ジャージ・スウェット (2) - トールサイズナビ

アディダスの人気スキニージャージ『Tiro13』について

adidas_Tiro_13.jpg
参照元:adidas US

最近ではジーンズはもちろんの事、チノパンやその他カジュアルパンツの多くが

ナローやテーパード、スキニーと呼ばれる細身のスッキリとしたシルエットになっています。

その流れが、スポーツウェアの代表格とも言えるジャージにも到来している様で

「スキニージャージ」と呼ばれる新しいタイプのジャージが人気を集めています。


スキニージャージとは?


ジャージと聞くと、体の線が出づらいラフなシルエットをイメージしますが

冒頭の画像からも見て取れるように、スキニージャージは

膝から下がテーパード状に絞られている特徴があります

他にも、通常のジャージより股上が深いという特徴もあるのですが

ジャージは元々股上が深いので、あまり強い印象は受けませんね。

タイツの様なタイトさにジャージのラフさを適度にプラスした

新しいタイプのジャージと言えますが

もともとはサッカー用のジャージで正式名はアディダスフットボールの

TIRO 13 TRAINING PANTS(トリオ サーティーン トレーニングパンツ)です。

人気に火が付いたのが米国のNYと言う事もあり

今現在、国内に出回っているアディダス製スキニージャージの全てが

アメリカからの並行輸入品で、サイズも米国仕様になっています。


アディダス「Tiro 13」スキニージャージのサイズ


トールサイズをメインに紹介しているこのブログとしては

米国製ジャージのサイズ感が非常に気になる所ですが

全体的に日本のジャージよりもワンサイズ大き目の作りになっているようで

普段Mサイズを着用している方なら、米国製はSサイズで調度良い感じになります。

肝心のレングスですが、ご存知の通り日本で販売されているジャージは

JASPO規格に則って作られているため、股下の長いジャージは非常に少ないです

日本独自のJASPO規格に縛られない米国サイズとあって期待が膨らみますが

メンズのMサイズで股下が30.5インチ(77.5cm)

レディースのMサイズで股下が31インチ(78.5cm)で

レディースのほうが少しだけ股下の長い仕様になっています

ウエストサイズに比例してレングスも長くなり、どちらもLサイズで股下80cm前後となりますが

サイズ別で大きくレングスは変化せず、どのサイズでも股下の長さは平均的です。

因みにJASPO規格で股下80cmを超えるためには、メンズでLL(O)サイズ以上が必要になりますし

レディースにいたっては最大サイズでも股下80cmを超えることは稀です

米国サイズの割に股下が短いと感じるかもしれませんが、それは普通のジャージの場合で

スキニージャージは裾周りのバタつき無くし、足元をスッキリとさせ

画像のように踝(くるぶし)に軽く裾が掛かる感じの着こなしになるので

普通のジャージよりも6〜10cm程度はレングスが短くて済みます

前回の記事で紹介したジョガーパンツと同様に

スニーカーに干渉しないような配慮が見て取れますね。


日本でのスキニージャージの取扱いは?


スキニージャージの紹介で軽く触れましたが

アディダスのスキニージャージこと「TIRO 13 TRAINING PANTS」は

日本で正式販売されていません。

adidas USでは45ドルのお手頃価格で販売されていますが

国内で手に入る並行輸入品は¥10000前後と結構な値段になります。

国内での販売開始まで待つという手もありますが、販売される確証はありませんし

仮に発売されても、サイズがJASPO規格にローカライズされてしまうので

サイズ面での恩恵を受けたい場合は素直にUSモデルが良さそうです。

因みにショッピングサイトで「アディダス」「TIRO13」で検索すると

良く似たジャージが大量に見つかります

ですが、これは全くの別物のアディダス製スウェットパンツで

股下の長さも裾周りの作りも普通のジャージと同じ

従来型のサッカー用スウェットジャージなので、間違えないように注意しましょう。


少し似ているアディダス製スウェットパンツ


取扱い数が非常に少なく、あまり見掛けない商品なのですが

スキニージャージに良く似たテイストのアディダス製のスウェットジャージがあります。

adidas_sweat_pants.jpg

人気のジョガーパンツを意識した作りのスウェットジャージで

レングスはサイズ別に股下73〜77cm程です

スニーカーとの相性はかなり良く、カラーもそうですが

アディダス特有の三本線もスキニージャージと共通していますね。

何故か取扱店が極端に少なく、アディダスの公式くらいでしか見掛けません

アディダスジャパンがスキニージャージの需要について

チョットだけ探りを入れているのではないかと勘繰ってしまいます。


参照元:adidas Online Shop







いつも応援クリック、ありがとうございます!!
トールサイズランキング人気ブログランキングblogramランキング参加中!


