トールサイズ通販・取扱店の紹介 - トールサイズナビ

30cm以上の大きめ靴下はどこで買う?タイプ別の取扱店一覧

30cm以上の大きめ靴下・ソックス


私は下着や靴下などはお手軽なユニクロ製を愛用しています

肌着に関しては、サイズ面を含めて全く不満を感じていませんが

靴下だけはちょっとだけ事情が異なります。

靴下も他の服と同様にS・M・L・XLとサイズ分けされ

メンズ用ではMサイズとLサイズを最もよく見掛けるのですが

殆どのユニクロ実売店ではMサイズに相当する27cmまでの靴下しか販売されておらず

大きめのLサイズは限られた種類のみで、しかもオンラインショップでしか購入できません。

靴下には伸縮性があるためサイズ選びはそれほどシビアではありませんが

私の場合、小さめのユニクロのMサイズでは消耗が激しくなる傾向にあり

冬用に購入したヒートテック靴下などは週一程度の着用でも

ワンシーズンを待たず、先端部分に穴が開いてしまいました。

ユニクロのオンラインショップでLサイズを購入すれば

解決できる問題ですが、それでもサイズは29cmまでとやや控えめな印象です。

私の足のサイズはそれ程大きくはありませんが

せっかくなので、今回は足のサイズが30cm以上ある方でも履ける

大きめの靴下を取扱っているお店について、簡単にまとめてみます。



大きめの靴下の探し方は?


