脚の長い人にオススメ!!人気の『ジョガーパンツ』の利点とは - トールサイズナビ

脚の長い人にオススメ!!人気の『ジョガーパンツ』の利点とは

publish_brand.jpg
参照元:Publish Brand(パブリッシュブランド)

私はウォーキングやトレッキングを趣味にしていますが

夏場はレングス不足が気にならない、アンクル丈のやや短いスウェットパンツを使用しています。

流石にそろそろ朝晩が肌寒くなり、足首を露出したままでは苦しくなってきたので

秋冬に向けて股下長めのジャージやスウェットパンツを探していると

見た目はスウェットパンツやイージーパンツに似ているのに

『ジョガーパンツ』と銘打たれた細身のパンツが妙に増えていることに気が付きました。

詳しく調べてみると、今年に入ってから人気が急上昇していて

なかなか面白そうな作りになっている上に

脚の長い人にとっても利点がありそうなパンツだとわかってきました。

今回はジョガーパンツの特徴やスウェットパンツとの違いについてや

ジョガーパンツの人気ブランドや取扱店について紹介していきたいと思います。


そもそもジョガーパンツってなに?


察しの良い方や流行に敏感な方には説明不要かと思いますが

ジョガーパンツは英語で「jogger pants」と綴り

もともとはジョギング用のパンツです。

現在では素材やバリエーションも豊富になり、カジュアルな着こなしもされていますが

やはり、スポーツに向いた製品が多く見受けられます。

ジョガーパンツの定義は結構大雑把で素材についての縛りは特になく

裾部分がゴムやリブになっていている点と

足首に向けて細くなるテーパードシルエットである点くらいです

ですが、スッキリした裾周りにすることで

スニーカーが映える作りになっている部分は

ジョガーパンツを語る上で非常に重要なポイントになります。

元がジョギングパンツだっただけに

スニーカーとの相性を最優先に考えられたパンツが

ジョガーパンツと言ったところでしょうか。

余談ですが、ジーンズの本場である米国では年々ジーンズを穿く人が減り

最後の砦だったスキニージーンズも、このジョガーパンツに取って代わられているそうです

フィットネス大国だけに、浸透しやすかったのかも知れませんね。


スウェットパンツとジョガーパンツの違いは?


見た目も素材も共通点の多いスウェットパンツとジョガーパンツですが

実は明確な違いはありません。

スウェットパンツも物によってはジョガーパンツに含まれますし

裾がリブ状になっているホッピングジャージも広義では含まれるかもしれません。

最近増えたカジュアル系のスウェットのように

裾がリブ状になっていない物やリブ有りでも裾周りが膨らんでいる

古いタイプのスウェットパンツは別としても

細身で裾まわりにリブやゴムがあり、スニーカーにマッチするようなら

スウェットでもジャージでも立派にジョガーパンツと言えるかもしれません。


脚の長い人向けジョガーパンツの利点


ジョガーパンツはリブ付きのスウェットパンツと共通点が多く

サイズ選びに関しても利点が共通しています

足首周りで着こなす作りになっている為、通常のパンツよりもレングスが短くて済み

いつも穿いているサイズよりも股下の長さが10cm前後は短くても大丈夫です。

サイズ表だけ見ると大半が股下80cm未満なので

本当に大丈夫なのか?と不安になりますが、一度でも穿くと

不安は一気に吹っ飛び、驚くほどサイズ選びの幅が広くなります。

ジョガーパンツはスウェットパンツと違い、チノ系・カーゴ系・ジーンズ系と

素材やシルエットに多様性があるので

スウェット特有のゆるさが苦手な方にも楽しめる

新しいタイプのパンツと言えるかも知れません。


ジョガーパンツの人気ブランドは?


