細身のトールサイズは『L.L.Beanシグネチャー』がおすすめ?

エルエルビーンシグネチャー
参照元:L.L.Bean


私自身、トールサイズ服の大半はネット通販で購入しています

近場にある実売店では自分の体型に合った服が見つからないというのが一番の理由で

大半の製品はボトムスの股下丈が足りなかったり

トップスの身幅がガバガバだったりします。

そういったこともあり、このブログでもトールサイズまたは

トールサイズ相当を扱っているお店を積極的に紹介しているのですが

個人的にレディーストールサイズなら大定番のニッセン

メンズトールサイズなら裏技を活用できるエディー・バウアーがイチオシです。

他には何処がおすすめ?と聞かれれば

おそらくL.L.Bean(エルエルビーン)と答えます

アメリカ発のアウトドアブランドなので、色味やデザインこそ地味ですが

メンズはもちろん、意外にもレディースのトールサイズが充実しています。

ですが、残念な事に国内販売で日本人向けにサイズをローカライズしておらず

ボトムスの股下丈やトップスの着丈など身長を基準にしてサイズ選びをすると

ウエストサイズや身幅も比例して大きくなり

日本人にはオーバーサイズ気味の着こなしになってしまいます。

上記の理由から、私も積極的に利用する事は無かったのですが

久々にエルエルビーンのサイトを訪れてみると

L.L.Bean SIGNATURE (エルエルビーン シグネチャー)と言う名の

ちょっと気になるラインナップが誕生していました。



L.L.Bean SIGNATURE (エルエルビーン シグネチャー)の特徴は?


エルエルビーンシグネチャー入り口
参照元:L.L.Bean


エルエルビーンシグネチャーの入り口は結構こじんまりとした位置にあり

従来商品と比べてホームページ上ではあまり目立たない印象です。

メンズとレディースの取扱いがあり、特徴やコンセプトを要約すると

エルエルビーンのクラッシック製品を最高の素材と

モダンで無駄のないフィット感で甦らせた製品と言うことらしいです

前述の通り、エルエルビーンの欠点は日本人にはやや大きいサイズ感ですから

謳い文句通りなら、サイズ展開次第でかなり期待が持てます。

以下の様な「シグネチャーのフィットについて」という説明もみられ

“シグネチャーは、より身体のラインに沿わせた、すっきりしたフィットでつくられています。
トップスはスリムに、パンツは股上の浅いローライズなシルエットになっています。”

フィット感と素材に関してはかなりの拘りがあることが伺えますね

良くも悪くもアメリカンサイズな野暮ったさがあったエルエルビーンでしたが

シグネチャーの登場によって、日本人の体型に向いた

スッキリと細身のシルエットに期待が持てるようになりました。



メンズ・レディースボトムスのサイズは?


エルエルビーンシグネチャーのポトムスですが

メンズ・レディース共に数は10種類程でジーンズ・チノパン・カーゴパンツ

ジョガーパンツ・ショーツなどがラインナップされています。

素材重視の為かコットン100%の製品が目立ち

サイズ選びはジャストフィットではなく少し大き目を選んだほうが良さそうです

動き易いストレッチ入りのポトムスも若干取扱いがありますが

ストレッチ素材が入ると数年で膝が伸びてしまうので

素材の良質な製品を長く使って欲しいという思いからか積極的ではない印象を受けます。


エルエルビーンシグネチャーメンズポトムス


メンズポトムスは種類に限らずウエストサイズが30~38インチから選べ

レングスは30~36インチまで2インチ刻みで選べます。

レングス36インチは股下91cmに相当するので十分にトールサイズなのですが

ウエストサイズが34インチ以上からでないと選択できないのが少し残念ですね。

コットン100%に拘りを感じる割に色落ち加工無しの

リジッドデニムが見当たらないのが気になりますが

今後に期待したいところです

洗濯時にこれ以上縮みが出ないという点では

加工済みのほうが安心感があるのかもしれませんね。

シグネチャーのラインナップにカーゴパンツが1点だけ含まれていますが

レングスが84cmでも長い部類に入ってしまうカーゴパンツで

股下86cmオーバーの34・36インチが選べるのは結構スゴイです。


エルエルビーンシグネチャーレディースボトムス


門外漢ですが一応レディースポトムスも見てみると

こちらはサイズ表記がメンズとは異なり

レングスはプチ・レギュラー・トールの3段階の真ん中にあたる

レギュラーサイズで統一されていました

じゃあ普通サイズと大差ないの?と勘違いしてしまいますが

日本基準の普通サイズよりも随分と長い股下丈になっています。

ただし、ポトムスの種類によって

同じレギュラーサイズでもレングスに違いがあり

レングスには股下79~84cmと結構な振り幅があります

ジョガーパンツやスウェットパンツは短く

ジーンズなどは長い傾向にある様ですね。



まとめ


個人的にエルエルビーンシグネチャーは好印象で

今回紹介しなかったトップスも

着丈の身幅のバランスが細身で身長の高い人向けで

なかなか使い勝手が良さそうです。

ボトムスは細いウエストサイズでも股下90cmオーバーを選べる

エディー・バウアーと比べるのは酷ですが

素材面ではエルエルビーンシグネチャーに軍配が上がるでしょうか

どちらにせよ、細身な日本人体型でも

ジャストサイズで着こなせるトールサイズは本当に貴重なので

素直に歓迎したいところですね。

エルエルビーンシグネチャーはクラッシックラインを現代風に

見直しただけあって、落ち着きのあるベーシックな製品が多いです

大人が安心して着られるトールサイズという点が

エルエルビーンシグネチャーの最大の長所かも知れません。




エディー・バウアー オンラインストア

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック