モンベルなのに細身でイイ!!新パウダーシェッドパーカの感想 - トールサイズナビ

モンベルなのに細身でイイ!!新パウダーシェッドパーカの感想

モンベルパウダーシェッドパーカ2016秋冬
参照元:mont・bell


私事になりますが、毎年この時期になると

北国住まいの悪癖からか、必ずアウターを新調してしまいます。

着々とオヤジ化している影響でファッション性よりも機能性重視の方向になり

ここ最近はマウンテンパーカやソフトシェルジャケットばかり着ている感じですが

今年はじめに自転車デビューしたこともあり

今までよりも防寒性や防風性の高いアウターが必要になってきました。

昨年はシルエットやフードまわりが最高なホグロフスのソフトシェルジャケット

一昨年は抜群に着心地の良いフーディニの高級フリース

使い勝手の良いアークテリクスのソフトシェルジャケットなど

街着としても使えそうなアウトドア系アウターについて

購入するたびに、着心地やサイズ感を記事にしてきましたが

今年私が購入したのは、価格の割に高い防風性を誇る

モンベルのパウダーシェッドパーカです。


パウダーシェッドパーカの感想


モンベルパウダーシェッドパーカ2016秋冬カラーバリエーション


パウダーシェッドパーカを選んだ理由


実を言うと、このパウダーシェッドパーカは2年前にマウンテンパーカにハマってから

個人的にずっと気になっていたアウターです

ですが、好みのカラーであるホワイト(ライトグレー系)がレディースにしかない上に

細部の作りやシルエットにモンベル特有の野暮ったさがあったので

毎年候補には上るものの、購入には至らないでいました。

ところが、2016年秋冬のメンズモデルに待望のホワイトがラインナップされ

シルエットも細身にシェイプされるという、願ったり叶ったりの展開になりました

リニューアル前から防風性の高さは折り紙付きなので即購入を決定しましたが

メンズ・レディース共に今年のカラバリエーションには少し癖があり

ホワイトとブラック以外は街着として使いづらいかも知れませんね。


パウダーシェッドパーカの着心地とサイズ感


さて、実際に着用した感想ですが

防風フィルムを挟んだ3層構造の生地は思っていたよりも薄く

しっとりとした手触りと適度な厚みのあるソフトシェルジャケットとは

やや異なる手触りで、若干カサカサしています。

生地にはストレッチ性があり軽量かつやや薄い作りなので

インナーに厚手のフリースなどを重ね着すると肩まわりのシルエットが崩れやすく

街着としての見栄えを損ねるかも知れません

防寒目的で厚手の中間着を使う予定のある方はワンサイズ上がおすすめでしょうか。

至近距離で勢い良く息を吹きかけると、フィルム無しのソフトシェルジャケットでは

僅かに風が通るのを感じますが、流石にパウダーシェッドパーカは全く風を感じません。

前述の通り、今期のモデルから身幅がシェイプされ

着丈73cmはそのままに、Mサイズで120cmあった身幅が114cmと細身になり

モンベル製ということで諦めムードだったシルエットがかなり改善されています

実際に袖を通してみても、ウエストまわりがダブつくような事は無く

海外製のソフトシェルと比べても遜色ない仕上がりと言えます。

全体的に着丈以外がワンサイズ分小さくなり、スッキリとした見た目になりましたが

唯一残念なのは、裄丈が1.5cmほど短くなってしまった点でしょうか

Mサイズで84cmなので、身長180cm以上の方や手の長い方は

ワンサイズ上を選んだ方が良いでしょう。

因みに着丈は前後で違いがあり、背中が出ないように後ろが長めになっています

サイズ表の着丈は街着としてみると少し長いかな?という印象ですが

後着丈の事なので、実際着用してみると全く気になりませんでした。


パウダーシェッドパーカの防風・防寒性


去年購入したホグロフスのソフトシェルより生地が薄く

若干不安を感じましたが、気温6度、風速5mで曇天の中

薄手の機能性インナーとロンTを中に着込み8kmほど散歩してみました。

