トールサイズナビ

『トールサイズナビ』について

このブログは背の高い方や脚が長い方の為に『トールサイズの服』を紹介しています
メンズ・レディースを問わず、着丈の長いトップスや股下の長いボトムスは勿論のこと
トールサイズの通販サイトや販売店、失敗しないサイズ選びについても紹介しています。

ポリウレタン混紡は大丈夫?悩ましいストレッチジーンズ選び

ポリウレタン混紡のジーンズ


ここ一年ほど、ユニクロでばかり買い物している気もしますが

先日、評判の良いユニクロのスキニージーンズを試しに購入してみました。

ロールアップでの着こなしを考えていたので、アクセントになるように

耳付きのストレッチセルビッジスキニーフィットジーンズを選び

レングスは裾未処理状態で股下85cmでした。

トールサイズ愛用者にとっては少し物足りないサイズ感ですが

スキニーやテーパードジーンズは元々短めに作られていますし

着こなしも通常のパンツとは異なるため

実際に着用してみても不都合は感じませんでした。

ウエストわまりがローライズ仕様になっており

すこし落ち着かない感じはするものの、窮屈感はなくシルエットも綺麗です

実はこのジーンズを選んだのには他にも理由があり

それは、ユニクロのスキニーフィットジーンズの中で

最もポリウレタンの混紡率が低かったからです。



悪名高いポリウレタンの加水分解


ポリウレタン繊維の加水分解


色々なところで取沙汰されているので、ご存知の方も多いと思いますが

ユニクロに限らずスキニーフィットやスリムフィットなどの細身のジーンズには

着心地やフィット感を良くするために、高い伸縮性のある

ポリウレタン繊維が混紡されています。

このポリウレタン繊維は水分と反応する加水分解という性質があり

使っても使わなくても製造された直後から徐々に経年劣化していき

3〜5年程でボロボロになってしまう特徴があります

この性質から、長期間の使用による色落ちを楽しむジーンズとは

とりわけ相性が悪く、時間を掛けて良い感じに色落ちしたと同時に

もう着られなくなってしまうことも在り得るのです。

とは言え、このポリウレタン無しではスキニーやスリムに代表される

ストレッチジーンズがこれだけ普及することはありえなかった訳ですし

昔ながらのコットン100%のジーンズで、この着用感やシルエットを

実現するにはコストや労力が掛かり過ぎてしまいます

市販のストレッチジーンズの大半はポリウレタンの混紡率が5%前後なので

一気にボロボロになってしまうことはありませんが

着心地の良さと耐久性を少しでも両立させたいのなら

気休め程度でもポリウレタン混紡率が低い製品を選んだ方が良いでしょう。

因みに安価で売られている靴にも

PUレザーや合皮という名前でポリウレタンが使われています

私自身、保管していた靴を久しぶりに履いて遠出し

出先で靴のソールが一気に剥がれ、大変な思いをした経験があります

仮にこれが登山靴やトレッキングブーツだった場合は被害がさらに深刻なので

ポリウレタン素材を含む靴を長期間に渡って使用する場合は

加水分解による経年劣化にくれぐれも注意しましょう。



ポリウレタン以外のストレッチジーンズは?