靴下のサイズ


明確に定まった規格があるわけでは無いようですが

靴下の場合は27cmまでがMサイズ、29cmまでをLサイズ

Mサイズ、Lサイズの両方をカバーしている物を

F(フリー)サイズと呼ぶことが多い様です。

少し足が大きめの方ならLサイズで十分に賄えますが

足の大きさが30cmを超える方の場合はXLサイズを探すことになります

海外メーカー製やインポート物、ロスコ製などのミリタリー系では

Lサイズでも最大30cmまで対応した製品が見られ

国産品や国内メーカーで30cm以上の靴下を探す場合は

XLサイズ、2Lサイズ、3Lサイズを目安にすると見付けやすくなります。

因みに国産・海外産を問わず、一般的なお店で手に入る靴下の最大サイズは

33cm(13インチ)が上限かも知れません。



タイプ別の大きめ靴下取扱店


一口に靴下と言っても、カジュアル用やビジネス用

機能性の高いスポーツ用や抗菌・消臭機能を持った機能性靴下などがあり

30cm以上の靴下を取扱っているお店は

靴下専門店かビッグサイズ専門店が多い様です。



大きいサイズの店ビッグエムワン


まずはビッグサイズ専門店にあたる『大きいサイズの店ビッグエムワン』です。

【デイリーウェア】のカテゴリーの中に【靴下】の項目があり

100種類ほどの大きめ靴下を取扱っています。

丈はベリーショートからロングまでと幅広く

ビジネスにも使えるシンプルな靴下も見られますが

どちらかと言えばカジュアル中心のラインナップでしょうか。





靴下本舗


店名からもわかるように『靴下本舗』は靴下の専門店です。

HP上にはメンズ靴下の【大きいサイズ】カテゴリーが設けられ

20種類ほどの大きめ靴下を取扱っています

大半がカジュアル向きの靴下でサイズも上限が30cmと少し心許ないですが

靴下専門店だけに、機能性や耐久性に期待が持てます。





5本指セレクトショップ 靴下小町


こちらの『5本指セレクトショップ 靴下小町』も靴下専門店です

HPの【メンズソックス】カテゴリーに【大きいサイズ靴下】のジャンルがあり

他のお店では見られない、大きめサイズの5本指靴下を取扱っています。

5本指靴下には冷えや蒸れを防止する効果あるので

冷え性の方や水虫を患っている方はもちろん

靴擦れしやすい、ウォーキングやトレッキングなどにも向いています。





靴下メーカーの店レモコロ


『靴下メーカーの店レモコロ』は靴下の製造メーカーが

靴下専門店として販売もしているお店です。

100%国内生産の安心感もありますが、HP上には32cmまでの【大きいサイズ】の

カテゴリーがしっかりと設けられ、取扱い数は150種類以上と圧巻です。

柄物は殆ど無く、カジュアル用にもビジネス用にも使える

シンプルな製品が主流ですが、機能面に関する種類の豊富さは

流石は靴下製造メーカーといった感じの品揃えです。

大きめ靴下の大半がミドルからロング丈ですが

スニーカーと相性の良いショート丈や蒸れにくい5本指靴下の取扱いもあり

靴下は無地で構わないという方なら過不足は感じないでしょう。





靴下の岡本


こちらも靴下専門店ですが『靴下の岡本』は

足のトラブル解決に特化した機能性の高い製品が目立ちます。

吸湿性・放湿性と消臭効果に優れ、岡本が独自開発した

”ムレない、におわない”靴下こと【SUPER SOX】のライナップ内に

最大32cmの特大寸タイプがあります。

全3種類と数は少ないですが、高機能かつシンプルな作りは

ビジネス用途として重宝されるかも知れませんね。





サンシン


最後に紹介するのが『スポーツのことなら何でもサンシン』というお店です。

こちらはお察しの通りスポーツ用品専門店ですが

カテゴリー内に【大きいサイズ】があり【メンズ】→【下着/靴下】と進むと

店頭ではあまり見掛ける事の無い、スポーツ用の大きめ靴下の取扱いがあります。

ラインナップは10種類強とあまり多くはありませんが

アディダスのスポーツソックスには特大サイズとなる34cmがあり

カジュアル用・ビジネス用を含め、国内では最大かも知れません。





まとめ


一通り大きめ靴下を取扱っているお店を紹介しましたが

通常の靴下よりも、サイズ選びがシビアになる5本指靴下で

30cm以上のサイズが選べるのは有難いですね。

大きめ靴下を探す場合、カジュアル用途ならばビッグサイズ専門店

ビジネス用途で機能性も求めるならば靴下専門店と言う選択になるでしょうか

因みにサイズが33cmや34cmの大きめ靴下を探す場合は

前述のスポーツ用やロスコ製などのミリタリー用が見付けやすいと思います。


いつも応援クリック、ありがとうございます!!
トールサイズランキング人気ブログランキングblogramランキング参加中!


穴場すぎる…トール丈ジャージは『ナースリー』で探そう!!

Nursery(ナースリー)ロゴマーク
参照元:ナースリー

毎年、暖かくなってくるとこのジャンルに触れている気もしますが

久々に股下長めのトールサイズジャージについての記事です。

相変わらず、本家ともいえるスポーツウェアブランドからは

まともなトールサイズジャージ(主にボトムス部分)は発売されていません

このブログでも代替案として様々な内容を提案してきましたが

その中でも特に有力なのが、介護用のジャージを流用する方法です。

介護用のジャージは、スポーツウェアのトールサイズ不足の原因とも言える

JASPO規格の縛りが無く、動きやすさや汗処理、見た目などの面で

スポーツ用のジャージとほぼ同じ製品です

何か目ぼしい製品は無いものかと、久々に介護用ジャージについて調べてみると

ちょっとどころか、かなり嬉しい変化が訪れていました。


驚きの充実振り!!ナースウェア専門店の『Nursery(ナースリー)』


以前記事にした時にも触れましたが、介護用ジャージは普通のお店では

殆ど取扱いが無く、ネットショップか介護やナースウェア専門店で購入します。

その専門店の一つであるNursery(ナースリー)のネットショップを久々に覗いて見ると

介護用パンツやナースウェアのパンツがやたらと充実している事に気付きます。

しかも驚いた事に取り扱いのあるパンツの多くが

自分で裾上げ可能な、所謂『裾フリー』タイプで

裾未処理の状態なら、メンズで股下90cm、レディースで股下84cmと

トールサイズジャージとして申し分の無いサイズ感です。

Nursery(ナースリー)ホームページ

ナースリーのトップページ上部にあるカテゴリ選択にマウスカーソルを合わせ

『すべてのカテゴリ』→『白衣・ナースウェア』→『白衣(パンツ・スカート)』

の順に進むと、80種類ほどが表示されます。

Nursery(ナースリー)すそ上げOK

ずらりと並んだサムネイル一覧で商品画像の下に

『すそ上げOK』のマークが付いたものが

自分で好きなレングスに裾直し出来る裾フリータイプの製品です。

全てがスポーツにも流用できる製品ではありませんが

レディースをメインに結構な数のバリエーションがあり

以前よりも明らかに選択肢が増えていますね。


新製品でオススメのトールサイズジャージは?


以前紹介した、スポーツ用にも使える介護用ジャージも

引き続き取扱われていますが、今回はよりスポーティーに使えそうな

メンズ・レディース用のトールサイズジャージをピックアップしてみます。

メンズ用トールサイズジャージ

メンズ用のトールサイズジャージで注目したいのが

画像左の『アクティブストレッチ ストレッチスキニーパンツ』

画像右の『ストレッチカーゴパンツ』です。

両者ともベルトループとフロントファスナーがあるので

スラックスとジャージのハイブリッドといった印象ですが

機能性はスポーツ用のジャージそのもので

前述の通り、全サイズでレングスは股下90cmの裾フリータイプです。

ベルトループはあるものの、ウエストがゴム仕様になっているため

よほどサイズ選びを誤らない限りは、使用することは無いでしょう。

アクティブストレッチ ストレッチスキニーパンツは

その名の通り、テーパードタイプの細身のジャージに仕上がっていて

足首まわりがダブつき、本格的なスポーツには向かなかった

いままでの介護用ジャージの欠点が解消されています。

また、ナースウェアと言うことで、どちらの製品も

アンダーウェアが透けずらい『防透』素材が使われているので

3色あるカラーバリエーションから躊躇無くホワイトを選ぶことが出来ます。

レディース用トールサイズジャージ

続いて、レディース用で注目したいのが

画像左の『アクティブストレッチ・ネオ スキニーパンツ』

画像右の『ストレッチスキニーカーゴパンツ』です。

こちらもフロントファスナーとベルトループがあり

全サイズでレングスが股下84cmの裾フリータイプです。

メンズ用とは異なり、こちらはカーゴパンツもスッキリとしたシルエットになっていて

両者とも、レディースで人気のスキニージャージを強く意識した見た目になっています。

特におすすめなのがアクティブストレッチ・ネオ スキニーパンツで

ストレッチはもちろん、防透・吸汗速乾・防シワ・抗菌防臭など

見た目も含めてスポーツ用だけでなくルームウェアや

ちょっとした外出着としても使ってみたくなる程、機能が充実しています。

イージースキニーパンツ

最後に紹介するのが、私が個人的にイチオシな

『イージースキニーパンツ』の裾フリータイプです。

こちらはレディース用ですが、イージーパンツ仕様となっていて

フロントファスナーとベルトループがありません

今回紹介する中では一番ジャージに近い作りになっているのに

ジャージにありがちな野暮ったさを一切感じないスッキリとした見た目をしています。

これと同じ仕様でメンズ用があれば完璧でしたが

レングスは裾未処理で股下84cmもありますから

人によってはメンズ用としても使えるかも知れませんね。

因みに、私はホワイトとベージュを間違いなく買います

私は男性ですし、普通に穿くとレングスは当然足りませんが

吸汗速乾と防透という部分が大変魅力的で

夏用のアンクルパンツとして活用する事を考えています。

ホワイトを穿いてもアンダーウェアが透けませんし

ベージュを穿いてもジャージ素材なので汗ジミが目立ちません

汗をかきやすい夏場にウォーキング用としても穿ける

明るめのアンクルパンツが欲しかったので

このイージースキニーパンツはレディース用とはいえ

願ったり叶ったりの製品なのです。


まとめ


今までの介護用ジャージに細身のスキニータイプやカーゴタイプが加わり

選択肢が一気に増えた印象ですね、ジャージ寄りのイージーパンツタイプは

使い勝手が良いですし、サイズさえ合えばユニセックス用としても行けそうです。

裾フリー仕様が充実しているのは、本当にありがたい限りですが

残念な事に、裾上げテープは付属していないようなので

自前でストレッチタイプの裾上げテープを別途準備するか

ナースリーで注文の際に、1点につき税込540円で裾上げ加工してもらいましょう。







いつも応援クリック、ありがとうございます!!
トールサイズランキング人気ブログランキングblogramランキング参加中!