◆股下の長いジャージ『Slattgir.(スラットジール)FILA吸汗速乾パンツ トールサイズ』

今回はレディーストールサイズの定番ブランド

ニッセンの『Slattgir.(スラットジール)』から、股下の長いレディースジャージを紹介します。

レディースのトールサイズでは、他の追随を許さないニッセンですが

選択肢の少ないトールサイズジャージも例外ではなく

サイズ選びに悩む女性にとって、駆け込み寺の様な存在でした。

しかし、スポーツ的にシーズンオフにあたる

去年の10月を境に、トールサイズジャージが激減し

股下80cm以上のレディースジャージは見当たらなくなってしまいました。

このまま取扱いが永遠に無くなってしまうのでは?と心配していたのですが

スポーツが本格的に楽しめるようになる季節になったこともあり

ようやく復活の兆しが見えて来たようです。


Slattgir.(スラットジール)FILA吸汗速乾パンツ


Slattgir.(スラットジール)FILA吸汗速乾パンツ
参照元:ニッセン

股下  ★★★★☆
希少度 ★★★★☆
価格  ★★★☆☆


定番のFILA製レディースジャージ


去年のトールサイズジャージもFILA製が目立ちましたが

今年もトールサイズスポーツウェアの主役はFILAのようです

FILAのレディースジャージは、ニッセン以外の大手通販でも取扱いが見られ

それ程珍しい存在ではないのですが、サイズは標準的な物が殆どで

ロングサイズを謳っている製品でも、レングスは股下78cmが精々です。

股下の長いトールサイズはニッセンでしか取扱いがなく

Slattgir.(スラットジール)の名を冠しているだけに

ニッセンだけの、特別仕様と言えるかもしれませんね。


サイズと仕様について


カラー展開は少な目で、ブラック×パープルとネイビー×ピンクの2色があります

サイドラインにビビットな色が施され、派手過ぎず良いアクセントになっています。

ウエストサイズは55〜94cmまで対応し、トールサイズとしてだけでなく

大きいサイズとしても十分余裕がありそうですね

股上もやや深めに設定され、腰周りが落ち着かないと言ったことも無さそうですし

スポーツウェアには必須な、吸汗速乾機能もしっかりと備えています。

肝心のレングスですが、全サイズ共通の股下82cmです

去年のモデルが股下84〜86cmだっただけに、やや短く感じてしまいますが

股下78cmでロングサイズ扱いになってしまうレディースジャージでは

股下80cmを超えているだけで、十分な長さと言えます。


セットアップについて


上下で揃えたい方の為に、同色・同素材の「FILA吸汗速乾パーカ」があります。

FILA吸汗速乾パーカ

こちらのトップスもトールサイズ規格となっていて

最も小さいサイズでも、着丈が70cmあり

通常のパーカーよりも長めに作られています。

トールサイズの製品でも、トップスだけ通常サイズと言うものが多い中

セットアップの上下共に、しっかりとロング丈なのは珍しいかも知れませんね。

上下別々に揃えなければならない点に、面倒臭さを感じるかもしれませんが

自身の体型や着こなしの好みに合わせて、別々に選べるのは逆に有難いでしょうか。


ニッセンでの取扱いは恐らく秋まで?


去年を参考にすれば、取扱期間は9月か10月くらいまでになりそうです

この時期を過ぎると、ジャージなどのスポーツウェアは極端に減り

部屋着などのルームウェアの取扱いにシフトして行きます。

ニッセンは、通販業界随一と言われるほど、トールサイズのラインナップが豊富ですが

レディースがメインのため、メンズの様に一年を通して買える定番商品は少なく

ニーズに合わせ、シーズン毎に大半の商品が入れ替わってしまいます

本格的なスポーツなどで、年間を通じてジャージを利用される方は

買い時を逃さないように、注意したほうが良いでしょう。







いつも応援クリック、ありがとうございます!!
トールサイズランキング人気ブログランキングblogramランキング参加中!