さて、ポリウレタンの弊害を知ってしまうと

やっぱりジーンズはコットン100%が一番では?と思うかも知れません

ですが、スキニージーンズやスリムジーンズのシルエットの良さは

捨てがたい物がありますし、動き易さや着心地を重視して

コットン100%のジーンズを選ぶと、嫌でもオーバーサイズ気味になってしまいます

実はポリウレタン混紡する以外にも、生地をストレッチさせる

メカニカルストレッチという方法があります。

ポリウレタンを使用せずに繊維を構造的に伸縮させる技術で

紐を何度も捻っていくとバネの様な伸縮性を持つ単純な仕組みが使われています。

メカニカルストレッチはスポーツウェアやアウトドアウェアには頻繁に使われていますが

カジュアルウェアではまだまだ珍しい存在で

私の知る限りでメカニカルストレッチを使用した細身のジーンズは

アウトドアブランドのパタゴニアから販売されている

パフォーマンス・ストレート・フィット・ジーンズだけです。


パタゴニア『パフォーマンス・ストレート・フィット・ジーンズ』


私は二年ほど前にこのパフォーマンス・ストレート・フィット・ジーンズを購入し

現在でもヘビーローテーションしていますが

着心地は通常のストレッチジーンズよりも良く

間接を曲げたときなどは、生地全体でストレッチする様な感覚があり

局部的な伸縮性を強く感じるポリウレタン混紡よりも、柔らかい着用感です。

このジーンズはコットン100%ではなく速乾性を持たせるために

ポリエステルが混紡されていますが、同じ化繊でも

ポリエステルはポリウレタンとは比較にならないくらい水に強いため

加水分解による劣化の心配がありません

また、アウトドアブランド製のジーンズということで

DWRと呼ばれる耐久性撥水加工が施されているのですが

大して手入れもしていないのに二年たっても

その機能が続いているのには少し驚きました。

余談ですがポリウレタン混紡によるストレッチやメカニカルストレッチ以外でも

立体裁断で作られた服ならば、スリムフィットでもある程度の動き易さは得られます

残念な事にせっかくの立体裁断なのにコットン100%のジーンズは

メンズ・レディースを問わず数える程しかしかなく

殆どの製品に補助的にポリウレタンが混紡されています。

ジーンズとしてはかなり高額な部類に入ってしまいますが

立体裁断でコットン100%、かつ細身のジーンズが望みなら

イタリアンブランドのヤコブコーエン(JACOB COHEN)が販売している

テーラードジーンズのモデル622あたりが鉄板でしょうか。






まとめ


冒頭で紹介したユニクロ製のスキニーフィットジーンズに限らず

動き易さを重視したスポーツウェアや合皮を使った靴などに

ポリウレタンを使った製品が多く見られます。

ポリウレタンはエラスタンスパンデックスとも呼ばれ

長期間使用する予定のある製品や高額な服を購入するときは

後から後悔しないように、これらの有無をしっかりとチェックしておいた方が良さそうです。

個人的に、ポリウレタン混紡の服にそれほど抵抗はなく

消耗が激しく3年ほどで着古してしまうスポーツウェアでならそれほど害にならないと感じます

また、カジュアルウェアであってもポリウレタンが劣化する3〜5年もあれば

流行はほぼ確実に移り、別の意味でも着られなくなっているので

フォーマル用などのベーシックな服以外で

神経質になるのも逆に損かも知れませんね。


いつも応援クリック、ありがとうございます!!
トールサイズランキング人気ブログランキングblogramランキング参加中!


30cm以上の大きめ靴下はどこで買う?タイプ別の取扱店一覧

30cm以上の大きめ靴下・ソックス


私は下着や靴下などはお手軽なユニクロ製を愛用しています

肌着に関しては、サイズ面を含めて全く不満を感じていませんが

靴下だけはちょっとだけ事情が異なります。

靴下も他の服と同様にS・M・L・XLとサイズ分けされ

メンズ用ではMサイズとLサイズを最もよく見掛けるのですが

殆どのユニクロ実売店ではMサイズに相当する27cmまでの靴下しか販売されておらず

大きめのLサイズは限られた種類のみで、しかもオンラインショップでしか購入できません。

靴下には伸縮性があるためサイズ選びはそれほどシビアではありませんが

私の場合、小さめのユニクロのMサイズでは消耗が激しくなる傾向にあり

冬用に購入したヒートテック靴下などは週一程度の着用でも

ワンシーズンを待たず、先端部分に穴が開いてしまいました。

ユニクロのオンラインショップでLサイズを購入すれば

解決できる問題ですが、それでもサイズは29cmまでとやや控えめな印象です。

私の足のサイズはそれ程大きくはありませんが

せっかくなので、今回は足のサイズが30cm以上ある方でも履ける

大きめの靴下を取扱っているお店について、簡単にまとめてみます。



大きめの靴下の探し方は?