ジョガーパンツは人気だけが先行してしまっている為か

日本国内での取扱いはまだまだ発展途上です

大半がインポート物で国内ブランドで製品をリリースしているところは殆どありません。

現在、楽天市場でジョガーパンツを検索すると、メンズボトムスで500件

レディースボトムス90件ほどヒットし、代表的なブランドには以下のようなものがあります。


Publish Brand(パブリッシュブランド)

ジョガーパンツでは最も有名なブランドで
この記事のトップ画像もパブリッシュブランドの製品です。
チノパンやカーゴパンツをそのままジョガーパンツに落とし込んだような製品が多く
股下は他ブランドのジョガーパンツよりも短めの作りになっています。


Zanerobe(ゼインローブ)

オーストラリアのブランドでイージーパンツやクライミングパンツの
テイストを感じる製品が多いです。
細身の作りですがレングスとのバランスが良く
最も日本人好みなジョガーパンツかも知れません。


Muttonhead Collective(マトンヘッドコレクティブ)

カナダのブランドでスウェットライクな着心地です。
コットン製で素材は良質ですがシルエットは少し野暮ったく
一昔前のスウェットパンツの様な印象です。


Kith NYC(キスニューヨーク)

とにかく入手が難しいブランドです
今まで紹介したブランドの中では一番スウェットに近いテイストを持っていますが
シルエットはスッキリとしていて配色にもセンスがあります。


これらのブランドのジョガーパンツは並行輸入や

現地買い付けと言った形で販売されているので当然割高になってしまいます。

Publish Brand(パブリッシュブランド)のジョガーパンツを例にすると

現地で90ドルで販売されている製品が、日本では10000〜15000円程になります

比較すると良質な日本製チノパンと同程度の価格帯になりますが

元の1.5倍程度なら、まだ良心的な価格の範囲内と言えるでしょうか。


国内で安く手に入るジョガーパンツは?


価格が1万円を超えると中々手が出せないと言う方も多いでしょうし

今まで穿いた事のないパンツなら尚更かもしれません

実はこれらのブランド以外でジョガーパンツを積極的に扱っているブランドが2つあります

アメリカンイーグルとFOREVER21でどちらもここ数年で日本進出を果たした

アメリカのアパレルブランドです。

とちらのブランドもスウェットと同じような手の届き易い価格で販売されていますし

デザインや品質も中々のものです。


アメリカンイーグル

メンズボトムスに「ジョガー」というカテゴリーがあり
スウェット系とイージーパンツ系を中心に6種類ほど取扱いがあります
シルエットは細身で野暮ったさは無く、非常にスッキリとしています。

レディースはカテゴリー分けされていませんが「パンツ」の中に
スポーツ用途に向いたスウェット系ジョガーパンツが3種類あります。

以前紹介した時と同じくサイズ表記が不親切なのは相変わらずで
レングスに関しては情報不足ですね
他のソースを参考にすると、Sサイズで股下76cm程になります
ウエストサイズが大きくなっても、股下サイズは比例して長くならず
XLサイズでも股下は81cmくらいです。

アメリカンイーグル


FOREVER21

メンズ・レディース共にジョガーパンツが非常に充実しています
メンズはチノ系・カーゴ系・スウェット系とバラエティ豊かで、レディースは更に豊富です。
アメリカンイーグルと同様にサイズ表記が不親切でしたが、こちらは改善された模様
価格がアメリカンーグルの半分程度ですし質も中々です
試しにジョガーパンツを着て見たい方にとっては非常に有難いブランドでしょうか。

この記事を書く前にFOREVER21でメンズの
「マールドドローストリングジョガーパンツ」という製品を試しに注文してみました
Sサイズで股下が77cm程度にも関わらず、股下90cm程度の方なら十分に穿ける作りで
サイズ面で特に問題はありませんでした。
シルエットもスッキリしていてスウェットのような野暮ったさは無く
価格の割に満足度の高いジョガーパンツです。

FOREVER 21 Japan


細身で脚の長い人に似合うジョガーパンツ


ジョガーパンツでレングスのサイジングを誤ると

足首に余った生地が必要以上に溜まり

ジョガー本来のスッキリとしたシルエットが死んでしまいます

楽天などのショップにアップされている試着画像は

残念ながら殆どこの状態で、体型で着る人を選ぶパンツだと感じました。

ジョガーパンツはスラリと脚の長い欧米人に

最も似合うように作られているので、着こなしは難しいですが

普段のサイズ選びで苦労している細身で長身の方や脚の長い方は

それを逆手に取って積極的に穿いてもらいたいパンツです。









いつも応援クリック、ありがとうございます!!
トールサイズランキング人気ブログランキングblogramランキング参加中!



この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

この記事へのトラックバック