XBORDERで超簡単!!トール丈ジャージを海外通販でGETする方法 - トールサイズナビ

XBORDERで超簡単!!トール丈ジャージを海外通販でGETする方法

XBORDER(クロスボーダー)の利用法
参照元:Xボーダー


以前にこちらの記事でもお伝えしましたが

唯一無二の存在だったアシックス製のトールサイズジャージがひっそりと販売終了しました

多少余裕のあった市場在庫も、とうに底を尽き

今ではオークションくらいでしか手に入らないかも知れません。

スポーツ用途はもちろん、部屋着としても愛用されているジャージは

日本国内のJASPO(ジャスポ)規格の影響で

股下の長いトールサイズを見つけるのが大変難しく

この生産終了は結構なダメージです。

代替品となるトールサイズジャージが他にないだろうか?と

方々探していましたが、ようやく打開策の糸口が見えてきました

要は国内がダメなら海外のジャージを探せばよいのです

そこで目を付けたのが最近話題の

XBORDER(クロスボーダー)

米国アマゾン限定ながら、敷居の高い海外通販を気軽に利用出来てしまいます。



XBORDER(クロスボーダー)でお目当ての商品を探すコツ


Xボーダーを利用するにあたって、特に難しいことは何もなく

HPはしっかりと日本語表示されたのシンプルな作りですし

この手のサービスにありがちな、ちょっと怪しい雰囲気もありません。

検索・購入・検品・梱包・サポートの各所に

日本語と日本人スタッフが携わっているようで

個人で海外通販を利用するときに感じる不安を

丁寧に払拭することに力を注いでいる印象です。

さて、実際にXボーダーでお目当ての商品を探してみましたが

率直な感想として、検索精度の低さが気になります


XBORDER(クロスボーダー)の検索方法


画像の赤枠内にある検索窓に日本語でワードを打ち込んでも対応してくれるのですが

恐らくは機械翻訳なので、その辺からくる限界を感じます

特にアメリカと日本で呼び名が異なる物ほど顕著で

今回の場合はジャージと入力しても

日本人がイメージするようなジャージはまずヒットしません。

今回の目的はトールサイズのジャージですから


『track pants tall』

『Warm up Pants tall』


Xボーダーの検索窓に『』内のワード

上記のどちらかを入力するとお目当てのトールサイズジャージが見つかります

ジャージはトラックパンツまたはウォームアップパンツと呼ばているので

それにトールサイズを意味するtallを付けた形式ですね。

個人的にこの方法を使うならXボーダーの検索窓ではなく

米国アマゾンで検索したほうが精度が高く、関連商品なども見つけ易いと思います


XBORDER(クロスボーダー)からアマゾンへのリンク


上の画像の様にXボーダーで検索した該当商品のページから

赤枠内の「amazonで見る」ボタンをクリックすると

米国アマゾンの該当ページに進めるので

前述のワードで検索し直すのも手でしょうか。

この検索制度の低さに関しては運営側も重々承知しているようで

ASINコードと呼ばれる、Amazonが取扱う

書籍以外の商品を識別する10桁の番号を検索窓に入力する事を推奨しています。

お目当ての商品を米国アマゾンで直接探し


米国アマゾン商品説明


上図のように、商品ページの下部にある

Product Details(商品の情報)から

10桁のASINコードをコピーしてXボーダーの検索窓にペーストすると

該当商品を確実にXボーダーで購入出来ます。

他にもXボーダー側の表示不具合や、どうしても該当商品が選択できない場合などは

XBORDER(クロスボーダー)サポートへ


商品ページの右下に表示されるボタンをクリックすると

サポートへの連絡フォームに移動し

こちら側から欲しい商品について細かく連絡出来る機能があります。



XBORDER(クロスボーダー)でおすすめのトールサイズジャージは?