トールサイズ最大手に赤信号?ニッセン以外の取扱店について

ニッセンロゴマーク
参照元:ニッセン


一月ほど前のニュースになりますが

女性のトールサイズ愛用者なら一度は耳にしたことがある

カタログ通販大手「ニッセン」の不振が報じられました

三期連続の赤字となり、セブン&アイ・ホールディングスの

お荷物とまで言われている始末です。

原因はユニクロなどのファストファッションの台頭らしいのですが

カタログ販売と言う形式自体が時代にそぐわなくなっているので

来るべき時がついにきてしまったというのが正直な感想です。

その後の続報によると、ニッセンを完全子会社化し

赤字・不採算事業の見直しが行われるそうですが

やはり気になるのはレディーストールサイズの行く末についてでしょうか。

ニッセンは国内でもトップクラスのトールサイズ取扱店で

サイズの充実度や品揃えは群を抜いていますが

今後の方針次第で規模の縮小や販売終了も十分考えられる事態です。

ニッセンのトールサイズでしかサイズを賄えないといった女性も多く

最悪の結果になった場合は代用となるトールサイズ取扱店を探す必要が出てきます。



久々に訪れたニッセンの現状


このブログを始めた頃はニッセンを頻繁にチェックしていましたが

ニッセンがメンズトールサイズの取扱いを全くしなくなり

メンズファッションの特殊サイズが大きめサイズのみになったのを切欠に足が遠のいています。

久々にメンズファッションとレディースファッションを確認してみると

メンズファッションには「メガスクエア」と呼ばれる大きめサイズの専門ショップがあり

最大8Lまでのサイズが取扱われています

レングスも少しくらいは長いのかな?と淡い期待でチェックをしてみましたが

残念ながらレングスは股下84cmが最長で、いたって普通のサイズ感でした。

レディースファッションのトールサイズジャンルに目を移すと

こちらも3年前と大きく異なる点は無く

レディーストールサイズ専門のブランド「スラットジール(Slattgir.)」も健在です

レディースボトムスのレングスは股下80〜86cmくらいが最も多く

以前見たときに驚いた、股下90〜95cmのカジュアルパンツも一種類だけ販売されています。

ニッセンのレディースファッションでは春から秋までの期間限定で

トールサイズのジャージやスポーツウェアを販売していて

取扱いが極端に少ないトールサイズジャージの穴場的存在でしたが

こちらは取扱いが全く無くなっている様でした。

およそ3年ぶりくらいに、まじまじとニッセンをチェックしてみましたが

良くも悪くも大きく変っていない…という印象です

トールサイズジャンルはファストファッションと競合していないとはいえ

この辺にも不振の一因がありそうですね。





ニッセン以外ではL.L.Bean(エルエルビーン)が本命かも


L.L.Bean(エルエルビーン)
参照元:L.L.Bean


レディーストールサイズの取扱店を探してみるとわかりますが

トールサイズと銘打っていても、通常よりも僅かにサイズが長いだけの製品が大半です

ボトムスを例に挙げるとレディースではレングスが股下78cm以下でもトールサイズとされ

トールサイズを専門に扱うショップやブランドであっても

レングスが股下80cmを超える物は少なく、こういった点を見ると

いかにニッセンのサイズが充実しているのを思い知ります。

そんな状況で、ニッセンの代用として少しだけ期待を持てそうなのが

L.L.Bean(エルエルビーン)のレディースファッションです

以前にも予想外?レディースも充実してた『L.L.Bean』のトールサイズの記事で紹介しましたが

無骨なアウトドアブランドのイメージとは裏腹に

レディーストールサイズのアイテム数はニッセンに次ぐ規模で