◆股下の長いジャージ『PUMA(プーマ)トレーニングホッピングパンツ』

今回はドイツのスポーツウェアブランド『PUMA(プーマ)』から

股下の長いジャージを紹介します。

プーマはアディダスと同じドイツ発祥の世界的ブランドで

アディダスよりも後発になりますが、創業者はアディダス創業者の兄です。

この話だけ聞くと、いわゆる兄弟企業で仲が良さそうに感じてしまいますが

兄弟仲は悪く、創業初期は苛烈な競争が行われていたそうです。

プーマと聞くとサッカー用品のイメージが強く、今回紹介のジャージも

サッカーやフットサル用のトレーニングウェアと言う分類で販売されているので

それらの専用のジャージと勘違いしてしまいそうですが

他のスポーツはもちろん、部屋着・ルームウェアとしても十分に利用出来る作りになっています。


PUMA(プーマ)トレーニングホッピングパンツ




股下  ★★☆☆☆
希少度 ★★★☆☆
価格  ★★★☆☆


ホッピングパンツとは?


紹介のジャージにはホッピングパンツと言う、ちょっと聞きなれない名前が付いています

スポーツ用のトレーニングパンツでは

パンツの裾部分が開放されている物をストレートタイプと呼び

裾部分が紐やリブで絞られている物をホッピングタイプと呼びます。

もちろんこのジャージは後者にあたり、見た目はスウェットパンツによく似ています

裾周りがスッキリしているので、激しい動きでも裾がまとわり付く事が無く

スニーカーはもとより、ハイカットやミッドカットのシューズと干渉し辛い利点もあります。


サイズと仕様について


素材も含めて一般的なジャージと大差はありませんが、吸汗速乾性には非常に優れています

ホッピングパンツの形状から、着こなしはスウェットパンツと共通しますが

ジャージ素材で作られているので、洗濯による縮みや毛玉が出来るなどの

スウェットパンツにありがちな欠点とは無縁です。

スポーツ用途でも、ルームウェアとして利用した場合でも

サラッとした着心地が持続しそうですね。


サイズはS〜XOの5段階で女性も着用できるユニセックス用として販売されています

カラー展開は7色前後で、上下セットアップで揃えたい方の為に

862200と言う型番のトレーニングジャケットが販売されていています

ジャケット限定で、小柄な女性でも着られるようにSSサイズが加わっていますね。


ホッピングパンツの隠れた利点


非トールサイズジャージとなると、やはり気になるのが股下の短さですよね

メンズのJASPO規格では、Oサイズ(LL/2L/XL)でも股下80cmに届かず

股下80cmを超えるには、殆どのメーカーでXOサイズ(3L/XXL)が必要になります

XOサイズであってもレングスは股下83cmが精々でレングスに合わせたサイズ選びをすると

細身で背の高い方や脚の長い方は、ウエスト部分が大きくなり過ぎて不恰好になってしまいます。

日本国内のジャージがJASPO規格で作られている以上、避けられない仕様ですが

ポッピングパンツにはちょっとした抜け道があるのです。


冒頭でも触れましたが、ホッピングパンツの見た目と着こなしはスウェットパンツとほぼ同じです

スウェットパンツは足首周りや踝(くるぶし)よりもやや上のレングスで着こなすのが普通で

通常のパンツと比べると、レングスが5〜8cmほど短い作りで済みます。

普通は短く作られているはずのホッピングパンツなのですが

何故かこのタイプのパンツまで、後生丁寧にJASPO規格に則って作られているのです。

紹介のパンツのサイズ別のレングスは以下のようになりますが


Sサイズ 70cm Mサイズ 73cm Lサイズ 76cm Oサイズ 79cm XOサイズ 82cm


ストレートタイプのジャージと比べると少しだけレングスに余裕が産まれるので

股下79cmのOサイズの場合ならプラス5cm前後の股下84〜86cmくらいの方でも

十分に穿けるサイズとして扱うことが出来る様になります。


サイズが合えば悪くない選択支


ホッピングパンツはストレートタイプのジャージと比べると

見た目が特徴的なので、好みが分かれるかも知れませんが

最も需要があり、かつ最も不足しているサイズ帯である

股下83〜86cmのトールサイズジャージの代用として十分活用できます。

流石に股下90cm前後のジャージが欲しい方には

以前に紹介したアシックスのトールサイズジャージを薦めますが

程々で十分な方には、探し易く手に入りやすい選択肢と言えます

プーマに限らず、他のメーカーでもホッピングパンツの取扱いは比較的多いので

カラーリングや素材など、皆さんの好みで探してみてはいかがでしょうか。








いつも応援クリック、ありがとうございます!!
トールサイズランキング人気ブログランキングblogramランキング参加中!


