◆股下の長いジーンズ・デニム『EVISU(エヴィス)#2001レギュラーフィット』 - トールサイズナビ

◆股下の長いジーンズ・デニム『EVISU(エヴィス)#2001レギュラーフィット』

今回は世界的にも有名な国産ジーンズブランド『EVISU(エヴィス)』から

股下の長いジーンズを紹介します。

ジーンズには股下の長いサイズが豊富で、このブログでも積極的に取り上げていますが

ブログの主旨に合わせて、ファッション性や人気ではなく

サイズを目安にしてジーンズを紹介しています。

そのため、たとえ誰もが一度は耳にしたことのある有名ブランドであっても

「股下が長い」「股下90cm前後」という条件が満たせずに、紹介出来ない事があります。

エヴィスのジーンズは、リジッドデニムの状態で販売されていて

レングスも股下90cmと長めなのですが、ファーストウォッシュ時の縮みが大きく

実質股下86cm未満になってしまう事が原因で、今まで紹介を控えていました。

今回はエヴィスのジーンズでもっとも股下が長く、求められる条件を満たした

人気の定番モデル「#2001」の No.1デニムを紹介したいと思います。


EVISU(エヴィス)#2001レギュラーフィット No.1デニム




股下  ★★★★☆
希少度 ★★★★☆
価格  ★★★★★

以前紹介したDENIME(ドゥニーム)と同様に

レプリカジーンズブームの火付け役となったブランドですが

その人気は国内にとどまらず、ヨーロッパ・アメリカ・アジアなど世界的な支持を獲得しており

特にヨーロッパではカルト的な人気を誇っています。

シルエットはレプリカジーンズらしく、太めで股上も深いハイライズ仕様です

濃く染められたリジッドデニムですが、エヴィスの色落ちには独特の個性があり

穿き込むと緑がかった感じに色落ちしていきます。

バックポケットにはブランドアイコンとなる通称「カモメマーク」がステッチのかわりに

ペンキであしらわれていて、遠目からでも後姿のインパクトは抜群ですね

今でこそブランドを象徴するペンキステッチですが

当初は特にポリシーがあったわけではなく、単に資金難から

壁塗り用の余ったペンキでステッチを代用した事から始まったと言うのが面白いところですね。


定番モデルの「#2001」ですが、「No.1デニム」と「No.2デニム」の2種類が存在します

違いは主に素材とレングスで

No.1デニムは未防縮加工デニムで股下が95cm前後になり

No.2デニムは防縮加工デニムで股下88cmと短めの作りです。

価格も異なりNo.2デニムの方が安いのですが、もともと高額なブランドジーンズですから

エヴィスの購入を考えている方にとっては、意味のない差かも知れません。

この2種類ですが、当然ファーストウォッシュ後に縮みが生じるので

No.1デニムの場合はウエストは2サイズ余分に、レングスは8cm前後の縮みを目安に

裾上げやサイズ選びをしたほうが良さそうです。

No.2デニムは防縮加工されていますが過信は禁物で、やはり縮みは防ぎきれません

ウエストで1サイズ分、レングスで4cm程度は縮んでしまうので

少しでも長いサイズが欲しい場合は、割高ですがNo.1デニムがおすすめです。


冒頭でも書いた通り、エヴィスジーンズはファーストウォッシュ時の縮みが大変大きく

レングスが95cm以上あったとしても、サイズ選びに注意が必要です。

サイズが心配だけどエヴィスを着てみたいという方は

今回紹介の「#2001」のNo.1デニムを選びましょう。


楽天で最安を探す≫EVISU(エヴィス)#2001レギュラーフィット







いつも応援クリック、ありがとうございます!!
トールサイズランキング人気ブログランキングblogramランキング参加中!



この記事へのコメント

コメントを書く

お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

ランキングバナー

この記事へのトラックバック