◆股下の長いチノパン『TwoMoon(トゥームーン) 542 チノパン』 - トールサイズナビ

◆股下の長いチノパン『TwoMoon(トゥームーン) 542 チノパン』

今回は良質なアメカジブランドとして知られるTwoMoon(トゥームーン)から

股下の長いトールサイズチノパンを紹介します。

トゥームーンは70年代テイスト溢れるスウェットが特に人気の国産ブランドで

ヴィンテージアメカジが好きな方なら、一度は耳にしたことがあると思います

人気のスウェット製品の持つ風合いの良さや、妥協のない作りの丁寧さは

今回紹介するチノパンにも存分に発揮され

新品でありながら、長年使い込んだような柔らかい生地と

現代風にアレンジされた美しいシルエットは

他のチノパンと一線を隔す、上質な仕上がりになっています。


TwoMoon(トゥームーン)542チノパン/スリムトラウザース




股下  ★★★★☆
希少度 ★★★★★
価格  ★★★★☆


トゥームーンのチノパンについて


現在、トゥームーンのチノパンには529・536・542の3種類がありますが

それぞれシルエットやレングスに違いが見られます。

「529」はトゥームーン製チノパンの1stモデルである「528」の後継で

3種類の中では最もベーシックな仕上がりになっています

現代風にシェイプされた、やや細身のストレートシルエットで

万人受けする人気のモデルですが、レングスも股下86cmと標準的です。

「536」はゆとりのある太めのシルエットで、最もレトロ感溢れる

無骨で男らしいモデルですが、レングスが股下82cmと短めです。

今回紹介の「542」は細身のシルエットで腿回りがスッキリとシェイプされていて

レングスも3種類の中では股下88cmと最長のモデルですが

唯一、フロント部分にボタンフライが採用さています。


サイズと仕様について


カラーバリエーションは男らしくシェードカーキの1色のみです

レングスについては前述していますが、股下88cmとやや長めの

セミトールサイズ仕様となっています。

元々、ウエポン素材のチノパンは洗濯による縮みの影響を受けづらいのですが

ウォッシュ済みということなので、洗濯縮みの心配は無さそうですね。


シルエットの良さと生地の風合いが魅力


同ブランドのチノパン「529」と比べてもカラーバリエーションは少ないですし

知名度の高い、BUZZ RICKSON'S(バズリクソンズ)や

BILLS KHAKIS(ビルズカーキ)のチノパンよりも高めの価格設定となっていますが

シルエットの良さと柔らかい生地の風合いは他のブランドには無いものです。

無理なく日本人の体型にフィットするように調整されていますし

ウエストや腿回りがスッキリしている割に

安価なチノパンにありがちなピッチリし過ぎの印象を受けないのは流石と言えます。

この仕上がりで、ストレッチ素材を全く使っていないのですから

トゥームーンのこだわりには本当に感心させられますね。









いつも応援クリック、ありがとうございます!!
トールサイズランキング人気ブログランキングblogramランキング参加中!



この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

この記事へのトラックバック