一部の商品には標準のレギュラーサイズの上にトールと言う特殊サイズが存在しています。

エルエルビーンはアメリカ発のアウトドアブランドなので

レディースファッションに関しては国内の流行り廃りに殆ど影響を受けていません

アースカラーが主体なのでやや地味な印象がありますが

ベーシックで落ち着いた製品が多いので癖のない着こなしに向いています

ニッセンがカジュアル志向なら、こちらはナチュラル志向といった感じかもしれませんね。





他のレディーストールサイズ取扱店は


ニッセン・エルエルビーン以外のレディーストールサイズの取扱店で

他に候補にあがりそうなのがベルメゾンネットでしょうか。

ただしトールサイズジャージ限定という狭い範囲での話で

ベルメゾンネットでは何故かレディースジャージにだけトールサイズの取扱いがあります。

レングスは最長で股下78cmとトールサイズとしてはやや短めな印象ですが

ジャージはスポーツ中に裾を踏んでしまわないように

アンクル丈よりも少し長い程度に作られています

ウエストが最小のSサイズでも股下78cmを選べるので

小柄でも脚の長い方や細身で長身の方に打って付けのトールサイズジャージです。

因みに大きめサイズにではなくスポーツウェアのジャンルに分類されているので

普通にトールサイズジャージを探すような方法では見落としてしまいます

スポーツウェア・スニーカー≫エクササイズウェア≫ジャージのカテゴリーで探しましょう。

ベルメゾンネット



まとめ


異論はあると思いますが、メンズならレングスが股下84〜86cm以上

レディースならレングスが股下78cm以上でトールサイズだと考えています。

前述の通りこの基準を満たした製品を安定かつバリエーション豊かに販売している

お店は数える程しか存在せず、切実にトールサイズを求めている女性には

辛い状況なのが理解できます。

ニッセン以外では本当に数えるほどしか本格的なトールサイズ取扱店がないので

今後も本家ニッセンでのレディーストールサイズの取扱いは継続して欲しいですね。


いつも応援クリック、ありがとうございます!!
トールサイズランキング人気ブログランキングblogramランキング参加中!


細身のトールサイズは『L.L.Beanシグネチャー』がおすすめ?

エルエルビーンシグネチャー
参照元:L.L.Bean


私自身、トールサイズ服の大半はネット通販で購入しています

近場にある実売店では自分の体型に合った服が見つからないというのが一番の理由で

大半の製品はボトムスの股下丈が足りなかったり

トップスの身幅がガバガバだったりします。

そういったこともあり、このブログでもトールサイズまたは

トールサイズ相当を扱っているお店を積極的に紹介しているのですが

個人的にレディーストールサイズなら大定番のニッセン

メンズトールサイズなら裏技を活用できるエディー・バウアーがイチオシです。

他には何処がおすすめ?と聞かれれば

おそらくL.L.Bean(エルエルビーン)と答えます

アメリカ発のアウトドアブランドなので、色味やデザインこそ地味ですが

メンズはもちろん、意外にもレディースのトールサイズが充実しています。

ですが、残念な事に国内販売で日本人向けにサイズをローカライズしておらず

ボトムスの股下丈やトップスの着丈など身長を基準にしてサイズ選びをすると

ウエストサイズや身幅も比例して大きくなり

日本人にはオーバーサイズ気味の着こなしになってしまいます。

上記の理由から、私も積極的に利用する事は無かったのですが

久々にエルエルビーンのサイトを訪れてみると

L.L.Bean SIGNATURE (エルエルビーン シグネチャー)と言う名の

ちょっと気になるラインナップが誕生していました。



L.L.Bean SIGNATURE (エルエルビーン シグネチャー)の特徴は?