さて結果ですが…

正直、暑いくらいで機能性インナー1枚でも行けそうな感じです

製品の売りとも言える防風性は見事な物で、初冬の散歩程度なら完全に防ぎきり

この気温と風速で歩きなら、表面から冷気も伝わってきません。

生地は透湿性を備えていますが、両腕の脇の部分と胸の部分にジッパーで開閉できる

ベンチレーションも備わっていて、汗を掻いても蒸れ過ぎる事は無く

気温が0度前後でもインナーにフリースを着込むだけで十分な防寒性が得られそうです。

因みに裾部分にはフィット感を調節できるドローコードがあり

ポケット内にあるコード端を引っ張ることで風の浸入を防げます

ソフトシェルジャケットは総じてポケット部分のウォーマー機能が乏しく

この裾部分を絞る機能がないと裾の下から入り込む冷気で

ポケットの内側から手やお腹が冷えてしまう事があります。


パウダーシェッドパーカの総評


モンベル2016年秋冬のモデルなら

シルエットの良さと共に防寒性・防風性も十分満足出来るアウターです

重ね着する事で真冬の寒さにも対応できますし

適度なストレッチ性もあるので窮屈に感じる事もありませんでした。

街着としても本格的なアウトドア用としても満足度の高い

マウンテンパーカですが、実際に着用して気になった点が二つあります。

一つ目はフロント部分のコンシールジッパーで

ジッパーの開閉がやたらと重く、毎回着脱の際には

持ち手ごと壊れてしまうのではないかと心配になりました

慣れの問題もありますし、防風性を高める事に一役買っているのも確かですが

この点は今後の改良に期待したいところですね。

二つ目はフードまわりについてで、これはマイナス評価ではなく

予想外に良かったのでプラス評価の部分になります。

マウンテンパーカは襟やフード部分の立ち上がりが見た目の良さを大きく左右しますが

パウダーシェッドパーカは生地が薄いにも関わらず

無造作に着ただけでもフードまわりが不思議と綺麗に整います

ファッション性をあまり重視しないモンベルのことですから

首周辺からの風が浸入しないように作ったら

結果的にこうなったと言う感じなのかもしれませんね。

また、フード自体にも軽く巻いて固定できる機能があり

フード無しのジャケットタイプの様に出来るのも気の利いた機能です

フードまわりに関しては、見た目も含めて

本当によく出来ていると感心させられました。


まとめ


結果として、パウダーシェッドパーカを買って大満足でしたが

私のようにホワイトカラーが目当てでない場合は

今年のカラーバリエーションは正直ハズレだと思います。

そうなると、まだ少しだけ市場に残っている旧モデルが狙い目となりますが

新モデルと旧モデルとでは、サイズ感以外にも違いがあり

新モデルでは左袖にあったポケットが無くなり

表地の素材もポリエステルから耐摩耗性に優れたナイロンに変更されているそうです。

モンベルノマドパーカ2016年秋冬


因みに去年購入候補に上がった、モンベルのノマドパーカも

パウダーシェッド同様にリニューアルされています。

街着としても使えることで、ここ数年大人気だったこのソフトシェルも

身幅がワンサイズ分シェイプされ、唯一の欠点だった

シルエットの野暮ったさがついに改善されました。

新モデルと旧モデルとで見た目に大きな違いはありませんが

上の画像の様にフードを調整するドローコードの調節部分が

すっきりと生地の内部に納まっていたり

胸ポケットのジップ形状が鋭い感じのデザインに変更されていたりと

サイズ以外にもブラッシュアップがなされています。

防風フィルムが無いのでパウダーシェッドほどの防風性はありませんが

街着としてや厳寒期以外なら、このノマドパーカで十分かも知れませんね。










いつも応援クリック、ありがとうございます!!
トールサイズランキング人気ブログランキングblogramランキング参加中!



この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

この記事へのトラックバック