コスパ最強と噂のユニクロシームレスダウンを試してみた感想 - トールサイズナビ

コスパ最強と噂のユニクロシームレスダウンを試してみた感想

ユニクロシームレスダウンパーカ
参照元:ユニクロ


私は冬場でもウォーキングやツーリングを頻繁にするので

アウターは防風性のあるソフトシェルやハードシェルに

フリースを組み合わせて使っています。

透湿性があるので汗抜けが良く、汗冷えもしないので大変重宝しているのですが

ちょっとした外出やカジュアルな場面では少し場違いな感じになり

外食時に脱き着する場面でも、少し面倒臭さを感じていました。

今年は既にアウターを新調しているので、あまり予算は掛けられませんでしたが

カジュアルかつ気軽に使えるアウターとしてダウンジャケットの購入を決め

色々と物色していると、去年(2015年)からユニクロで販売され

やたらと評判の良い、シームレスダウンが目に留まります。

見た目はここ数年人気を集めているNANGA(ナンガ)とアパレルブランドがコラボした

オーロラダウンジャケットを意識したデザインで

シルエットが野暮ったかった今までのユニクロのダウンとは一線を隔し

しかも価格はナンガのコラボダウンジャケットの半分以下というコスパの良さです。

ユニクロのアウターは他の人と被りやすいと言う欠点が頭をよぎったものの

評判の良さと価格の安さには勝てず、試しに購入してみました。



ユニクロシームレスダウンの感想


ユニクロシームレスダウンパーカ2色


ユニクロのシームレスダウンにはパーカ・コート・ロングコートの3種類があり

私は一番カジュアルなシームレスダウンパーカを選び

カラーは6色の中から今年の新色となるダークグリーンに決めました

色によっては裏地と表地の配色が異り、そのあたりは好みが分かれそうな気がします。

サイズには最後の最後まで悩み、購入時に何度も試着しましたが

実際に着用したときの防寒性が不明だったため

保険としてインナーで暖かさを調節できる様に、若干大きめのLサイズを選びましたが

スッキリと着こなす場合はMサイズでも十分なサイズ感です。

ダウンジャケットには総じて言えることですが、やはり何時も着用している

アウターよりも格段に軽く、軽すぎて不安を感じるほどです

シルエットを重視した作りなので、ダウン封入部は嵩張るボックスキルトではなく

シングルキルト仕様で、シームレスダウンだけに一切縫い目がありません

縫い目が無いので風が入り込まず、羽毛も抜け出づらいそうですが

光沢を抑えた生地感も相まって和紙の様なカサカサした手触りです。

ユニクロ製ダウンの品質は640フィルパワーと公表されていますが

このシームレスダウンは公式なデータがなくフィルパワーが不明なままです

防風性が従来よりも高い分、スペックが抑えられている気もしますが

着用しても安物ダウンのようなチープ感はなく

背中や腕回りと比べて、正面部分のロフトが若干弱く感じる程度です。



シームレスダウンのココが良い!!ココが残念!!


シームレスダウンパーカの細部


実際に半月ほど外出時に使ってみましたが

予想以上に防風性が高く、普段使いのソフトシェルジャケットよりも確実に上です。

また、ポケットのハンドウォーマー機能が素晴らしく

ポケット内部がフカフカと起毛したヒートテック素材なので

そのまま手を入れておくだけで寒さを感じず、手袋が用無しになりました。

整った見た目も含めて、フードまわりの作りが秀逸で

正面のファスナーをかなり下げても

襟がキレイに立ち上がったままなのが凄くイイです

フード自体もサイズ調整が可能ですし、フードにもダウンが封入されているので

風の強い時や積雪のあるときには、熱の逃げやすい頭部をしっかりと包み込んでくれて

思ってい以上に出番が多かったです。

ここまでコスパが良いと欠点を挙げるのが憚られますが、細かな不満も当然あります

冬用のアウターなのに、ジッパー部分にシップタイが付いておらず開閉に多少手間取ります

また、普段は隠れて見えない袖口がリブになっているのですが

よくイメージされるリブとは異なり、ストレッチ性のある布を

二重にしているだけの作りなので、着用時に妙なズレが出来ます。

裾部分には、熱を逃がさないようにサイズ調整用のドローコードが設けられていますが

作りがチープで、裏地のぺラさも含めて耐久性に若干不安を感じるでしょうか。

ドローコードはフードのサイズ調整用にも設けられていますが

左右にあるコードストッパーがよくあるプッシュタイプではなく

一体成型の簡易タイプなので慣れないと使いづらいです

ダウンは熱を逃がさないようにするのが常識ですが

フード調節時に余ったコードが、正面のジッパーを下げて

懐に手を突っ込まないと、上手く整えられないのもマイナスでしょうか。

不満点は細部の使い勝手やパーツの耐久性の部分に集中していて

この辺は流石にアウトドアメーカーではないユニクロには

まだまだノウハウが足りていない印象を受けます。



実際の防寒性と使い勝手


私は12月に積雪のある北国に住んでおり

実際に着用した半月の間に、気温10度の穏やかな日もあれば

気温0度の雪の吹き荒ぶ日もありました。

結果として、防寒性には十分に合格点があげられます。

気温5〜10度くらいなら多少風が強くても、インナーに厚着する必要は全くありませんし

気温0度で積雪ありの強風でも、ロフトのやや薄い正面に少しだけ冷気を感じる程度で

それもインナーをすこし厚手にするだけで殆ど感じなくなります。

ただし、あくまでもカジュアル用途のダウンジャケットなので透湿性が全くありません

大量の汗を伴う場面には向いていないので、その辺には注意したほうが良いでしょう。

防寒性に不安があったためLサイズを選んだのですが、過剰なインナーは必要なく

身長180cm体重65s前後の私の体型ではMサイズがジャストでした。

サイズが大きいほど裾まわりの遊びが大きなり

せっかく溜め込んだ暖かい空気が逃げてしまいます。

シームレスダウンに限らず、ダウンジャケットはドローコードで少しだけ裾を絞って

腰まわりにしっかりとフィットするくらいが調度良いと思います。



ユニクロ製アウターが他人と被るのを防ぐには?


もはや国民服ともいえるユニクロは

他人と服装が被りやすいという、微妙に嫌な欠点があります。

今回のシームレスダウンもそのあたりが少し気になったのですが

色々と調べてみると、この問題を上手く解決している先人の方がいらっしゃいました。

前項でシームレスダウンのジッパーにはジップタイが無いと指摘しましたが

その欠点を逆手に取り、市販のジップタイを後付して個性を出しています。

そのくらいで何とかなるの?と思うかもしれませんが

首元にワンポイントの指し色が入り、脱ぎ着も楽で使い勝手も向上します

私は左右のポケットと正面のジップに取り付けましたが

モノによっては安価に手に入るので、アウターが他人と被るのが嫌な方は

試し見る価値がある方法だと思います。






まとめ


細かな不満点はあるものの、個人的にかなり気に入ってしまった

ユニクロのシームレスダウンパーカですが

その後、ライトグレーのMサイズを追加購入してしまいました。

ユニクロは季節品を大胆に割引するので年末年始から2月頃までは

1万円以下で購入出来るチャンスが目白押しです。

あくまでもタウンユースが前提なのでアウトドア用途には使えませんが

透湿性がありシームレスダウンと似たようなダウンジャケットを探している方には

モンベルのパーマフロストライトダウンパーカがオススメでしょうか

低価格な上にダウンも800フィルパワーと高品質で暖かく

見た目もスッキリと細身なので、街着用としても十分に役立ってくれます。








いつも応援クリック、ありがとうございます!!
トールサイズランキング人気ブログランキングblogramランキング参加中!



この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

この記事へのトラックバック