レディースパンツ (2) - トールサイズナビ

◆股下の長いスウェットパンツ『GAS(ガス)ベルベット地ジャージーパンツ』

今回はイタリアのジーンズブランド『GAS(ガス)』から

股下の長いレディース向けスウェットパンツを紹介します。

スウェットはスポーツ用はもちろん、リラックス出来るルームウェアとして広く利用されています

着こなし次第で野暮ったくも、スポーティにもなるアイテムですが

最近では、ちょっとした外出にも耐えられる、お洒落な物が主流ですね。

特にガスと同じイタリアのブランドであるHYDROGEN(ハイドロゲン)のスウェット

割高な価格設定のであるにも関わらず大変な人気を誇り、ご存知の方も多いと思います

ハイドロゲンのスウェットパンツは細身のシルエットと股下の長さに特徴がありますが

今回のガス製スウェットは、質・サイズ共にハイドロゲンに見劣りしない

スッキリとした仕上がりになっています。


GAS(ガス)リブ切替ベルベット地ジャージーパンツ




股下  ★★★★☆
希少度 ★★★★★
価格  ★★☆☆☆


スポーツ用よりルームウェア向きの作り


素材が手触りの良いベルベット地で見た目も上品な仕上がりになっています

軽いスポーツなどに使えない事もありませんが

寒い季節用のルームウェアとしての方が使い勝手が良さそうですね。

こちらのスウェットパンツは国内で販売されていない平行輸入品で

非常に流通量の少ない、レアなスウェットパンツです。


サイズと仕様について


サイズはXS〜Mまでの3サイズ展開で、カラーはブラックとブルーの2色です

バックやサイドにポケットが一切無い、非常に割り切った作りですが

腰周りやバックシルエットがスッキリしているおかげで、スウェットに有り勝ちな

だらしなさや野暮ったさを感じないデザインになっています。

ウエスト部分は調節可能なリブ仕様なので、実際のサイズよりも余裕を持って着られます

レングスはウエストサイズに比例して長くなり、股下86〜88cmと

裾リブタイプのスウェットとしては、十分すぎるほどの長さがあります。


セットアップがおすすめです


ベルベット地なので、ボトムス単体では主張が強く着こなしが難しいのですが

セットアップで着られる同素材のトップスがあります。



水増しが過ぎる「日本正規価格」とは異なり、並行輸入品なので価格も抑えられています

上下セットで揃えても、ハイドロゲンのボトムス単体よりも安く済むのが嬉しいところですね。

残念ながら国内代理店での取扱いは無く、トップスも非常に流通量が少ないので

サイズ面も含め、二度とお目に掛れないセットアップスウェットかもしれません。


▼ショップはこちら
キイロヤ インポート




いつも応援クリック、ありがとうございます!!
トールサイズランキング人気ブログランキングblogramランキング参加中!


