サイズ選びの目安『ジーンズは洗濯でどれぐらい縮むのか?』 - トールサイズナビ

サイズ選びの目安『ジーンズは洗濯でどれぐらい縮むのか?』

ここはトールサイズのトップスやボトムスを紹介するブログですが

トールサイズや股下の長いサイズが見つけやすい為か、ジーンズを採り上げることが多いです。

その際には出来るだけ、ワンウォッシュかノンウォッシュかを記述して

裾上げや洗濯時の縮みに対して注意喚起をしていますし

ファーストウォッシュ時のジーンズの洗濯方法についても記事にしました。

では、実際にジーンズは洗濯によってどれぐらい縮んでしまうのでしょうか?

また、ジーンズを縮ませない事は可能なのでしょうか?

今回はその辺りにスポットを当ててみたいと思います。


non_wash_01.jpg


ジーンズの洗濯方法


以前も記事にしましたが、ジーンズの洗濯方法(ファーストウォッシュ)について

簡単におさらいすると、以下のような流れになります。


@ジーンズを裏返しにする(不自然な色落ちを防ぐ為と洗濯槽・乾燥機内への色移り防止)


  

Aジッパー・ボタンを全て留める(金具でジーンズ本体を傷めないようにする)


  

B他の洗濯物を混ぜない(色うつり防止)


  

C洗濯機で水洗いする(糊落としなので洗剤は不要、水は大目に)



D脱水後、乾燥機に裏返しのまま入れる(クッション用に不要なタオルを数枚入れる)



E乾燥機で仕上げ(生地が痛むので多用は禁物、初回のみが無難で業務用がベスト)



こんな感じですが、あくまでもファーストウォッシュでの方法で

普段の洗濯方法についてではありません(洗剤の有無・乾燥機の使用以外は、ほぼ同じです)

ジーンズを洗濯する事に関しては、賛否両論があり

未だに論争が続いている状態ですので、そのあたりは個々の判断にお任せしたいと思います。



ジーンズはどれぐらい縮むのか?


さて本題ですが、ジーンズは洗濯によってどれぐらい縮むのでしょうか?

ジーンズの縮みは部位によって異なり

ウエスト(腰周り) 4〜5%


ヒップ・渡り(尻・腿周り) 2〜4%


レングス(股下) 4〜6%


上記のような割合で縮みが生じると言われています。

パーセンテージでは実感し辛いので、実際のジーンズである

USライン「 LEVI'S 501XX」
ウエスト32インチ(L32) / レングス38インチ(L38) ノンウォッシュ

を例に挙げて説明してみます。

このままだとインチ表示で分り辛いので、センチ表示に置き換えて細部まで記述すると

ウエスト83cm レングス93cm ヒップ112cm ワタリ29cm ぐらいになり

細かい計算は割愛して、これがファーストウォッシュ後になると

ウエスト79cm レングス88cm ヒップ108cm ワタリ28cm とそれぞれに縮みが生じます。

サイズが洗濯の前後で

ウエストで4cm、レングスで5cm、ヒップで4cm、ワタリで1cmほど小さくなり

当たり前ですが長い部位ほど大きく縮むことが分ると思います。


部位別に1〜2サイズ分は縮む結果なので、ノンウォッシュのリジッドジーンズを選ぶ際は

実際の自分のサイズよりも、ウエストは1〜2サイズ(インチ)大きめで

レングスは2〜3サイズ(インチ)長めのジーンズを選ぶのが良さそうですね。

最近では防縮加工の施されたジーンズも増えてきていますが、縮みを完全に防止出来る訳ではなく

普通のジーンズと比べて、縮みが半分で済む程度です

また、大半のジーンズブランドでは例にした「リーバイス」と同程度の縮みですが

海外でカルト的な人気を誇る国産ジーンズブランド

EVISU(エヴィス)」などは極端に縮みが大きく

レングスで3サイズ(インチ)以上も縮む事は珍しくはないようです。



ジーンズの縮みは防げるのか?


誤って、ジャストサイズのリジットデニムを買ってしまった方や

サイズ不足から、股下が長いまま穿き続けたい方など

ジーンズが縮まない方法をあれこれ探している方がいるかもしれません

いきなり結論から言うと、残念ながらその方法はありません

コットン100%のジーンズでは、天然素材である以上

どうあがいても、縮みから逃れる事は出来ないのです。


ウールなどには縮み防止の特殊な洗剤は幾つかありますが、ジーンズには存在せず

桃太郎ジーンズ SZ001 ジーンズ用洗剤





以前に脚光を浴びた、コットン・ジーンズ専用の洗剤も

「色落ち防止」と「生地の保護」が目的で縮みを防ぐような効果はありません。

ネットなどで調べると、洗い方や特殊な干し方など

いくつか縮みを軽減できる小技が紹介されていますが

ジーンズは洗濯以外にも、雨や雪による湿気や

人体から出る汗や水分でも縮みが生じてしまいます

そのため、縮ませない為に完全に洗濯を避けた場合でも

普通に穿いているだけで徐々に縮んでいってしまうことになります。


救いのない結論で心苦しいのですが、どうしても縮ませたくないのなら

「洗わない」というのが一番で、結果的に縮みのスピードを落とす事が唯一の方法です

女性やキレイ好きの方には、やや抵抗のある方法ですが

月に数回など使用頻度次第では、長期間のサイズ維持が出来るかもしれませんね。







いつも応援クリック、ありがとうございます!!
トールサイズランキング人気ブログランキングblogramランキング参加中!



この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

この記事へのトラックバック