チノパン・カーゴパンツ (2) - トールサイズナビ

◆股下の長いチノパン『EDWIN(エドウイン)503 形状記憶 2タック チノパンツ』

今回は豊富なラインナップで知られる国産ブランド『EDWIN(エドウイン)』から

股下の長いチノパン・スラックスを紹介します。

このブログはトールサイズのトップスやボトムスをメインに扱っていて

ビッグサイズやラージサイズ、アメリカンサイズなどの

俗に言う「大きめサイズ」を話題にすることは殆どありません。

大きめサイズなんだから、全体的に作りが大きくなる筈で

当然、股下も長くなるのでは?と思うかもしれませんが

意外な事に、大きめサイズの股下の長さは通常サイズと変わりません

広告で頻繁に見掛けるような大きいサイズ専門店でも

股下84〜86cmが精々で、股下90cmに届くものは皆無です。

身長が高く体格も良い方にとっては、まさに二重苦ですが

今回はウエストサイズとレングスサイズの両方を満たした

少し大人向けのチノパンを紹介したいと思います。


EDWIN(エドウイン)503 形状記憶 2タック チノパンツ KT503




股下  ★★★★★
希少度 ★★★☆☆
価格  ★★★☆☆


スラックス系のチノパン


ビズスタイルにも使えるスラックス系のチノパンです

タック仕様になっているので、太ももの部分に適度なゆとりがあり

スポーツなどで大腿部の筋肉が発達している方でも余裕を持って着こなせます。

ウエスト部分の左右にはアジャスターが付いていて

サイズを最大で5cm調節することが出来ます

股上が深く着心地が良い点も含めて、ウエスト周りにはこだわりを感じますね。


サイズと仕様について


カラー展開は少なめで、カーキとベージュの2色のみです

腿やウエスト周りが工夫され、ストレスを感じない作りですが

ストレッチ素材を使うことで、更に着心地がアップしています。

生地には形状記憶加工が施されているので

シワになりづらく、洗濯を重ねてもセンタープリーツが消えません

スラックスのような見た目ですが、煩わしいアイロン掛けは不要です。

ウエストサイズはW29インチ(73cm)〜W46インチ(116cm)と幅広く

レングスは全サイズ共通の股下92cmとなっています

レングス股下92cmは、ジーンズのエドウイン503トールサイズに次ぐ長さで

エドウインのチノパンでは最長です。


実は2種類あります


今回紹介の「KT503」には見た目の良く似た2つのタイプがあり

価格や仕様が少しだけ異なっています。



一見すると全く同じに見えるのですが、こちらにはアジャスターが付いていません

サイズを調整できない分、アジャスター版よりもサイズ展開が広く

ウエストサイズは、W28インチ(71cm)〜W50インチ(126cm)となっています

カラー展開もこちらの方が多く、ブラックやオリーブを含めて4色ほどになります。

アジャスターがない分、少しだけ値段が安いですが

上記以外の違いはないので、お腹周りがやや気になり始めた方ならアジャスター付き

サイズが長年安定していて、ジャストサイズで着られる方ならアジャスター無し

そういった感じの選び方になるでしょうか。





いつも応援クリック、ありがとうございます!!
トールサイズランキング人気ブログランキングblogramランキング参加中!


