャーで革を延ばす方法


ダスコシューズストレッチャー
参照元:DASCO


シンプルかつ最も効果的な方法がコレです。

画像はイギリスのシューケアブランド「DASCO(ダスコ)」製の

シューズストレッチャーとスプレータイプのレザーストレッチ剤で

シューズストレッチャーの見た目は高級靴の見た目や形状を維持する為に使う

シューキーパー(シューツリー)に良く似ています。

一般的にシューズストレッチャーと呼ばれていますが

シューズフィッターと言う商品名で取扱われているいる場合もあります

国内メーカーからも発売されていて、男性用と女性用の2種類があり

左右同時に使える2個セットが標準ですが、片方づつ使う1個だけの製品もあります

私は片方づつ延ばすのが面倒なので2個セットを使っていますが

どちらを選ぶかはお好みでしょうか。

使用方法は見た目通りで、靴の中に入れて物理的に革を延ばすことで

靴のサイズを大きくします。

つま先から踵までの長さと足幅(ワイズ)を調整する機能があり

ダボと呼ばれるプラスチック製の突起物を付ける事で

足や指の骨が当たり易い部分も延ばして調整する事ができます。

シューズストレッチャーには対応サイズ「26.5〜28cm」の様な表示が見られ

少し紛らわしいのですが、この対応サイズと言うのは

大きくする前の靴の対応サイズで

「このサイズまで大きく出来ます」という意味ではありません。

スプレータイプのレザーストレッチ剤と併用するのが鉄板で

内側から添付する事で革を柔らかくしなやかにする効果があります

革が延び易くなるのでシューズストレッチャーで力を加えても

靴が破損し辛くなり、失敗を防げます。



シューズストレッチャーで注意する事


流石にシューズストレッチャーも万能ではなく

使用制限や注意しなければならない点が幾つかあります。

●天然皮革製の靴でしか使えない
無理やり延ばすという性質上、耐久力と柔軟性を兼ね備えた天然革製品にしか使えません
無理に延ばそうとしなければ化学繊維製の靴にも使えるのですが
あくまでも履き慣らしの延長として使ったほうが無難です
また、ゴアテックス製の防水靴に使うと
防水性を損なう恐れがあるので注意しましょう。

●ブーツには使えない
ブーツに対応した特殊なシューズストレッチャーも僅かに販売されていますが
大半の物はブーツやハイカット・ミッドカットの靴には使えない形状になっています。

●サイズ1cmアップが上限
レザーストレッチ剤を併用したり、条件が良かったりすると
意外なくらい革が延びますが、靴の形状が崩れますし破損の恐れもあります
サイズアップは足長(サイズ)・足幅(ワイズ)共に0.5〜1cm程度に留めておきましょう。

「天然皮革限定」「サイズアップは1cmまで」が特に重要な点です

私が試したジャングルモックは運良く

豚皮のヌバックレザー製だったのでなんとか延ばせましたが

レザーストレッチ剤は未使用で0.5cmほど延ばし、ダボで小指側を調整するに留めました。

サイズや履き心地は十分に修正されましたし

本格的な革靴ではないので、これ以上の延ばしはリスクが大きいと判断した為です。



インソール(中敷)の交換も効果的


インソール


シューズストレッチャーほど劇的な効果は望めませんが

靴のインソール(中敷)を市販の薄い物に交換することで

サイズに余裕を持たせる事が出来ます。

元から靴に入っているインソールの厚さにも寄りますが

足の指や爪の先などが靴のアッパーに触れてしまう方や

足が甲高の方にはある程度の効果が望めます。

天然皮革製の靴以外でも使える方法ですから

奥の手として覚えておいて損はありません。



まとめ


私の場合、あと0.5cmだけサイズが欲しいという程度の悩みだったので

問題なく今回の方法が使えました

おかげでセールで安く買える、サイズ28cmのジャングルモックで十分いけます。

普段はあまり足を運ばない、靴の修理屋さんなどでも

延ばしてくれるところがあるそうなので

自分でやるのが不安な方は頼ってみてはいかがでしょう。







いつも応援クリック、ありがとうございます!!
トールサイズランキング人気ブログランキングblogramランキング参加中!