◆股下の長いイージーパンツ『GrandJunction(グランドジャンクション)NEWリネンイージーパンツ』 - トールサイズナビ

◆股下の長いイージーパンツ『GrandJunction(グランドジャンクション)NEWリネンイージーパンツ』

今回はリラックスウェアに力を注ぐショップブランド

『GrandJunction(グランドジャンクション)』から

股下の長いリネン(麻)素材のイージーパンツを紹介します。

夏向けのイージーパンツが数多く見られる中

大半が綿混紡の素材で、麻の混紡率が10%程度のパンツも少なくありません

綿混紡の方がシワになり難いという利点もありますが

やはり暑い季節は風通しが良く、汗のベタつきを感じさせない

リネン(麻)100%のイージーパンツを選びたいところです。

去年も採り上げたGrandJunction(グランドジャンクション)の

リネンイージーリラックスパンツですが

リネン100%と手の届きやすい価格はそのままに

さらに使い勝手の良いパンツにリニューアルされています。


GrandJunction(グランドジャンクション)NEWリネンイージーパンツ




股下  ★☆☆☆☆
希少度 ★★★☆☆
価格  ★★☆☆☆


旧モデルとの違いは?


今回のリニューアルで、旧モデルの生産は終了し、現在販売されている分が最後になります。

両モデルの一番の違いはサイズ展開で、旧モデルのユニセックス/フリーの2段階に対して

新モデルはレディース/ユニセックス/フリーの3段階になり

より細かく体型に合ったサイズが選べるようになっています

カラーバリエーションは12色から8色に減ってしまいましたが

今後、増えて行くのではないでしょうか。

また、紐で縛るだけだったウエスト部分にゴムが加わり

脱ぎ着の容易さと、ウエスト調整の容易さが両立できる様になっています

シルエットはウエストやヒップ周りを中心にシェイプされ

紐でウエストを絞った時に出来易かった生地余りが軽減されているので

細身で長身の方でも不恰好にならずに済みそうです。

唯一残念なのが、レングスが少しだけ短くなり

フリーサイズの股上が浅くなってしまった点でしょうか

ウエストとヒップのサイズダウンの影響を悪い形で受けています。


サルエルパンツの様な作り


去年紹介した時も説明しましたが、このイージーパンツは

サイズ表だけを見ると、股下丈が通常サイズかそれ以下の長さしかありません

サルエルパンツに近い作りなので股の位置が普通よりもやや下になりますし

着こなしも、リラックスウェアでは当り前の腰履き(腰パン)気味になるため

通常のパンツよりもレングスは短めになっています。

股上と股下の長さを足した、パンツの総丈で考えるとわかり易いのですが

通常のパンツと同じかやや長めになっていて、決してサイズ不足と言う訳ではありません。


サイズと仕様について


ウエストサイズはレディース/ユニセックス/フリーの3段階から選べる上に

幅広く調整できるので特に問題は無さそうですが

トールサイズ向けとなると、股下が78cmで股上も33cmと深めな

フリーサイズが唯一の選択肢になるかも知れません。

レディースのトールサイズとしてなら十分な作りになっていますが

メンズとなるとやや力不足で、股下88cm以上の男性では

深めの股上を使って腰履きしても、股下が若干短いと感じてしまうサイズ感です

普段はいているパンツが股下88cm以上の方は手を出さないほうが良いでしょう。


男性向けのリネンパンツは?


残念ながら、リネンイージーパンツとサイズ感に大きな違いはありませんが

男性向けに作られた「リネンイージーベイカーパンツ」があります。



シルエットもリネンイージーパンツと同じなので

違いがわかり辛いのですが、チノパンやジーンズの様にフロントジップが付いており

左右のポケットもフロント仕様に変更されています。

こちらもリネン(麻)100%素材なので、快適さは折り紙つきですが

男性にとって、フロントジップが最大の利点かもしれません。


麻素材のシワが気になる方には


冒頭でも触れましたが、麻素材はシワになり易いので

パリッと整った着心地を好む方には、やや不向きです

今回のイージーパンツやベイカーパンツには

バランスの取れた、綿45%リネン55%の混紡タイプもあるので

お好みで選んでみてはいかがでしょうか?


▼公式ショップ









いつも応援クリック、ありがとうございます!!
トールサイズランキング人気ブログランキングblogramランキング参加中!



この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

この記事へのトラックバック