30cm以上の大きめ靴下はどこで買う?タイプ別の取扱店一覧 - トールサイズナビ

30cm以上の大きめ靴下はどこで買う?タイプ別の取扱店一覧

30cm以上の大きめ靴下・ソックス


私は下着や靴下などはお手軽なユニクロ製を愛用しています

肌着に関しては、サイズ面を含めて全く不満を感じていませんが

靴下だけはちょっとだけ事情が異なります。

靴下も他の服と同様にS・M・L・XLとサイズ分けされ

メンズ用ではMサイズとLサイズを最もよく見掛けるのですが

殆どのユニクロ実売店ではMサイズに相当する27cmまでの靴下しか販売されておらず

大きめのLサイズは限られた種類のみで、しかもオンラインショップでしか購入できません。

靴下には伸縮性があるためサイズ選びはそれほどシビアではありませんが

私の場合、小さめのユニクロのMサイズでは消耗が激しくなる傾向にあり

冬用に購入したヒートテック靴下などは週一程度の着用でも

ワンシーズンを待たず、先端部分に穴が開いてしまいました。

ユニクロのオンラインショップでLサイズを購入すれば

解決できる問題ですが、それでもサイズは29cmまでとやや控えめな印象です。

私の足のサイズはそれ程大きくはありませんが

せっかくなので、今回は足のサイズが30cm以上ある方でも履ける

大きめの靴下を取扱っているお店について、簡単にまとめてみます。



大きめの靴下の探し方は?


靴下のサイズ


明確に定まった規格があるわけでは無いようですが

靴下の場合は27cmまでがMサイズ、29cmまでをLサイズ

Mサイズ、Lサイズの両方をカバーしている物を

F(フリー)サイズと呼ぶことが多い様です。

少し足が大きめの方ならLサイズで十分に賄えますが

足の大きさが30cmを超える方の場合はXLサイズを探すことになります

海外メーカー製やインポート物、ロスコ製などのミリタリー系では

Lサイズでも最大30cmまで対応した製品が見られ

国産品や国内メーカーで30cm以上の靴下を探す場合は

XLサイズ、2Lサイズ、3Lサイズを目安にすると見付けやすくなります。

因みに国産・海外産を問わず、一般的なお店で手に入る靴下の最大サイズは

33cm(13インチ)が上限かも知れません。



タイプ別の大きめ靴下取扱店


一口に靴下と言っても、カジュアル用やビジネス用

機能性の高いスポーツ用や抗菌・消臭機能を持った機能性靴下などがあり

30cm以上の靴下を取扱っているお店は

靴下専門店かビッグサイズ専門店が多い様です。



大きいサイズの店ビッグエムワン


まずはビッグサイズ専門店にあたる『大きいサイズの店ビッグエムワン』です。

【デイリーウェア】のカテゴリーの中に【靴下】の項目があり

100種類ほどの大きめ靴下を取扱っています。

丈はベリーショートからロングまでと幅広く

ビジネスにも使えるシンプルな靴下も見られますが

どちらかと言えばカジュアル中心のラインナップでしょうか。





靴下本舗


店名からもわかるように『靴下本舗』は靴下の専門店です。

HP上にはメンズ靴下の【大きいサイズ】カテゴリーが設けられ

20種類ほどの大きめ靴下を取扱っています

大半がカジュアル向きの靴下でサイズも上限が30cmと少し心許ないですが

靴下専門店だけに、機能性や耐久性に期待が持てます。





5本指セレクトショップ 靴下小町


こちらの『5本指セレクトショップ 靴下小町』も靴下専門店です

HPの【メンズソックス】カテゴリーに【大きいサイズ靴下】のジャンルがあり

他のお店では見られない、大きめサイズの5本指靴下を取扱っています。

5本指靴下には冷えや蒸れを防止する効果あるので

冷え性の方や水虫を患っている方はもちろん

靴擦れしやすい、ウォーキングやトレッキングなどにも向いています。





靴下メーカーの店レモコロ


『靴下メーカーの店レモコロ』は靴下の製造メーカーが

靴下専門店として販売もしているお店です。

100%国内生産の安心感もありますが、HP上には32cmまでの【大きいサイズ】の

カテゴリーがしっかりと設けられ、取扱い数は150種類以上と圧巻です。

柄物は殆ど無く、カジュアル用にもビジネス用にも使える

シンプルな製品が主流ですが、機能面に関する種類の豊富さは

流石は靴下製造メーカーといった感じの品揃えです。

大きめ靴下の大半がミドルからロング丈ですが

スニーカーと相性の良いショート丈や蒸れにくい5本指靴下の取扱いもあり

靴下は無地で構わないという方なら過不足は感じないでしょう。





靴下の岡本


こちらも靴下専門店ですが『靴下の岡本』は

足のトラブル解決に特化した機能性の高い製品が目立ちます。

吸湿性・放湿性と消臭効果に優れ、岡本が独自開発した

”ムレない、におわない”靴下こと【SUPER SOX】のライナップ内に

最大32cmの特大寸タイプがあります。

全3種類と数は少ないですが、高機能かつシンプルな作りは

ビジネス用途として重宝されるかも知れませんね。





サンシン


最後に紹介するのが『スポーツのことなら何でもサンシン』というお店です。

こちらはお察しの通りスポーツ用品専門店ですが

カテゴリー内に【大きいサイズ】があり【メンズ】→【下着/靴下】と進むと

店頭ではあまり見掛ける事の無い、スポーツ用の大きめ靴下の取扱いがあります。

ラインナップは10種類強とあまり多くはありませんが

アディダスのスポーツソックスには特大サイズとなる34cmがあり

カジュアル用・ビジネス用を含め、国内では最大かも知れません。





まとめ


一通り大きめ靴下を取扱っているお店を紹介しましたが

通常の靴下よりも、サイズ選びがシビアになる5本指靴下で

30cm以上のサイズが選べるのは有難いですね。

大きめ靴下を探す場合、カジュアル用途ならばビッグサイズ専門店

ビジネス用途で機能性も求めるならば靴下専門店と言う選択になるでしょうか

因みにサイズが33cmや34cmの大きめ靴下を探す場合は

前述のスポーツ用やロスコ製などのミリタリー用が見付けやすいと思います。





いつも応援クリック、ありがとうございます!!
トールサイズランキング人気ブログランキングblogramランキング参加中!



この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

この記事へのトラックバック