チノパン・カーゴパンツ (4) - トールサイズナビ

◆股下の長いチノパン『SMITH'S AMERICAN(スミスアメリカン)ノータックチノパン』

今回はアメリカのワークウェアブランド『SMITH'S AMERICAN(スミスアメリカン)』から

股下の長いチノパンを紹介します。

スミスアメリカンは1906年から続く老舗のワークウェアブランドで

文字通り労働者の仕事着として愛用されていましたが、時代と共にファッション用途へシフトし

現在では他社に生産を委ねるライセンスブランドになっています。

そのため、ディッキーズやラウンドハウス、カーハートやレッドキャップと比べると

日本国内での知名度は低く、流通量も少なめになっています。

自社みずから生産を行わず、ライセンスやブランド名を提供するスタイルは

以前紹介したコンバースのチノパンでも見られましたが

今回のチノパンは低価格な面も含め

そのコンバースのチノパンと似通ったベーシックな仕上がりになっています。


SMITH'S AMERICAN(スミスアメリカン)ベーシックノータックチノパン




股下  ★★☆☆☆
希少度 ★★★★★
価格  ★☆☆☆☆


少ない流通量


冒頭で触れた通り、スミスアメリカンはライセンスブランドというスタンスの為

ライセンスを受けて生産しているメーカーによって、ボトムスの仕様が異なる場合が多く

いわゆる、定番モデルというのがありません。

ショップレベルで企画された製品などもあり、個性的なボトムスも見られますが

ライセンスによる小規模な生産なので流通量はどうしても少なくなってしまう様ですね。


サイズと仕様


カラー展開はアイボリーとベージュの定番の2色で、ベーシックなストレート仕様です

股上は深く、ローライズが苦手な方にもおすすめですし

シルエットは細すぎず太すぎずの絶妙のバランスですね

この値段ではありえないほど細部の作りがしっかりしていて

ライセンス生産しているメーカーが何処なのか気になる所です。

レングスは全サイズ共通の股下86cmです

トールサイズとしてみるとサイズ的にはギリギリのラインですが

野暮ったさを全く感じない、かなりレベルの高い

現代風のチノパンに仕上がっていると思います。


何故か優秀なライセンス品


単なる偶然なのかどうか、わかりませんが

ライセンス生産されたコンバースのチノパンと同様に、スミスアメリカンのチノパンも

低価格の割に仕上がりが丁寧で高品質です。

ユニクロや安価なショップブランド製チノパンを買うのを躊躇してしまう程の

コストパフォーマンス良さで、サイズの合う方には魅力的な選択肢です

ひょっとすると、ライセンス品にはライセンス元が定る品質の最低ラインがあり

そのハードルをクリアすることが課せられているのかも知れませんね。


楽天で最安を探す≫SMITH'S AMERICAN(スミスアメリカン)チノパン




いつも応援クリック、ありがとうございます!!
トールサイズランキング人気ブログランキングblogramランキング参加中!


◆股下の長いチノパン『GROWN&SEWN(グロウン&ソーン)インデペンデント スリムチノパン』

今回はアメリカ発のブランド『GROWN&SEWN(グロウン&ソーン)』から

股下の長いチノパンを紹介します。

2010年に立ち上がった比較的新しいブランドで、日本でもチノパンが人気を集めています

素材から工程にいたるまで全てがアメリカ製の「Made in U.S.A.」にこだわっており

同じく高品質なチノパンで有名なBILLS KHAKIS(ビルズカーキ)

共通する部分が多く見られるブランドです。

両者とも高品質で全てがアメリカ製という部分に変りはありませんが

ビルズカーキのチノパンと比べて、細部の作りや生地のディティールに

ハンドメイドのような、作りの丁寧さを感じます。


GROWN&SEWN(グロウン&ソーン)INDEPENDENT SLIM CHINO PANTS




股下  ★★★★☆
希少度 ★★★☆☆
価格  ★★★★★


LEGENDとINDEPENDEMT


グロウン&ソーンのチノパンにはLEGEND(レジェンド)と

INDEPENDEMT(インデペンデント)の2種類のモデルがあり

レジェンドが人気の火付け役となったベーシックなシルエットのチノパンで

インデペンデントはレジェンドを細身に変更したスリムフィットモデルです。

アメリカ製でありながらイタリア製のパンツを思わせる

すっきりとしたシルエットしていて、股上やや浅めのモダンな仕上がりになっていますね。


サイズと仕様


紹介のモデルではカラー展開は4色ですが、使用生地の異なるモデルも幾つかあり

同じインデペンデントでもバリエーションは豊かです。

レングスはウエストサイズに比例して長くなりますが、股下86cmを下回ることは殆ど無く

股下87〜90cmのサイズが多く見られます

また、前述のレジェンドとインデペンデントではレングスが多少異なり

細身のインデペンデントの方が若干長めに作られています。

グロウン&ソーンのチノパンは、ほぼ全てワンウォッシュ品で

洗濯してもこれ以上の縮みが出る心配はありません

小慣れたような生地の風合いを出すことにも一役買っていて

仕上がりは丁寧で味わい深いものになっています。


純国産はやはり高価


全てがアメリカ製ということで価格はやはり高額になってしまい

下手をすると、イタリアのブランド「PT01(ピーティー・ゼロウーノ)」などに並びます

日本でも純国産の岡山産ジーンズは高価で、何か通ずるものがありますが

グロウン&ソーンのチノパンは気軽に手が出せない価格や

キレイめの着こなしに向いている点からも

落ち着いた大人の為の「高級チノパン」と言えるかも知れませんね。






いつも応援クリック、ありがとうございます!!
トールサイズランキング人気ブログランキングblogramランキング参加中!


◆股下の長いチノパン『BILLS KHAKIS(ビルズカーキ)MODEL #M3 TRIM FIT』

今回はチノパンの代名詞的ブランド『BILLS KHAKIS(ビルズカーキ)』から

股下の長いチノパンを紹介します。

妥協なき高品質で知られるビルズカーキのチノパンとして

最もベーシックなモデルである「M2」を以前紹介した事がありますが

今回紹介する「M3」タイプは、穿いた瞬間にわかる素材の良さはそのままに

レトロ感を抑えた現代風のアレンジが施されています。


BILLS KHAKIS(ビルズカーキ)MODEL #M3 TRIM FIT CORDUROY PANTS




股下  ★★★★★★
希少度 ★★★★☆
価格  ★★★★☆


M2とM3の違いについて


ビルズカーキのチノパンには「M1」から「M4」までありますが

「M1」「M2」は大戦モデルと呼ばれ、太めのシルエットと股上の深さに特徴があります

当時を再現した復刻的な意味合いが強く、無骨で男らしさのあるモデルです。

「M3」はウエスト周りを含めたシルエットが全体的にシェイプされていて

股上も若干浅い作りになっています、レトロ感を抑え現代風に調整されていますが

現在主流のチノパンと比べると、シルエットはゆったりめの仕上がりです。

最後に「M4」についていてですが、このモデルは日本限定のモデルで

他のモデルとの違いが一目で分かるぐらいシルエットがタイトに作られています

最も現代的な仕上がりで使い勝手も良さそうですが、日本企画のためサイズに制限があります。


サイズと仕様について


今回紹介の画像は季節限定モデルのコーデュロイタイプですが

通常の「M3」モデルは「M1」「M2」と同じ高品質なチノクロス製です

カラー展開は、コーデュロイタイプがオリーブ色とクリ色2色でチノクロスタイプは4色です

ビルズカーキでは、色の呼び名を他のブランドとはすこし違ったものにしている場合が多く

文字だけを見た場合に、日本人の感覚では分かり辛い場合が多いです。


肝心のレングスですが、「M2」と同じく裾が未処理のまま販売されています

サイズスペックでは股下98〜100cmと表記されていて、チノパンとしては破格の長さですが

裾の末端がギザギザの波型にカットされている為、全くの未処理では穿くことが出来ない作りです

裾処理に4cmほど必要になるので、実質的にレングスは96cm前後ということになります。

「M1」「M2」「M3」は裾が未処理の、いわゆる「裾フリー」タイプですが

「M4」だけは日本企画なので、股下が81cm程度と圧倒的に短く裾処理済になっています

一番今風なシルエットなだけに、裾フリータイプも販売して欲しところですね。


バズリクソンズとビルズカーキ


現在では、ワークパンツとチノパンの違いがますます曖昧になっていますが

本格的なチノパンが欲しい場合、日本製ならBUZZ RICKSON'S(バズリクソンズ)

本場の米国製ならBILLS KHAKIS(ビルズカーキ)が個人的におすすめです。

どちらのチノパンも価格は同程度で、股下も長めに作られていますが

確実にレングスが股下90cm以上あるチノパンが欲しい場合は

必然的にビルズカーキを選ぶ事になるかも知れません。

裾上げの手間が必ず必要になるとはいえ

この辺りが「裾フリー」「裾未処理」製品の強みですよね

ビルズカーキは身長の高い方や脚の長い方にベストなチノパンです。






いつも応援クリック、ありがとうございます!!
トールサイズランキング人気ブログランキングblogramランキング参加中!


