メンズトールサイズの穴場『エディー・バウアー』がイイ感じ - トールサイズナビ

メンズトールサイズの穴場『エディー・バウアー』がイイ感じ

エディーバウアーのメンズパンツ
参照元:エディー・バウアー・ジャパン


以前に股下90cm以上でもOK!!トール丈のカーゴパンツが買える裏ワザの記事で紹介しましたが

アメリカのアウトドア系ブランド「エディー・バウアー」のオンラインショップで

ジーンズ・カーゴパンツ・チノパンなど、なかなか手に入り辛いメンズトールサイズのパンツが

ちょっとした裏ワザで簡単に入手できる事がわかりました。

すっかり味を占め、気を良くした私はカーゴパンツ以外のパンツも欲しくなってしまい

追加で、オールシーズン着られる明るい色合いのパンツを注文したのですが

果たして、カーゴパンツの様に満足度の高い出来栄えなのでしょうか?

今回はアメリカのアパレルメーカーに共通している

サイズ表示や商品説明の不親切さを補う内容を中心に

エディー・バウアーのジーンズやチノパンについてレポートしてみます。



ジーンズ?それともチノパン?


レジェンドウォッシュストレッチジーンズ

股下  ★★★★★
希少度 ★★☆☆☆
価格  ★★★☆☆


今回、私が注文したのは「レジェンドウォッシュストレッチジーンズ」で

選んだカラーは明るめの「クラウド」です。

商品名にジーンズとあったので、カラーデニムやコットンパンツの様な物を想像していましたが

実際に手に取って見ると非常にチノパンに近い仕上がりになっています

エディーバウアーには「フラットフロントレジェンドウォッシュストレッチチノパンツ」という

パッと見ただけでは、区別が付かない良く似たチノパンがあり

「いったい何が違うの?」と疑問に思ったので、比較してみると

エディーバウアーのジーンズとチノパンの比較


フロントとバックのポケット形状に違いがあるようで

確かにそれぞれチノパンとジーンズの特徴が見て取れます。

他にもボタンの種類やリベットの有無などの違いがありますが

使われている生地は両者とも同じで

エディーバウアー独自のレジェンドウォッシュ加工が施されたストレッチ素材です。

本物志向のジーンズ好きの方にとっては、ストレッチ素材の時点で

邪道と言われてしまいそうですし、本格的なチノパンの様にチノクロス製でもありませんが

個人的な感想として、ジーンズの形状を模した質の良いカジュアルパンツといった印象です。



サイズと仕様について


カーゴパンツを注文した際の経験を活かし、今回はジャストサイズでの注文です

エディーバウアー注文画面


上図のように、あえて「裾仕上げ無し」を選択する裏ワザを使い

いわゆる、裾フリーのパンツとして注文します。

カーゴパンツの時と同じく、2日ほどで届いたパンツの股下を測ってみると

股下が95cmもあり、メンズトールサイズとして申し分ないレングスです

やはりエディーバウアーで股下86cmまでの裾上げ指定のあるメンズボトムスは

概ねこの裏ワザが使えるようですね。

レディースボトムスにも使えると、さらに良かったのですが

レディースには裾上げ指定そのものが存在しておらず

残念ながら、パンツの種類別で股下丈が一定になっています。


着心地とサイズの補足


アメリカ発のアパレルメーカーについて、総じて言えることですが

オンラインショップのサイズ表記が非常に不親切です。

エディーバウアーも例に漏れず、ウエストサイズとレングスしか詳しい数値がわからず

着用後のシルエットも数少ない画像から想像するしかありません。

今回、私が購入した「レジェンドウォッシュストレッチジーンズ」はサイズ30で

ウエストサイズが81.5cm、レングスが95cmあり

前股上が26cm、後ろ股上が31cmのミディアムライズ仕様です。

ワタリは股合わせから水平に測って26cm、裾回りは19.5cmで

前回のカーゴパンツよりも細身の仕上がりになっています。

エディーバウアーの着用画像は下半身がガッチリした外国人モデルが多く

日本人の体型では少し野暮ったい着こなしになるのでは?と不安に思うかもしれませんが

ボトムスが平置き画像になっている商品は細身のものが多い傾向にあるようです。

レジェンドウォッシュジーンズ


上の画像はストレッチ素材が使われていない「レジェンドウォッシュジーンズ」の物ですが

着用イメージは、このように非常にスッキリとしていて

細すぎず太すぎずの非常にバランスの良いシルエットをしています。

実際に着てみた感想ですが、ストレッチ加工とレジェンドウォッシュ加工が相まって

程よく小慣れた生地が下半身に良く馴染み

いきなり数ヶ月穿き込んだパンツのような感覚が味わえます。

細身の割に窮屈感は皆無で、ウエストまわりの包み込むようなフィット感も含め

非常に完成度が高く、カーゴパンツに続いて

エディーバウアー製パンツの着心地の良さとスッキリとした見た目に

すっかりハマってしまいそうです。

因みにレジェントウォッシュ加工のパンツは

未洗いのノンウォッシュデニムのように洗濯後に縮むことがないので

レングスの長さを十分に活かすことが出来ます。



次回は…


前回はカーゴパンツ、今回はチノパン・ジーンズと

エディーバウアー製のパンツをレポートしてみましたが

裾上げ指定が出来るパンツには、紹介した裏ワザが使えることがほぼ確実なようです。

明確な時期は決まっていませんが

トレッキングパンツとオーソドックスなインディゴジーンズも購入予定なので

これらも股下90cm以上のトールサイズ仕様なのか、レポートできればと思います。


エディー・バウアー オンラインストア







いつも応援クリック、ありがとうございます!!
トールサイズランキング人気ブログランキングblogramランキング参加中!



この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

この記事へのトラックバック