靴下のサイズ


明確に定まった規格があるわけでは無いようですが

靴下の場合は27cmまでがMサイズ、29cmまでをLサイズ

Mサイズ、Lサイズの両方をカバーしている物を

F(フリー)サイズと呼ぶことが多い様です。

少し足が大きめの方ならLサイズで十分に賄えますが

足の大きさが30cmを超える方の場合はXLサイズを探すことになります

海外メーカー製やインポート物、ロスコ製などのミリタリー系では

Lサイズでも最大30cmまで対応した製品が見られ

国産品や国内メーカーで30cm以上の靴下を探す場合は

XLサイズ、2Lサイズ、3Lサイズを目安にすると見付けやすくなります。

因みに国産・海外産を問わず、一般的なお店で手に入る靴下の最大サイズは

33cm(13インチ)が上限かも知れません。



タイプ別の大きめ靴下取扱店


一口に靴下と言っても、カジュアル用やビジネス用

機能性の高いスポーツ用や抗菌・消臭機能を持った機能性靴下などがあり

30cm以上の靴下を取扱っているお店は

靴下専門店かビッグサイズ専門店が多い様です。



大きいサイズの店ビッグエムワン


まずはビッグサイズ専門店にあたる『大きいサイズの店ビッグエムワン』です。

【デイリーウェア】のカテゴリーの中に【靴下】の項目があり

100種類ほどの大きめ靴下を取扱っています。

丈はベリーショートからロングまでと幅広く

ビジネスにも使えるシンプルな靴下も見られますが

どちらかと言えばカジュアル中心のラインナップでしょうか。





靴下本舗


店名からもわかるように『靴下本舗』は靴下の専門店です。

HP上にはメンズ靴下の【大きいサイズ】カテゴリーが設けられ

20種類ほどの大きめ靴下を取扱っています

大半がカジュアル向きの靴下でサイズも上限が30cmと少し心許ないですが

靴下専門店だけに、機能性や耐久性に期待が持てます。





5本指セレクトショップ 靴下小町


こちらの『5本指セレクトショップ 靴下小町』も靴下専門店です

HPの【メンズソックス】カテゴリーに【大きいサイズ靴下】のジャンルがあり

他のお店では見られない、大きめサイズの5本指靴下を取扱っています。

5本指靴下には冷えや蒸れを防止する効果あるので

冷え性の方や水虫を患っている方はもちろん

靴擦れしやすい、ウォーキングやトレッキングなどにも向いています。





靴下メーカーの店レモコロ


『靴下メーカーの店レモコロ』は靴下の製造メーカーが

靴下専門店として販売もしているお店です。

100%国内生産の安心感もありますが、HP上には32cmまでの【大きいサイズ】の

カテゴリーがしっかりと設けられ、取扱い数は150種類以上と圧巻です。

柄物は殆ど無く、カジュアル用にもビジネス用にも使える

シンプルな製品が主流ですが、機能面に関する種類の豊富さは

流石は靴下製造メーカーといった感じの品揃えです。

大きめ靴下の大半がミドルからロング丈ですが

スニーカーと相性の良いショート丈や蒸れにくい5本指靴下の取扱いもあり

靴下は無地で構わないという方なら過不足は感じないでしょう。





靴下の岡本


こちらも靴下専門店ですが『靴下の岡本』は

足のトラブル解決に特化した機能性の高い製品が目立ちます。

吸湿性・放湿性と消臭効果に優れ、岡本が独自開発した

”ムレない、におわない”靴下こと【SUPER SOX】のライナップ内に

最大32cmの特大寸タイプがあります。

全3種類と数は少ないですが、高機能かつシンプルな作りは

ビジネス用途として重宝されるかも知れませんね。





サンシン


最後に紹介するのが『スポーツのことなら何でもサンシン』というお店です。

こちらはお察しの通りスポーツ用品専門店ですが

カテゴリー内に【大きいサイズ】があり【メンズ】→【下着/靴下】と進むと

店頭ではあまり見掛ける事の無い、スポーツ用の大きめ靴下の取扱いがあります。

ラインナップは10種類強とあまり多くはありませんが

アディダスのスポーツソックスには特大サイズとなる34cmがあり

カジュアル用・ビジネス用を含め、国内では最大かも知れません。





まとめ


一通り大きめ靴下を取扱っているお店を紹介しましたが

通常の靴下よりも、サイズ選びがシビアになる5本指靴下で

30cm以上のサイズが選べるのは有難いですね。

大きめ靴下を探す場合、カジュアル用途ならばビッグサイズ専門店

ビジネス用途で機能性も求めるならば靴下専門店と言う選択になるでしょうか

因みにサイズが33cmや34cmの大きめ靴下を探す場合は

前述のスポーツ用やロスコ製などのミリタリー用が見付けやすいと思います。


いつも応援クリック、ありがとうございます!!
トールサイズランキング人気ブログランキングblogramランキング参加中!


穴場すぎる…トール丈ジャージは『ナースリー』で探そう!!