◆股下の長いチノパン『SHIPS(シップス)SC COOLMAX カラーコードレーン ノープリーツパンツ』

今回は大人向けのアイテムが豊富なブランド『SHIPS(シップス)』から

股下の長いチノパンを紹介します。

もはや、ジーンズ以上に欠かせない存在となったチノパンですが

元々は軍パンだっただけに、本格的なものほど色合いが地味です。

安価で売られているカジュアル寄りのチノパンでは

カラーバリエーションの豊富な製品も少なくありませんが

股下の長い物はほとんど見付かりません。

今回は、せめて春夏向きのカラーだけでも探してみようということで

需要の多い、ホワイトカラー・白色系のチノパンを紹介してみたいと思います。


SHIPS(シップス)SC COOLMAX カラーコードレーン ノープリーツパンツ




股下  ★★★★★
希少度 ★★★★☆
価格  ★★★☆☆


スラックス系のドレスチノ


商品名にSCの2文字がある、SHIPS CASUAL(シップスカジュアル)のチノパンです

カジュアルラインとはいっても、シップスはやや大人向けのブランドなので

他のブランドのチノパンと比べると、スラックスのようなドレス系の趣があります。

シップスで定番人気商品となっているノープリーツパンツなので

穿き込むと、画像では薄っすら見えているセンタープリーツが徐々になくなり

カジュアルな着こなしが出来るようになります。


サイズと仕様について


生地は夏用の冷涼素材として定評のあるCOOLMAX製で

通気性の高い麻混紡になっています

縮みやシワに強い素材なので、キレイな見た目の割に手入れが楽です。

カラー展開は3色でレッド・ブルー・ベージュとなっていますが

どれもパステル調の白っぽい色合いで、特にベージュの場合は

ほとんどホワイトと変らない見た目になっています。

股上は浅く、すっきりと細身のシルエットです

裾が絞ってあるため、余計にシャープに見えますが

太ももの部分には余裕があり、動き易さも配慮されています。

肝心のレングスは、股下は90〜93cmとウエストサイズに比例して長くなり

ブランドのサイズ表では、全サイズ共通の股下91cmと表示されています

シップスは通常よりも股下が長いので、サイズで困ったときは頼りになりますね。


甲乙付け難い


このシップスのチノパンと良い勝負をしそうなのが

KAKEYA JEANSの「ハードウエポン5ポケットパンツ」でしょうか



細身でテーパード気味のシルエットが良く似ていますし

同じように白系がメインのカラーバリエーションです

レングスは股下87cmとやや短く、シップスのパンツには適いませんが

チノパンとしての作りはこちらの方が本格的です。

そこそこのレングスでオールシーズン着こなしたいなら、KAKEYA(掛谷)製

レングスが股下90cm必要で、夏に涼しく過ごしたいなら、SHIPS(シップス)製でしょうか?

どちらも夏に見栄えのするチノパンですが、甲乙付け難いものがありますね。






いつも応援クリック、ありがとうございます!!
トールサイズランキング人気ブログランキングblogramランキング参加中!


◆股下の長いチノパン『鎧(YOROI)ハイクオリティ ウエポンチノパン』

今回は謎のブランド『鎧(YOROI)』から、股下の長いチノパンを紹介します。

このブランド名を聞いたときに、超ヘヴィーオンスジーンズの黒鎧で知られる

アイアンハートに関連した新ブランドかと思ったのですが、特に繋がりはなく

調べてみても、スノーボード用のプロテクターブランドでしか情報は見付かりませんでした。

新ブランドなのか?、それとも既存ブランドの新ラインなのか?

正に謎のブランドと言った感じですが、ブランドポリシーはしっかりとしている様で

今回紹介するチノパンも有名処と真っ向勝負しても引けを取らない出来栄えになっています。


鎧(YOROI)ハイクオリティ ウエポンチノパン




股下  ★★★★☆
希少度 ★★★★★
価格  ★★★☆☆


カジュアル寄りのチノパン


ジーンズ以上に定番のアイテムとなっているチノパンですが

復刻やレプリカ系のミリタリー色の強いレトロな物から

センタープリーツが入ったドレスチノまでバリエーションは豊富です。

今回のチノパンは多少ミリタリー色は残しているものの

スッキリとまとまったカジュアル寄りの仕上がりになっているので

ジェルマーノやビルズカーキに代表されるドレスチノよりも着こなしの幅は広そうですね。


サイズと仕様について


素材はもちろんウエストポイントで生地の密度は相当な物です

ウエスト部分は股上やや浅め、シルエットはタイト目のストレートになり

カラー展開はチノパン本来の土系ベージュの一色のみの男らしさです。

レングスは全サイズ共通で股下89cmとギリギリ股下90cmに届かないものの

トールサイズのチノパンとして、十分な長さがあります

この製品はノンウォッシュ(未洗い)ということで、洗濯後の縮みが心配になりますが

リジッドデニムや他のコットン製チノパンとは異なり、生地が高密度になっているため

洗ってもほとんど影響を受けないそうです。


ライバルになりそうなチノパンは?


他に股下の長いカジュアル系のチノパンとなると

安定した人気を誇る、バズリクソンズのオリジナルスペックチノがあり

仕様もかなり似通ったものになっています。



鎧(YOROI)にとっては強力なライバルとも言える存在ですが

価格面ではバズリクソンズが有利、品質と作り込みでは鎧(YOROI)がやや上で

股下の長さは、ほぼ互角といった感じになるでしょうか?

ウエストサイズが小さくてもレングスがしっかり股下89cmある点など

細かい部分の違いをみると、長身でスリム体型の方は

鎧(YOROI)のほうがサイズを合わせ易いかも知れませんね。






いつも応援クリック、ありがとうございます!!
トールサイズランキング人気ブログランキングblogramランキング参加中!