◆股下の長いジーンズ・デニム『GAS(ガス)レディースストレッチジーンズ』

今回はイタリアのジーンズブランド『GAS(ガス)』から

股下の長いレディースジーンズを紹介します。

ガスはイタリア発のブランドと言うことで、ヨーロッパを中心に直営店が多く見られますが

日本にも直営店の多いブランドです。

メンズ・レディース共にジーンズの知名度が高く、ブランドを象徴するアイテムなのですが

同じイタリア発のブランド「ディーゼル」と比べると、やや控えめな印象があります。


GAS(ガス)レディースストレッチテーパードジーンズ




股下  ★★★★☆
希少度 ★★★★☆
価格  ★★☆☆☆


直営店と平行輸入品について


冒頭でも触れましたが、ガスは日本にも直営店がありネット通販での取扱いもあります

日本で販売するにあたって、サイズ面でのローカライズがされていないらしく

股下の長い海外サイズのまま販売されている製品も幾つか見られます。

サイズ面での恩恵が十分にあるブランドなのですが、直営店で買うと

いわゆる「日本価格」になってしまい、随分と割高になります

ガスのジーンズを安く買うなら、平行輸入品が断然おすすめで

直営店の半分程度の価格で手に入れることが出来ます。


サイズと仕様ついて


ガスのレディースジーンズは大半が細身のストレートかスキニーのストレッチジーンズで

ブーツカットタイプやフレアタイプのジーンズは非常に少ないです

インポートブランドですが、国内で需要のあるレギンスタイプやテーパードタイプが他よりも

充実している珍しいブランドです。

レングスはジーンズのタイプによってバラつきがありますが

殆どが股下82〜89cmほどの長さになり、日本のトールサイズ規格に相当するサイズ感です

紹介のレディースジーンズは股下88cmで

ガスのレディースジーンズ中でも長めのサイズでしょうか。


ヨーロッパ系デニムについて


今回の紹介のGASもそうなのですが、ヨーロッパではユーズド加工が施された

いわゆる加工デニムが主流で2000年あたりからこの風潮に大きな変化がありません。

対して国内では、色落ちしていないリジッドに近いデニムが主流になってしまい

需要にかなりのズレを感じます。

シルエットの部分では、ヨーロッパ系の細身でスッキリとしたキレイめのボトムスが

国内の主流になっているだけに、このあたりのアンバランスさに歯痒さを感じてしまいますね

今後はヨーロッパ系ブランドでも、色落ちの関係ないチノパンやトラウザーの方が

国内で人気が出そうな気がします。


楽天で最安を探す≫GAS(ガス)レディースジーンズ

▼ショップはこちら
キイロヤ インポート




いつも応援クリック、ありがとうございます!!
トールサイズランキング人気ブログランキングblogramランキング参加中!