エルエルビーンシグネチャー入り口
参照元:L.L.Bean


エルエルビーンシグネチャーの入り口は結構こじんまりとした位置にあり

従来商品と比べてホームページ上ではあまり目立たない印象です。

メンズとレディースの取扱いがあり、特徴やコンセプトを要約すると

エルエルビーンのクラッシック製品を最高の素材と

モダンで無駄のないフィット感で甦らせた製品と言うことらしいです

前述の通り、エルエルビーンの欠点は日本人にはやや大きいサイズ感ですから

謳い文句通りなら、サイズ展開次第でかなり期待が持てます。

以下の様な「シグネチャーのフィットについて」という説明もみられ

“シグネチャーは、より身体のラインに沿わせた、すっきりしたフィットでつくられています。
トップスはスリムに、パンツは股上の浅いローライズなシルエットになっています。”

フィット感と素材に関してはかなりの拘りがあることが伺えますね

良くも悪くもアメリカンサイズな野暮ったさがあったエルエルビーンでしたが

シグネチャーの登場によって、日本人の体型に向いた

スッキリと細身のシルエットに期待が持てるようになりました。



メンズ・レディースボトムスのサイズは?


エルエルビーンシグネチャーのポトムスですが

メンズ・レディース共に数は10種類程でジーンズ・チノパン・カーゴパンツ

ジョガーパンツ・ショーツなどがラインナップされています。

素材重視の為かコットン100%の製品が目立ち

サイズ選びはジャストフィットではなく少し大き目を選んだほうが良さそうです

動き易いストレッチ入りのポトムスも若干取扱いがありますが

ストレッチ素材が入ると数年で膝が伸びてしまうので

素材の良質な製品を長く使って欲しいという思いからか積極的ではない印象を受けます。


エルエルビーンシグネチャーメンズポトムス


メンズポトムスは種類に限らずウエストサイズが30〜38インチから選べ

レングスは30〜36インチまで2インチ刻みで選べます。

レングス36インチは股下91cmに相当するので十分にトールサイズなのですが

ウエストサイズが34インチ以上からでないと選択できないのが少し残念ですね。

コットン100%に拘りを感じる割に色落ち加工無しの

リジッドデニムが見当たらないのが気になりますが

今後に期待したいところです

洗濯時にこれ以上縮みが出ないという点では

加工済みのほうが安心感があるのかもしれませんね。

シグネチャーのラインナップにカーゴパンツが1点だけ含まれていますが

レングスが84cmでも長い部類に入ってしまうカーゴパンツで

股下86cmオーバーの34・36インチが選べるのは結構スゴイです。


エルエルビーンシグネチャーレディースボトムス


門外漢ですが一応レディースポトムスも見てみると

こちらはサイズ表記がメンズとは異なり

レングスはプチ・レギュラー・トールの3段階の真ん中にあたる

レギュラーサイズで統一されていました

じゃあ普通サイズと大差ないの?と勘違いしてしまいますが

日本基準の普通サイズよりも随分と長い股下丈になっています。

ただし、ポトムスの種類によって

同じレギュラーサイズでもレングスに違いがあり

レングスには股下79〜84cmと結構な振り幅があります

ジョガーパンツやスウェットパンツは短く

ジーンズなどは長い傾向にある様ですね。



まとめ


個人的にエルエルビーンシグネチャーは好印象で

今回紹介しなかったトップスも

着丈の身幅のバランスが細身で身長の高い人向けで

なかなか使い勝手が良さそうです。

ボトムスは細いウエストサイズでも股下90cmオーバーを選べる

エディー・バウアーと比べるのは酷ですが

素材面ではエルエルビーンシグネチャーに軍配が上がるでしょうか

どちらにせよ、細身な日本人体型でも

ジャストサイズで着こなせるトールサイズは本当に貴重なので

素直に歓迎したいところですね。

エルエルビーンシグネチャーはクラッシックラインを現代風に

見直しただけあって、落ち着きのあるベーシックな製品が多いです

大人が安心して着られるトールサイズという点が

エルエルビーンシグネチャーの最大の長所かも知れません。




エディー・バウアー オンラインストア



いつも応援クリック、ありがとうございます!!
トールサイズランキング人気ブログランキングblogramランキング参加中!


XBORDERで超簡単!!トール丈ジャージを海外通販でGETする方法

XBORDER(クロスボーダー)の利用法
参照元:Xボーダー


以前にこちらの記事でもお伝えしましたが

唯一無二の存在だったアシックス製のトールサイズジャージがひっそりと販売終了しました

多少余裕のあった市場在庫も、とうに底を尽き

今ではオークションくらいでしか手に入らないかも知れません。

スポーツ用途はもちろん、部屋着としても愛用されているジャージは

日本国内のJASPO(ジャスポ)規格の影響で

股下の長いトールサイズを見つけるのが大変難しく

この生産終了は結構なダメージです。

代替品となるトールサイズジャージが他にないだろうか?と

方々探していましたが、ようやく打開策の糸口が見えてきました

要は国内がダメなら海外のジャージを探せばよいのです

そこで目を付けたのが最近話題の

XBORDER(クロスボーダー)

米国アマゾン限定ながら、敷居の高い海外通販を気軽に利用出来てしまいます。



XBORDER(クロスボーダー)でお目当ての商品を探すコツ


Xボーダーを利用するにあたって、特に難しいことは何もなく

HPはしっかりと日本語表示されたのシンプルな作りですし

この手のサービスにありがちな、ちょっと怪しい雰囲気もありません。

検索・購入・検品・梱包・サポートの各所に

日本語と日本人スタッフが携わっているようで

個人で海外通販を利用するときに感じる不安を

丁寧に払拭することに力を注いでいる印象です。

さて、実際にXボーダーでお目当ての商品を探してみましたが

率直な感想として、検索精度の低さが気になります


XBORDER(クロスボーダー)の検索方法


画像の赤枠内にある検索窓に日本語でワードを打ち込んでも対応してくれるのですが

恐らくは機械翻訳なので、その辺からくる限界を感じます

特にアメリカと日本で呼び名が異なる物ほど顕著で

今回の場合はジャージと入力しても

日本人がイメージするようなジャージはまずヒットしません。

今回の目的はトールサイズのジャージですから


『track pants tall』

『Warm up Pants tall』


Xボーダーの検索窓に『』内のワード

上記のどちらかを入力するとお目当てのトールサイズジャージが見つかります

ジャージはトラックパンツまたはウォームアップパンツと呼ばているので

それにトールサイズを意味するtallを付けた形式ですね。

個人的にこの方法を使うならXボーダーの検索窓ではなく

米国アマゾンで検索したほうが精度が高く、関連商品なども見つけ易いと思います


XBORDER(クロスボーダー)からアマゾンへのリンク


上の画像の様にXボーダーで検索した該当商品のページから

赤枠内の「amazonで見る」ボタンをクリックすると

米国アマゾンの該当ページに進めるので

前述のワードで検索し直すのも手でしょうか。

この検索制度の低さに関しては運営側も重々承知しているようで

ASINコードと呼ばれる、Amazonが取扱う

書籍以外の商品を識別する10桁の番号を検索窓に入力する事を推奨しています。

お目当ての商品を米国アマゾンで直接探し


米国アマゾン商品説明


上図のように、商品ページの下部にある

Product Details(商品の情報)から

10桁のASINコードをコピーしてXボーダーの検索窓にペーストすると

該当商品を確実にXボーダーで購入出来ます。

他にもXボーダー側の表示不具合や、どうしても該当商品が選択できない場合などは

XBORDER(クロスボーダー)サポートへ


商品ページの右下に表示されるボタンをクリックすると

サポートへの連絡フォームに移動し

こちら側から欲しい商品について細かく連絡出来る機能があります。



XBORDER(クロスボーダー)でおすすめのトールサイズジャージは?