◆股下の長いスウェットパンツ『gym master(ジム マスター)ピグメントスウェット ケーブルニット切り替えパンツ』

今回はカナダ発のアスレチックブランド『gym master(ジム マスター)』から

股下の長いスウェットパンツを紹介します。

ジムマスターはアウトドアにも対応したニットやスウェット製品に定評があり

温かく柔らかい独特の着心地から、高いリピート率を誇っています

一度でも着てしまうと手放せなくなる、大変魅力あるブランドなのですが

日本国内では「株式会社グランド・ワン」がライセンス生産・企画を独自に行っているためか

評価の高いスウェットなどのアスレチックウェアよりも

派手なカラー切り替えやインパクトの強いデザインで注目を集める

リュックやボディバックの方がプッシュされている印象です。

特大のZIPが施された「メガZIP」シリーズは男女を問わない人気があり

全国展開しているヴィレッジヴァンガードの店頭で積極的に取扱われているので

皆さんも、一度は目にした事のあるブランドかも知れませんね。


gym master(ジム マスター)ピグメントスウェット ケーブルニット切り替えパンツ




股下  ★★★☆☆
希少度 ★★★★★
価格  ★★★☆☆


スウェットパンツのサイズ感について


スウェットパンツを紹介する際には、必ず注意書きをしていますが

通常のパンツとスウェットパンツでは必要とされるレングスが異なります。

スウェットパンツには裾が絞ってあるリブタイプの物とそうでないものの2種類があり

裾リブタイプの方がより顕著ですが、通常よりもレングスが短い場合が殆どです。

基本的にスウェットはどちらのタイプであっても、踝(くるぶし)よりも上か

やや被る程度で着こなすのが正しく

通常のパンツの様な長めのサイズは元から存在していません。

目安として、普段穿いているパンツの股下が90cmならば

スウェットは股下83〜85cmぐらいが適切で

床から踝までの高さを普段のレングスから引いた位が、調度良いサイズと言えます。

また、股上の深さもポイントになり

スウェットパンツやジャージなどは30cm前後と、十分に股上が深く

ゆったり穿くとウエストの位置が下になるため、レングスに短さを感じない事が多いです。

こういった点で見ると、スウェットパンツで股下88cm以上が必要になる方は

相当に脚が長いと言う事になるでしょうか。


サイズと仕様について


全体のシルエットは、以前に紹介したLeeのスウェットパンツに良く似ていて

裾を絞らないで着た場合は、若干シューカット気味の見た目です。

カラー展開は全5色で、ピグメント加工が施さされた生地は

スウェット特有の小慣れた感じに仕上がっていますね

股の部分には、クライミングパンツに見られる様なガゼットクロッチがあり

ケーブルニットの素材切り替えが良いアクセントになっています

元々スウェットは動き易い素材ですが、更に開脚が楽になりそうですね。

サイズはMとLのみで、レングスはそれぞれ股下79cmと股下85cmです

通常のパンツのサイズ感に照らし合わせると、Mサイズは股下86cm位までの方

Lサイズは股下90cm位の方が適正サイズになりそうですが

股上が両サイズ共に30cmオーバーと余裕があるため、意外ににゆとりを持って穿けそうです。


セットアップもあり


上下セットで揃えたい方の為に、同素材のプルオーバーパーカーと

フードの無いトレーナータイプの2種類があります

どちらも、ボトムスと同じピグメント加工が施されてるので統一感は抜群ですが

上下のカラーを別々にした、アクセントのある着こなしも面白いかもしれませんね。


ジムマスターのスウェットパンツは、シーズン毎にリリースがありますが

冒頭で触れた通り、バックなどに比べると流通量が少ない印象があります

新作が出てもすぐに売り切れになってしまうことが多く、今回の製品も例外ではありません。

幸いなことに、製品個別の流通量は少なくても

ジムマスターのスウェットパンツ自体は、かなりバリエーション豊かです

全体的に通常のスウェットよりもやや長めの作りなっているので

買い逃してしまった方は、同じジムマスターの別モデルを探すのが良いかも知れません。








いつも応援クリック、ありがとうございます!!
トールサイズランキング人気ブログランキングblogramランキング参加中!


◆股下の長いジャージ『UNDER ARMOUR(アンダーアーマー)UA スカイロシティパンツ』

今回は機能性ジャージで人気の『UNDER ARMOUR(アンダーアーマー)』から

股下の長いメンズジャージを紹介します。

メンズ・レディースを問わず、トールサイズのスポーツウェアやトレーニングジャージは

本当に数が少なく、背の高い方や脚の長い方が体型に合ったジャージを探すとなると

思っていた以上の苦労を強いられます。

需要の多い、股下86cm前後のサイズや股下90cmを超える特殊サイズのジャージは

股下の長いジャージ『おすすめランキング』で幾つか紹介していて

大抵の方なら、上記で紹介しているジャージで十分に賄えてしまいますが

今回は少し見方を変えて、レングスも含め全体的に体格の良い方に対応できる

股下長めのメンズ用ジャージを紹介したいと思います。


UNDER ARMOUR(アンダーアーマー)UA スカイロシティパンツ MTR5924




股下  ★★★☆☆
希少度 ★★★☆☆
価格  ★★★☆☆


JASPO規格の目安になるサイズ感


紹介ページにあるサイズ表を見るとわかると思いますが

LG・XLサイズまでは、よくあるジャージのサイズ感ですよね

当然と言えば当然ですが、日本スポーツ用品工業協会が定める

JASPO規格に則ったサイズで製造されている為、ウエストサイズの割にレングスは短めです。

このJASPO規格による縛りがトールサイズジャージが少ない理由になっている上に

JASPO規格には股下(レングス)についての明確な指標がありません

各製品のサイズ表にも殆ど記載されておらず、不透明な部分が多いですが

私の経験上、どのスポーツウェアメーカーであっても

レングスが股下80cmを超えるのはXLサイズぐらいからです。

XL以上の大きいサイズになると、レングスにメーカーごとに若干の違いが出始めるのですが

今回のアンダーアーマーは、不親切表記の多いJASPO規格を知る手掛かりとなる

標準的なサイズ感をしていますね。


サイズと仕様について


すでに触れましたが、XLサイズ位までは極々一般的なジャージです

XXLから4XLまでが、トールサイズとして実用に耐えられるレングスで

それぞれ股下83〜87cmとなっていますが、ウエストサイズも比例して大きくなってしまいます。

細身で長身の方が着用するには向いていないサイズ感ですが

身長や股下以外でも体格に恵まれた、アスリート体型の方なら

本格的なスポーツ用途はもちろんですが、ルームウェアとしても十分なジャージです。

カラー展開は全4色でメインカラーが黒色の物が3タイプと紺色の物が1タイプあり

カラーリングや素材が共通のジャケットも別にあるので、上下セットアップでの使用も出来ます。


年中着られるオールシーズンギア


以前にアンダーアーマーのレディース向けのトールジャージを紹介した際に説明しましたが

アンダーアーマーは使用する環境や気温によって作りや素材が異なる面白い特徴があります

今回のジャージは「オールシーズンギア」に分類されるので

その辺りの細かい違いは気にせず、一年を通して使用することが出来ます。

ゆとりのあるジャージよりも、体にフィットするようなスポーツ用アンダーウェアが

有名なメーカーですが、夏場に快適にスポーツが出来る「ヒートギア」などは

一度は試してみたい気持ちにさせてくれますね。








いつも応援クリック、ありがとうございます!!
トールサイズランキング人気ブログランキングblogramランキング参加中!