各種ジャージブランド


米国アマゾンでトールサイズジャージを探すと

アディダス・ナイキ・アシックス・アンダーアーマーを筆頭に

日本では馴染みの無いブランドも数多く見られます。

その中でも、アシックスとアンダーアーマーは比較的安定して

トールサイズの取扱いがある印象で

この辺りを重点的に探すのが良さそうです。

サイズに関してですが、お目当ての商品をXボーダー側で選択し表示すると


XBORDER(クロスボーダー)商品説明の翻訳


上画像の様に米国アマゾンに記載されている該当商品の説明や詳細について

機械翻訳された文章がページ下部に表示されます。

ですが、スポーツウェアのサイズ表示が不親切なのは万国共通なようで

この説明だけでは、正確な寸法が分からないことが多く

説明不足を補う為に米国アマゾンの該当ページを直接確認する必要がでて来ます。

日本語の股下丈に対応する英表記は


『inseam(インシーム)』

『inseam length(インシーム レングス)』

『inside seam(インサイド シーム)』


上記のいずれかになり、この単語を重点的にチェックしましょう

また、米国で標準的に使われるinch(インチ)は

1インチ=2.54cmと覚えておくとサイズの把握に何かと便利です。

米国アマゾンではページ下部のレビュー部分にも

サイズに関しての情報や質問が積極的に投稿されているので見逃せません

inch(インチ)やinseam(インシーム)を理解していれば

問題なく理解できる文章が多く、サイズ把握の助けになります。

米国のジャージを調べてみて分かった事ですが

SサイズXSサイズに一部の例外はあるものの

殆どのジャージは股下80cmが標準サイズで

これはレングスだけ見ると日本サイズのXLサイズに相当します

メーカーによりバラツキがありますが

トールサイズはそれよりも股下丈を数インチ長くした物の様です。


米国アマゾンのトールサイズ


上画像の様に米国アマゾンでは標準サイズの中から

特殊サイズであるトールサイズを選択する方式で

トールサイズを選択しても説明内容が標準サイズから

変化しない物もあります

標準サイズの股下丈をトールサイズの股下丈と勘違いしがちなので

トールサイズのサイズ情報が見当たらない場合や見つけられなかった場合は

Xボーダーのサポートを利用し、サイズを確認してもらった方が良いでしょう。



XBORDER(クロスボーダー)の手数料・配送について


Xボーダーは米国アマゾンの購入代行サービスなので当然手数料が発生し

手数料・配送料などの諸経費は購入画面にまとめて表示されます。


XBORDER(クロスボーダー)の手数料・配送料


上画像の赤枠内に表示され

手数料は購入代金の15%で配送料はサイズにもよりますが

今回のような嵩張らない衣類では国際送料で¥2500程になります。

料金の支払いには以下の3つの方法があり


【1】銀行振込

【2】クレジットカード払い(ビザ・マスター・アメリカンエクスプレス)


【3】コンビニ・銀行ATMでのお支払いによる翌月一括払い又は分割払い



どの支払い方法でも米国アマゾンではなくXボーダー側に直接代金を支払う形式になります

クレジット情報を米国アマゾンに直接入力する必要がないので多少の安心感はあるでしょうか。

実はXボーダーを利用して本来必要となる費用は

購入代金+手数料+送料+関税+消費税の合計で

商品金額が16,000円以下の場合は関税・消費税が発生しません。


XBORDER(クロスボーダー)の関税計算機


仮に購入代金が¥16000以上でも

商品購入画面の下部に関税の簡易計算機と共に

関税が発生する条件が分かり易く記載されていて

特に煩わしく感じる事はありません

発生した関税と消費税は荷物を受け取る際に

代金引換として運送スタッフに支払う仕組みになっています。

さて、海外からの配送ということで

一番気になるのは配送されるまでの期間ではないでしょうか?

商品によってまちまちなので一概には言えませんが

10日から半月程度が目安となります。

因みに購入した商品の検品と梱包をXボーダーがしてくれているので

海外通販にありがちな、酷い状態で届くリスクは軽減されています。



まとめ


Xボーダーを利用する事で国内通販と同程度の気軽さで買い物が出来ますし

国内で販売されていない商品や特殊サイズが手に入るのは非常に有難いです。

今回、調べた中ではアンダーアーマーのトールサイズジャージが

ウエストMサイズで股下34インチと最もバランスが良かったのですが

アマゾンの定番ともいえる頻繁なセールの影響か

短期間で掲載ページが無くなっていました

この手の商品は見つけた時が買い時なのかもしれませんね。

トールサイズジャージが必要な方はXボーダーを利用して

アシックスかアンダーアーマーのジャージを探してみては如何でしょうか。






いつも応援クリック、ありがとうございます!!
トールサイズランキング人気ブログランキングblogramランキング参加中!



この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/430542575

この記事へのトラックバック