各種ジャージブランド


米国アマゾンでトールサイズジャージを探すと

アディダス・ナイキ・アシックス・アンダーアーマーを筆頭に

日本では馴染みの無いブランドも数多く見られます。

その中でも、アシックスとアンダーアーマーは比較的安定して

トールサイズの取扱いがある印象で

この辺りを重点的に探すのが良さそうです。

サイズに関してですが、お目当ての商品をXボーダー側で選択し表示すると


XBORDER(クロスボーダー)商品説明の翻訳


上画像の様に米国アマゾンに記載されている該当商品の説明や詳細について

機械翻訳された文章がページ下部に表示されます。

ですが、スポーツウェアのサイズ表示が不親切なのは万国共通なようで

この説明だけでは、正確な寸法が分からないことが多く

説明不足を補う為に米国アマゾンの該当ページを直接確認する必要がでて来ます。

日本語の股下丈に対応する英表記は


『inseam(インシーム)』

『inseam length(インシーム レングス)』

『inside seam(インサイド シーム)』


上記のいずれかになり、この単語を重点的にチェックしましょう

また、米国で標準的に使われるinch(インチ)は

1インチ=2.54cmと覚えておくとサイズの把握に何かと便利です。

米国アマゾンではページ下部のレビュー部分にも

サイズに関しての情報や質問が積極的に投稿されているので見逃せません

inch(インチ)やinseam(インシーム)を理解していれば

問題なく理解できる文章が多く、サイズ把握の助けになります。

米国のジャージを調べてみて分かった事ですが

SサイズXSサイズに一部の例外はあるものの

殆どのジャージは股下80cmが標準サイズで

これはレングスだけ見ると日本サイズのXLサイズに相当します

メーカーによりバラツキがありますが

トールサイズはそれよりも股下丈を数インチ長くした物の様です。


米国アマゾンのトールサイズ


上画像の様に米国アマゾンでは標準サイズの中から

特殊サイズであるトールサイズを選択する方式で

トールサイズを選択しても説明内容が標準サイズから

変化しない物もあります

標準サイズの股下丈をトールサイズの股下丈と勘違いしがちなので

トールサイズのサイズ情報が見当たらない場合や見つけられなかった場合は

Xボーダーのサポートを利用し、サイズを確認してもらった方が良いでしょう。



XBORDER(クロスボーダー)の手数料・配送について


Xボーダーは米国アマゾンの購入代行サービスなので当然手数料が発生し

手数料・配送料などの諸経費は購入画面にまとめて表示されます。


XBORDER(クロスボーダー)の手数料・配送料


上画像の赤枠内に表示され

手数料は購入代金の15%で配送料はサイズにもよりますが

今回のような嵩張らない衣類では国際送料で¥2500程になります。

料金の支払いには以下の3つの方法があり


【1】銀行振込

【2】クレジットカード払い(ビザ・マスター・アメリカンエクスプレス)


【3】コンビニ・銀行ATMでのお支払いによる翌月一括払い又は分割払い



どの支払い方法でも米国アマゾンではなくXボーダー側に直接代金を支払う形式になります

クレジット情報を米国アマゾンに直接入力する必要がないので多少の安心感はあるでしょうか。

実はXボーダーを利用して本来必要となる費用は

購入代金+手数料+送料+関税+消費税の合計で

商品金額が16,000円以下の場合は関税・消費税が発生しません。


XBORDER(クロスボーダー)の関税計算機


仮に購入代金が¥16000以上でも

商品購入画面の下部に関税の簡易計算機と共に

関税が発生する条件が分かり易く記載されていて

特に煩わしく感じる事はありません

発生した関税と消費税は荷物を受け取る際に

代金引換として運送スタッフに支払う仕組みになっています。

さて、海外からの配送ということで

一番気になるのは配送されるまでの期間ではないでしょうか?

商品によってまちまちなので一概には言えませんが

10日から半月程度が目安となります。

因みに購入した商品の検品と梱包をXボーダーがしてくれているので

海外通販にありがちな、酷い状態で届くリスクは軽減されています。



まとめ


Xボーダーを利用する事で国内通販と同程度の気軽さで買い物が出来ますし

国内で販売されていない商品や特殊サイズが手に入るのは非常に有難いです。

今回、調べた中ではアンダーアーマーのトールサイズジャージが

ウエストMサイズで股下34インチと最もバランスが良かったのですが

アマゾンの定番ともいえる頻繁なセールの影響か

短期間で掲載ページが無くなっていました

この手の商品は見つけた時が買い時なのかもしれませんね。

トールサイズジャージが必要な方はXボーダーを利用して

アシックスかアンダーアーマーのジャージを探してみては如何でしょうか。



いつも応援クリック、ありがとうございます!!
トールサイズランキング人気ブログランキングblogramランキング参加中!