◆股下の長いジーンズ・デニム『WeSC(ウィーエスシー)レディースジーンズ』

今回はスウェーデン発のブランド『WeSC(ウィーエスシー)』から

股下の長いレディースジーンズを紹介します。

過去に国別の平均身長から見る世界のブランドと言う記事で

平均身長の世界ランキングを紹介したことがありますが

女性のランキングで3位に入っていたのが、スウェーデンでした。

日本人女性との平均身長差は9センチ近くあり

単純計算しても股下は4cm程度は長い事になります

今回紹介するWeSC(ウィーエスシー)のレディースジーンズは

スウェーデンのブランドと言う事もあり

期待通りの長めのレングスに仕上がっています。


WeSC(ウィーエスシー)ストライプローウエストジーンズ




股下  ★★★★☆
希少度 ★★★★☆
価格  ★★☆☆☆


WeSCのレディースジーンズの特徴


日本ではレングスが股下82cmを超えた辺りから

レディースジーンズの選択支が急激に少なくなり

それ以上のサイズは、いわゆるトールサイズと呼ばれる特殊サイズになります

WeSCのレディースジーンズの場合は、股下82cm前後が最も短いサイズになり

平均して股下80cm台後半のサイズが最も多く、股下90cmを超えるサイズも幾つか見られます。

また、見た目からも分かるように、通常のジーンズよりもタイトに作られていて

シルエットはローライズ仕様のストレートかスキニーが大半です

サイズ面から見た場合、このジーンズを素に近いままで着こなせる女性は

モデル並みか日本人離れした、かなり羨ましいスタイルをしている事になりますね。


サイズと仕様


WeSCの大まかな特徴は前述しましたが

画像のジーンズはレディースジーンズでは珍しいヒッコリーストライプ仕様です

ゆったりとしたシルエットのペインターパンツでは良く見掛けますが

これだけタイトめのシルエットでは初めて見る気がします。

サイズはレングスが股下88cm程度で、ウエストや裾幅も含めてかなり細身の仕上がりです

定番のストレッチジーンズなので、動き辛いと言う事はありませんが

ローライズ仕様・細身・トールサイズと三拍子揃ったハードルの高さがあるので

かなり人を選ぶジーンズになりそうですね。


スウェーデンのファッションブランド


世界一のシェアを誇るブランドと言えば

ファストファッションで有名なH&M(エイチアンドエム)ですが

スウェーデン発祥のブランドである事は意外に知られていません。

他にもスウェーデンのブランドと言えば、Nudie Jeans(ヌーディージーンズ)があり

高額なブランドジーンズとして人気があります。

WeSCは今のところ日本での知名度は高くありません

取扱いも一部のインポートショップのみで、価格もヌーディージーンズと比べて

圧倒的に安く設定されています。

近年、日本では北欧のアパレルや雑貨が注目を集め

何かの拍子に一気にブレイクするブランドも増えてきています。

ひょっとすると、WeSCのレディースジーンズが安く手に入るのは今だけかも知れません。


楽天で最安を探す≫WeSC(ウィーエスシー)レディースジーンズ

▼取扱いショップはこちら
BRAND OUTLET キイロヤドゥーエ




いつも応援クリック、ありがとうございます!!
トールサイズランキング人気ブログランキングblogramランキング参加中!


◆股下の長いレギンスパンツ『DEEP BLUE(ディープブルー)12分丈ストレッチレギンス』

今回は『DEEP BLUE(ディープブルー)』から、股下の長いレギンスパンツを紹介します。

ディープブルーは、知名度こそ高くありませんが

加工デニムで人気のブランド「ETERNAL(エターナル)」のレディースラインにあたります

元々、股下がやや長めの作りの製品が多いブランドですが

これから紹介するレギンスも、12分丈と言うちょっと気になる名前が付けられています。


DEEP BLUE(ディープブルー)12分丈ストレッチデニムレギンス




股下  ★★★☆☆
希少度 ★★★☆☆
価格  ★★★☆☆


12分丈のレギンスとは?


レギンスと言えば丈の短い物が殆どで、大半の方はくるぶし丈か

それ以下をイメージしてしまいます

股下の長いレギンスと言われると、なんだか違和感を感じますし

今回のレギンスはフルレングスの10分丈どころか、それを超える12分丈です。

タネを明かしてしまうと、このパンツはロールアップや

クシュクシュっと足首や全体にクッションを入れて穿く事を前提として

レングスが長めに作られたレギンスです。


サイズと仕様について


股上はやや深めの作りで、ウエスト部分はゴムと紐で調節するリラックス仕様です

イージーパンツのようにベルトを必要とせず

椅子に座ったときなどに感じる腹部への締めつけ感が無く、着心地は大変楽です。

12分丈仕様なので、レングスは股下84cmと通常よりもやや長めです

この長さを活かして、トールサイズ体型の方なら10分丈レギンスとしてそのまま穿けますし

通常体型の方なら、ロールアップやクッションを入れた本来の着こなしが出来ると思います。

カラーはデニムタイプがインディゴ系の2色で、バックサテンタイプはチノパン系の3色です

どちらもやや薄手のストレッチ素材ですが、バックサテンタイプは更に薄手です

着こなしにもよりますが、秋冬にはデニムタイプ

春夏にはバックサテンタイプと使い分けたほうが良いかもしれませんね。


12分丈の隠れた恩恵


今回紹介したレギンス以外でも、クッションやロールアップなどの着こなしを前提とした

「12分丈」のパンツが増えてきています。

本来のクシュクシュっとした、面白味のある着こなしは出来なくなってしまいますが

長めのレングスを活かして、トールサイズのパンツとしての流用が期待できますね

見た目や着心地に暖かみがあり、秋冬物に多く見られるので

気になる方は「12分丈」などで検索してみると、良い発見があるかも知れません。

余談ですが、どんなにレングスが長くなってもレギンスと呼ばれ続け

決してレディースチノパンと呼ばれない所に面白味を感じてしまいます。


楽天で最安を探す≫DEEP BLUE(ディープブルー)12分丈ストレッチレギンス

楽天で最安を探す≫12分丈




いつも応援クリック、ありがとうございます!!
トールサイズランキング人気ブログランキングblogramランキング参加中!