◆股下の長いカーゴパンツ『BLUEWAY(ブルーウェイ)ビンテージダック ライディングパンツ M1800』

今回はセミトールサイズですっかり定番のブランド『BLUEWAY(ブルーウェイ)』から

股下の長いカーゴパンツを紹介します。

股下90cmを超える物は滅多にありませんが、ブルーウェイのボトムスには

股下85〜89cmくらいのセミトールサイズが多く見られます

今回のカーゴパンツを含め、ボトムスの種類が豊富にあり

サイズ不足の影響で単調になってしまいがちな普段の着こなしに

変化を付けてくれる有難いブランドと言えるでしょうか。


BLUEWAY(ブルーウェイ)ビンテージダック ライディングパンツ M1800




股下  ★★★☆☆
希少度 ★★★★☆
価格  ★★★☆☆


カーゴパンツ風のカジュアルパンツ


正直、カーゴパンツとしての特徴は薄く

大き目のフロントポケットとフラップ付きのバックポケットが

なんとなくカーゴパンツ風に感じさせるデザインになっています

ライディングパンツの名前が付いていることからも分かりますが

実際はバイカー仕様のカジュアルパンツで

前かがみになった時や膝の曲げ伸ばしの時に

ストレスを感じない工夫が随所に見られ、大変動き易く作られています。

正面から見た場合と側面から見た場合の印象にややギャップがあり

正面からは、良い意味で男臭さを感じさせますが

側面から見ると、スッキリとした現代風の表情が伺えるようになっています。


仕様とサイズについて


カラー展開は4色で、それ以外にホワイトを取扱っているショップもあるようです

生地はザックリとした表情のビンテージダッグで、綿100%のノンストレッチ仕様ですが

膝部分にダーツが入っているので軽い着こなしが出来ます。

レングスは全サイズ共通の股下86〜87cmのセミトールサイズとなり

カーゴパンツとして見た場合は長めの部類に入りるでしょうか

本格的なジーンズと同じ綿100%ということで洗濯による縮みが気になりますが

ワンウォッシュ済みなので、これ以上縮んでしまうことは無さそうですね。


バランスの良い仕上がり


ゆったりとした着心地とスッキリとした見た目がバランスよく同居していて

シルエットの良さも含め、完成度の高いパンツに仕上がっています。

オールシーズン着られるパンツですが、これからの季節は

Tシャツなどのシンプルなトップスが良く合いそうです

カーゴ・ライディングパンツですから、どうしてもブーツと合わせたくなりますが

カジュアル寄りの作りなので、スニーカーの方が相性が良いかもしれませんね。






いつも応援クリック、ありがとうございます!!
トールサイズランキング人気ブログランキングblogramランキング参加中!


◆股下の長いカーゴパンツ『Dickies(ディッキーズ)匠プロジェクト サテンカーゴパンツ』

今回はアメカジの定番人気ブランド『Dickies(ディッキーズ)』から

股下の長いカーゴパンツを紹介します。

トールサイズのカーゴパンツを紹介するのは久々になるでしょうか?

このブログを始めた当初は、トールサイズのジャージ探しに苦戦していましたが

気が付くと最も探し辛いのはメンズ用のトールサイズカーゴパンツになっていました。

トールサイズとして判断するレングスの基準も

チノパンやジーンズと比べて、股下84cm以上と甘めに設定していますが

それでも、滅多に満足できる物には出会えません。

今回はレングスでは多少物足りませんが、良い意味でディッキーズっぽくない

上質なカーゴパンツを紹介してみたいと思います。


Dickies(ディッキーズ)サテンカーゴパンツ 10P05Apr14M




股下  ★★★☆☆
希少度 ★★★☆☆
価格  ★★★☆☆

ディッキーズの匠プロジェクトとは?


ディッキーズにはアメリカ本家の製品ライン以外にも

日本でしか販売されていない、独自の製品ラインがあることが知られていますが

今回のカーゴパンツを含む「匠プロジェクト」では

さらに一歩踏み込んだ日本独自の製品が展開されています。

「匠ライン」とも呼ばれ、国内にある5つの工房が中心となり

素材はもちろん、縫製や細かな加工まで拘って作られています

その分、価格的にもやや割高になってしまうのですが

従来のディッキーズ製品とは、明らかにレベルの違う

上質さと着心地の良さが、しっかりと感じ取れます。


サイズと仕様について


紹介のカーゴパンツはコットン100%でチノパンライクな素材感ですが

ストレッチ素材で動き易さを重視した別バージョンも

「サテンストレッチカーゴパンツ」の名前で製品化されています。

カラーバリエーションはノーマルが2色、ストレッチが4色となり

どちらもディッキーズではお馴染みのカラーです。

レングスはウエストサイズに比例して股下が長くなるタイプで

最短の股下83.5cmから最長の股下86.5cmまでと幅があります。

冒頭でも触れた通り、カーゴパンツは総じてレングスが短めです

トールサイズを探している方にとってはやや物足りない長さに感じるでしょうが

シルエットが細身にシェイプされたナロータイプなので

通常のボトムスよりもレングスを必要とぜず

股下88cmぐらいの方でも問題なく穿けます。


どうしても股下の長いカーゴパンツが必要な方には


カーゴパンツには、大きく分けて@ミリタリーAカジュアルBドレスの3種類があり

今回のカーゴパンツはAのカジュアルにあたります。

レングスはドレス>カジュアル>ミリタリーの順番で長くなり

ミリタリーカーゴでレングスの長いものは殆ど存在していないので

探すのは困難を極めるでしょう。

私の知る限りで、最も股下の長いカーゴパンツは

RED KAP(レッドキャップ)製の裾未処理品です。



パッと見は確かにカーゴパンツなのですが、同社のワークパンツに

ポケットを申し訳程度に付け足したような作りになっていて

ミリタリーチックなカーゴパンツらしさには、やや掛ける印象があります。

シルエットはどっしりと太めですが、ミリタリーよりも

カジュアル寄りの着こなしが好みの方には、文句のない選択肢かもしれませんね。






いつも応援クリック、ありがとうございます!!
トールサイズランキング人気ブログランキングblogramランキング参加中!