Nursery(ナースリー)ロゴマーク
参照元:ナースリー

毎年、暖かくなってくるとこのジャンルに触れている気もしますが

久々に股下長めのトールサイズジャージについての記事です。

相変わらず、本家ともいえるスポーツウェアブランドからは

まともなトールサイズジャージ(主にボトムス部分)は発売されていません

このブログでも代替案として様々な内容を提案してきましたが

その中でも特に有力なのが、介護用のジャージを流用する方法です。

介護用のジャージは、スポーツウェアのトールサイズ不足の原因とも言える

JASPO規格の縛りが無く、動きやすさや汗処理、見た目などの面で

スポーツ用のジャージとほぼ同じ製品です

何か目ぼしい製品は無いものかと、久々に介護用ジャージについて調べてみると

ちょっとどころか、かなり嬉しい変化が訪れていました。


驚きの充実振り!!ナースウェア専門店の『Nursery(ナースリー)』


以前記事にした時にも触れましたが、介護用ジャージは普通のお店では

殆ど取扱いが無く、ネットショップか介護やナースウェア専門店で購入します。

その専門店の一つであるNursery(ナースリー)のネットショップを久々に覗いて見ると

介護用パンツやナースウェアのパンツがやたらと充実している事に気付きます。

しかも驚いた事に取り扱いのあるパンツの多くが

自分で裾上げ可能な、所謂『裾フリー』タイプで

裾未処理の状態なら、メンズで股下90cm、レディースで股下84cmと

トールサイズジャージとして申し分の無いサイズ感です。

Nursery(ナースリー)ホームページ

ナースリーのトップページ上部にあるカテゴリ選択にマウスカーソルを合わせ

『すべてのカテゴリ』→『白衣・ナースウェア』→『白衣(パンツ・スカート)』

の順に進むと、80種類ほどが表示されます。

Nursery(ナースリー)すそ上げOK

ずらりと並んだサムネイル一覧で商品画像の下に

『すそ上げOK』のマークが付いたものが

自分で好きなレングスに裾直し出来る裾フリータイプの製品です。

全てがスポーツにも流用できる製品ではありませんが

レディースをメインに結構な数のバリエーションがあり

以前よりも明らかに選択肢が増えていますね。


新製品でオススメのトールサイズジャージは?


以前紹介した、スポーツ用にも使える介護用ジャージも

引き続き取扱われていますが、今回はよりスポーティーに使えそうな

メンズ・レディース用のトールサイズジャージをピックアップしてみます。

メンズ用トールサイズジャージ

メンズ用のトールサイズジャージで注目したいのが

画像左の『アクティブストレッチ ストレッチスキニーパンツ』

画像右の『ストレッチカーゴパンツ』です。

両者ともベルトループとフロントファスナーがあるので

スラックスとジャージのハイブリッドといった印象ですが

機能性はスポーツ用のジャージそのもので

前述の通り、全サイズでレングスは股下90cmの裾フリータイプです。

ベルトループはあるものの、ウエストがゴム仕様になっているため

よほどサイズ選びを誤らない限りは、使用することは無いでしょう。

アクティブストレッチ ストレッチスキニーパンツは

その名の通り、テーパードタイプの細身のジャージに仕上がっていて

足首まわりがダブつき、本格的なスポーツには向かなかった

いままでの介護用ジャージの欠点が解消されています。

また、ナースウェアと言うことで、どちらの製品も

アンダーウェアが透けずらい『防透』素材が使われているので

3色あるカラーバリエーションから躊躇無くホワイトを選ぶことが出来ます。

レディース用トールサイズジャージ

続いて、レディース用で注目したいのが

画像左の『アクティブストレッチ・ネオ スキニーパンツ』

画像右の『ストレッチスキニーカーゴパンツ』です。

こちらもフロントファスナーとベルトループがあり

全サイズでレングスが股下84cmの裾フリータイプです。

メンズ用とは異なり、こちらはカーゴパンツもスッキリとしたシルエットになっていて

両者とも、レディースで人気のスキニージャージを強く意識した見た目になっています。

特におすすめなのがアクティブストレッチ・ネオ スキニーパンツで

ストレッチはもちろん、防透・吸汗速乾・防シワ・抗菌防臭など

見た目も含めてスポーツ用だけでなくルームウェアや

ちょっとした外出着としても使ってみたくなる程、機能が充実しています。

イージースキニーパンツ

最後に紹介するのが、私が個人的にイチオシな

『イージースキニーパンツ』の裾フリータイプです。

こちらはレディース用ですが、イージーパンツ仕様となっていて

フロントファスナーとベルトループがありません

今回紹介する中では一番ジャージに近い作りになっているのに

ジャージにありがちな野暮ったさを一切感じないスッキリとした見た目をしています。

これと同じ仕様でメンズ用があれば完璧でしたが

レングスは裾未処理で股下84cmもありますから

人によってはメンズ用としても使えるかも知れませんね。

因みに、私はホワイトとベージュを間違いなく買います

私は男性ですし、普通に穿くとレングスは当然足りませんが

吸汗速乾と防透という部分が大変魅力的で

夏用のアンクルパンツとして活用する事を考えています。

ホワイトを穿いてもアンダーウェアが透けませんし

ベージュを穿いてもジャージ素材なので汗ジミが目立ちません

汗をかきやすい夏場にウォーキング用としても穿ける

明るめのアンクルパンツが欲しかったので

このイージースキニーパンツはレディース用とはいえ

願ったり叶ったりの製品なのです。


まとめ


今までの介護用ジャージに細身のスキニータイプやカーゴタイプが加わり

選択肢が一気に増えた印象ですね、ジャージ寄りのイージーパンツタイプは

使い勝手が良いですし、サイズさえ合えばユニセックス用としても行けそうです。

裾フリー仕様が充実しているのは、本当にありがたい限りですが

残念な事に、裾上げテープは付属していないようなので

自前でストレッチタイプの裾上げテープを別途準備するか

ナースリーで注文の際に、1点につき税込540円で裾上げ加工してもらいましょう。







いつも応援クリック、ありがとうございます!!
トールサイズランキング人気ブログランキングblogramランキング参加中!