◆股下の長いチノパン『CASUALWORKING.COM(カジュアルワーキングドットコム)ストレッチチノ』

今回は『CASUALWORKING.COM(カジュアルワーキングドットコム)』から

股下の長いチノパンを紹介します。

カジュアルワーキングドットコムという聞き慣れない名前ですが

ブランド名でもシリーズ名でもなく、ワークウェア・ユニフォームの製造販売をしている

「アルトコーポレーション」の販売窓口の名称になります。

以前にSASARI(ササリ)と言う、良品なのに出所が全く不明のチノパンを

紹介した事がありましたが、どうやら製造元はこちらのメーカーだったらしく

ようやく喉のつかえが取れた思いです。

本来はワーク・ユニフォーム用途のチノパンですが、タウンユースとしても十分に着こなせ

SASARI(ササリ)を紹介した時と同じように、感心させられる仕上がりになっています。


CASUALWORKING.COM(カジュアルワーキングドットコム) メンズ ストレッチチノパン




股下  ★★★★☆
希少度 ★★★★☆
価格  ★★☆☆☆

元がユニフォーム・ワークウェアだけあって、サイズ展開が豊富で

対応ウエストサイズが71〜121cmと非常に幅広くなっています

レングスは全サイズ共通の股下88cmで股下90cmには若干届きませんが

低価格のチノパンでは数少ないセミトールサイズ仕様です。

生地はコットン混紡率の高いストレッチ素材で

履き心地は締めつけ感のないストレッチジーンズに近い感覚になります

同メーカーのササリやディッキーズよりも生地が柔らかく、薄めの仕上がりです。


ウエスト周りは、適度に股上の浅いローライズ仕様で野暮ったさは感じません

一見すると細身のストレートですが、膝部分を微妙に絞ることで

穿いた時に脚が長くキレイに見える作りです。

チノパンでもジーンズでも、膝を絞ることで

自然なブーツカット・フレアシルエットに仕上げているブランドは多くありません

こういった部分に、ワーク・ユニフォームメーカーらしからぬ

服作りヘのこだわりを感じてしまいますね。


カラー展開はアイボリーとカーキの2色で、純粋な白よりも汚れを気にしなくて済む

アイボリーはチノパンでは非常にレアですね

ワーク・ユニフォーム用途ということで、変に先入観を持ってしまいがちですが

サイズ・シルエット・カラー・履き心地など、様々な面で見所のあるチノパンだと思います。


楽天で最安を探す≫CASUALWORKING.COM(カジュアルワーキングドットコム) ストレッチチノ




いつも応援クリック、ありがとうございます!!
トールサイズランキング人気ブログランキングblogramランキング参加中!


◆股下の長いカーゴパンツ『IRON HEART(アイアンハート)サージカーゴパンツ IH-706』

今回は、長めのサイズでお馴染みのブランド『IRON HEART(アイアンハート)』から

日本製では数少ない、股下の長いカーゴパンツを紹介します。

アイアンハートについては頻繁に記事にしていますが

以前も説明したように、このブランドのボトムスは総じてレングスが長く作られています。

「黒鎧」などのジーンズや、高品質なチノパン・ペインターパンツ

そして今回のカーゴパンツで、ほぼ主要なカジュアルパンツはコンプリートされていて

サイズ選びで困っている方は「アイアンハート」で探すと、大抵のボトムスは賄えます。


IRON HEART(アイアンハート)サージカーゴパンツ IH-706




股下  ★★★★★
希少度 ★★★★☆
価格  ★★★★☆

シルエットは、同じアイアンハートのチノパンに良く似ていて

アクセントとして、カジュアル・ドレスカーゴなどに多く見られる

マチなしポケットを付けた、カーゴ風チノパンと言った印象ですね

前身がダブルニー仕様になっているため、丈夫さにも磨きが掛かり

もともとバイカー御用達のブランドだけあって、随所に工夫が見られます。

カラーはオリーブとカーキの2色と少な目ですが、アメカジ系のトップスとも合わせやすく

スッキリとした中にもカーゴの無骨が見え隠れする、バランスの良い仕上がりです。

レングスは股下90cm前後あり、洗い済みのワンウォッシュ品のため

極端な縮みの心配もありません

ウエストは股上浅めのローライズ仕様ですが、前股上と後ろ股上の長さに差が設られているため

履き心地が良く、背中も出にくい作りになっています。


今回のモデルはダブルニー仕様の「IH-706」ですが、この他にシルエットの大変良く似た

「IH-705」と言うモデルがあります。

「IH-705」は更に丈夫なヘビーサージセルビッチ素材が採用されていて、価格も割高です

また、こちらもワンウォッシュ品で縮みの心配はありませんが

「IH-706」よりも若干レングスが短く、股下は87cmとなっています。

どちらにせよ、国産ブランドのカーゴパンツで、股下90cm前後のものは本当に珍しく

品質やレングスをトータルで評価した場合

両者とも国内最高峰のカーゴパンツに数えられるかもしれませんね。


ベーシックで癖の無い作りなこともあり、誰にでもおすすめ出来るカーゴパンツですが

やはり品質の良さに比例して価格もそれなりになってしまいます。

ですが、定番のヘビーローテーションとして飽きずに長く穿けるカーゴを探している方には

文句無しにおすすめ出来る逸品です。


▼アイアンハート公式ショップはこちら
REBIRTH






いつも応援クリック、ありがとうございます!!
トールサイズランキング人気ブログランキングblogramランキング参加中!