どちらがおすすめ?アンクルパンツとクロップドパンツの違い - トールサイズナビ

どちらがおすすめ?アンクルパンツとクロップドパンツの違い

ハーフパンツ


全国的に梅雨入りとなり、とうとう汗ばむ季節がやってきます

毎年、この時期になるとトールサイズ且つ、涼しく過ごせる

夏用のフルレングスパンツや麻(リネン)素材のパンツを採り上げていたのですが

私自身、ここ2年ですっかりアンクルパンツやクロップドパンツの魅力にハマってしまい

夏場は一切フルレングスのパンツを穿かなくなってしまいました。

私もいい歳なので、穿き始めた当初は抵抗がありましたが

足首を露出するだけでこれほど快適になるのか!!と驚かされて以来

すっかり手放せなくなっています。

夏を涼しく過ごせる快適性も勿論ですが、何より嬉しかったのは

始めから股下丈が短いので、若干のコツを掴めば

フルレングスパンツのようにサイズ選びに悩む必要が無い点で

この時期だけはトールサイズの足枷を外せるので

夏の暑さにも、少しだけ感謝したい気分になります。

さて、前置が長くなりましたが

半ズボンの代表格といえばトップ画像のようなハーフパンツです

流石に私の年齢ではここまで短いパンツは着こなせませんが

すっかり夏の定番パンツとなった半端丈の

アンクルパンツクロップドパンツ

幅広い年齢層の方が着こなせる、非常にバランスの良いレングスを備えています

お店や通販などで、見かける機会は増えているのですが

イマイチ違いがわからないといった方も多いのではないのでしょうか?

今回はアンクルパンツとクロップドパンツ、両者の違いについてスポットを当ててみます。



一見フルレングス?少しだけ短い『アンクルパンツ』


ナイキアンクルパンツ
参照元:ナイキオンラインストア


まずはアンクルパンツについてです

アンクルパンツは文字通り足首やくるぶし丈のパンツのことで

フルレングスパンツよりも若干短い9分丈や8分丈が主流のパンツです。

裾に向かってテーパードしている物が多く

ロールアップしたフルレングスパンツの様な折り返しが

フェイクとして最初から付いている製品も見られます。

スッキリとしたシルエットな上、足首まわりが適度に露出し

見た目にも機能的にも非常に涼しげなパンツです

ギリギリ脛(スネ)が露出しないので、短めのパンツ入門に最適で

年齢が高い方でも抵抗無く着こなせます。

フォーマルからカジュアルまで活用範囲が広く

革靴からスニーカー末はサンダルまで合わせやすいなど

足元の自由度が高いのも特徴といえるでしょうか。

トールサイズ愛用者の視点で見た場合

股下短めのアンクルパンツは後述するクロップドパンツ的な着こなしが出来ますし

股下76〜79cmの短めなフルレングスパンツは

アンクルパンツとして活用できてしまいますね。



定義が曖昧な『クロップドパンツ』


リーバイスクロップドパンツ
参照元:LEVI'S E-SHOP


さて一番定義が曖昧で種類が豊富なのがクロップドパンツです。

英語のcrop(切り取る・切り落とす)をそのまま体現したようなパンツで

フルレングスのパンツの裾を短く切り取ったような見た目をしています

テーパードシルエットで裾まわりをスッキリさせた製品も増えてきましたが

裾まわりが若干広がり、切りっ放しの様にみえるのが特徴かも知れませんね。

股下丈はハーフパンツとアンクルパンツのちょうど中間くらいですが

アンクルパンツをクロップドパンツとしているブランドも見られます

股下丈がハーフパンツ以上、アンクルパンツ未満のパンツは

全てクロップドパンツだ!!という大雑把な見方も出来ますが

前述の通り少し広がった裾まわりの処理に特徴があり

6分丈から7分丈程度の製品が目立ちますね。

クロップドパンツはハーフパンツよりも着こなしの難易度は下がるものの

アンクルパンツと比べると、大幅に脛(スネ)の露出が多くなります

個人的に膝下20cmくらいは丈があると、落ち着いた感じになり安心できますね。

トールサイズ愛好者のクロップドパンツ選びには少しコツがあり

股下40〜50cm台のクロップドパンツはハーフパンツの様になる危険性があるので

最低でも股下60cm台の製品を選びましょう

また、ルーズめなシルエットのアンクルパンツは

レングスによってはクロップドパンツとして活用できます。



スポーツウェアに多い『3/4(スリークオーター)パンツ』


アディダス3/4パンツ
参照元:adidas Online Shop


ついでなので、3/4(スリークォーター)パンツについても少し触れてみます。

3/4パンツはアディダスやナイキなどが扱っているスポーツウェアに多く見られ

股下丈の実寸が50cm未満のものが多く

ハーフパンツよりも少しだけ長い、膝下丈のパンツです。

フルレングスの4分の3なら股下60cmくらいじゃないとダメだろ〜と毎度思いますが

夏場のランニングやフットサル愛好者に着ている人が多く

女性が好むカプリパンツに似た見た目をしています。

レングスだけ見ると短めのクロップドパンツのようですが

スポーツ用として裾が絞られていたり、調節できる製品が多いです

汗処理は大得意ですし、通気性や軽量性は申し分なく

夏の外出着として積極的に活用したいレベルなのですが

個人的に股下の短さと、スポーティなデザインに二の足を踏んでしまいます

デザインに関してはアディダスはギリギリ許容範囲なのですが

ナイキの近未来的でハイテク志向な見た目は、どうも相容れませんね。



剛毛よさらば!!ヒット商品『すね毛トリマー』を活用せよ


すね毛トリマー


私もそうでしたが、やはり露出の多いパンツはどうしても苦手と言う方は多いと思います

ですが、ある意味で救世主と呼べる製品が去年大ヒットしました。

上画像のレッグトリマーがそうで、私も大変お世話になりました

元々すね毛は濃いほうではありませんが、生え方にムラがあり

私の場合はバランスを整える感じで愛用しています

このレッグトリマーの凄いところは、自然な感じですね毛を減らせ

いかにも脱毛してます的なツルツル仕上げにならない点です。

去年は品不足で随分と苦労して手に入れたのですが

機能的に左のギャッツビー製も右の貝印製にも大差はありません

貝印製は二本セットでコスパは良いのですが

ネット以外で売っているお店がなかなか無いのが難点です。

個人差はあるでしょうが、私の場合

ギャッツビー製をワンシーズンで数回使用し、一本だけでも十分間に合いました

今年も切れ味は衰えず、2シーズン目でもちゃんと使えています

すね毛の露出が原因でアンクルパンツやクロップドパンツを敬遠している方は

是非とも試してみて下さい。





まとめ


結局のところ、アンクルパンツとクロップドパンツの一番の違いは

単純に股下丈の違いと言う事になるでしょうか

他にもシルエットや裾に部分にもそれぞれ特徴がありますが

広義ではアンクルパンツもクロップドパンツに含まれて仕舞う様ですね。

夏の装いとしては、もはや定番となっているパンツなので

今までフルレングスで耐えていた方は、是非とも

アンクルパンツからスタートしてみて下さい、本当に快適です。

因みに露出した足首から長めの靴下がのぞくのは非常に格好が悪いので

ショートソックスは必須でしょうか、汗や臭いの問題があるので

夏といえど靴に素足は避けたほうが無難です。









いつも応援クリック、ありがとうございます!!
トールサイズランキング人気ブログランキングblogramランキング参加中!



この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

この記事へのトラックバック