◆股下の長いジーンズ・デニム『Miss EDWIN(ミスエドウイン)503 EDGE タイトブーツカット』

今回はエドウインの新シリーズ『Miss EDWIN(ミスエドウイン)』から

股下の長いレディースジーンズを紹介します。

エドウインのレディースラインと言えば

以前紹介した『SOMETHING(サムシング)』が有名ですが

すこし見ない間にMiss EDWIN(ミスエドウイン)と言う新しいシリーズが誕生していました。

消費者として、選択肢が増えることは嬉しい事なのですが

ことエドウインに関して言えば、すこし違った感想を持ってしまいます。


Miss EDWIN(ミスエドウイン)503 EDGE タイトブーツカット




股下  ★★★☆☆
希少度 ★★★☆☆
価格  ★★★☆☆

ミスエドウインとサムシングの違いは?


実のところ、今回紹介の「Miss EDWIN 503 EDGE タイトブーツカット」を見る限りでは

従来のサムシングとの違いが良くわかりませんし、似たようなコンセプトです。

新たにシリーズ化するぐらいですから、最近人気を集めている

Mrs.Jeana(ミセスジーナ)IDEO(イデオ)のような

ソフト路線で展開するのではと予想していたのですが、どうやらそれとも違う様です。

全く意図が汲めなかったのですが、ミスエドウインのラインナップを調べてみると

「エドウイン」のブランド名は勿論のこと、メジャーな「503」の名前も積極的に使われていて

メンズで見られるイージーパンツやチノパンのレディース版も目立っていました。

ああこれは

本当の意味での「レディースのエドウイン」を作る意図なんだと、私なりに合点がいき

ミスエドウインはサムシングと比べて、よりエドウインと言うブランドを全面に押し出した

大きな括りのシリーズであることが理解できました。


エドウインの悪い癖


今後、緩やかに統合されていく可能性もありますが

新しいシリーズが、また一つ増えてしまったことには変りはありません

私が「厄介だなぁ…」と、すこし複雑に感じてしまう理由として

エドウインが、既に数多くのブランドやシリーズを抱え込んでしまっている点が挙げられます。

エドウインは日本の企業ですが、世界三大ジーンズブランドのうちの二つ

Lee(リー)とWRANGLER(ラングラー)の国内企画・販売も請け負っていますし

それ以外のブランドもいつくか取扱っているため、自社内で競合する商品が多いです。

その上、最近のジーンズ離れやユニクロなどのファストファッションに対抗する為に

国内需要を意識した商品やシリーズが乱発気味にリリースされています

「エドウイン」と言う名前だけを頼りにして商品を探すにはハードルが高く

もう少しラインナップの整理と差別化を意識して欲しいと思ってしまいます。


Miss EDWIN(ミスエドウイン)503 EDGEシリーズ


前置きが長くなってしまいましたが、ようやく本番です

ミスエドウインシリーズの中で特に股下が長いのが

今回紹介の「503 EDGEタイトブーツカット」と「503 BLUE TRIP バギー」の二つです。

「503 EDGEタイトブーツカット」はレディース向けでは、よく見られるタイプのジーンズで

ストレッチの効いた細身のブーツカットジーンズです。

細身な上に股上浅めのローライズ仕様ですが、着心地にはサムシング以上に気を使っている様で

腰周りには適度なゆとりがあり、全体的なフィット感も

締めつけを抑えた仕上がりになっています。

レングスは同シリーズのストレートタイプよりも長めで、実寸で股下84cmと

メンズと同程度の長さがあります。

「503 BLUE TRIP バギー」はゆったりシルエットのバギータイプの為か

コットン100%でストレッチ仕様にはなっていませんが

レングスは股下85cmとミスエドウインシリーズでは最長の部類です。


今後のミスエドウインとサムシング


私の勝手な予想ですが、今後サムシングは縮小またはミスエドウインに

統合されるのではないかと思っています

やはりネームバリュで言えば エドウイン>サムシング ですからね。

ブランドやシリーズが多すぎて、わかり辛いのは公式ショップでも同様で

ブランドやシリーズに詳しくない大半の方は

それらの垣根を取り払った「ジーンズ」「チノパン」なのど種類別で

一括して探したほうが、買い物は楽かもしれませんね。


楽天で最安を探す≫Miss EDWIN(ミスエドウイン)503 EDGE


▼ショップはこちら





いつも応援クリック、ありがとうございます!!
トールサイズランキング人気ブログランキングblogramランキング参加中!